【体験談】子供がアデノウィルス(プール熱)に感染。熱は何日続いた?保育園はいつ行ける?

 2020.02.03  2020.02.05

【体験談】子供がアデノウィルス(プール熱)に感染。熱は何日続いた?保育園はいつ行ける?

この度、我が子が初めてアデノウィルスに感染しました。保育所生活も5年になりますが、アデノウィルスは未経験で、「大変だよ〜」と保育園の母さんたちに話を聞いてはいましたが、このまま未経験のままで卒園かな〜とのんきに思っていた矢先に感染。母さんたちの言う通り、今まで感染したどの病気よりも発熱期間が長く、大変でした…。

アデノウィルスに感染した我が子の様子を、自分の忘備録として残しておこうと思い、今回記事にしました。

アデノウィルスについては、病院などの専門的なサイトが詳しいですが(私もかなりチェックしました)、そこにはあまり書かれていない症状も出たので、この記事が同じくアデノウィルスに感染した人やご家族にとって参考となれば幸いです。

アデノウィルスとは?

アデノウィルスには約50種もの型があると言われ、次女がかかったのは恐らく咽頭結膜熱です。プールの水を介して感染することが多いことからプール熱と呼ばれ、主に夏に流行しますが、冬でも感染し、ほぼ一年中感染する可能性があるとのこと。

プール熱の他にも、胃腸炎や出⾎性膀胱炎などを引き起こす型もあるそうです。

主な症状は、高熱・喉の痛み・結膜炎の症状(目の充血・目やに・痒みなど)で、我が子の場合は目の症状はほとんどなく、ちょっと目やにがあるかな?というくらい。普通の風邪で見られる程度のものでした。潜伏期間は5〜7日と長く、一般的に熱も5日以上続くことが多いようです。

プール熱の場合の特効薬はなく、対症療法で乗り切るしかありません。

熱は何日間続いた?

アデノウィルスによる熱の遷移我が子のアデノウィルスによる熱の遷移

結論から言うと、我が子の場合、高熱は6日間続きました。6日って長いですよね…。インフルエンザでもこんなに長くは続かないので、4日目あたりで「本当に熱は下がるのだろうか…何か別の病気が潜んでいるのではないか」と心配になりましたが、子供の様子を注意深く観察しながら様子をみていました。

病院系のサイトでは、「熱は4〜7日、または一週間以上続くこともある」という記述が多かったのですが、3〜5日と書いてあるサイトもあり、3日と6日では体感的には大分違うので、我が子の長期間の高熱には結構焦りました。

6日過ぎたら嘘のように熱が引いたので、辛抱強く見守るしかないですね。もちろん、水分や食事がとれず、日に日にグッタリしていくようであれば、すぐに再受診した方がよいと思います。

家で気をつけること

高熱が続くのでグッタリすることもありますが、とにかく水分補給だけはしっかりと行いました。お水が飲みにくい場合は、スポーツ飲料でもよいと思います。

我が家では、りんご風味のゼリー状経口補水液を飲ませたりしていました。OS1はまずくて飲んでくれないんですよね…。味付きのゼリーならだましだまし飲ませることができます。感染症が流行る時期はいくつか常備しておきたいですね。

また、感染経路はが飛沫感染・接触感染なので、感染している子供はマスク着用、タオルは共用しない、湯船も別々に(できるだけ最後に入らせる)、うがい・手洗いを徹底する等も行いました。机やドアノブといった場所を消毒するようなことは特にしませんでしたが、幸い家族には移りませんでした。

保育園にはいつ登園できるの?

お医者さんに聞くと、熱が下がってから2日後に登園可能とのことでした。我が子が通っている認可保育園では、病院の意見書(治癒証明書)を提出しないと登園できなかったので、毎日熱の記録をつけて、小児科で書類を書いていただきました。

アデノウィルスに感染した我が子の様子

【体験談】子供がアデノウィルス(プール熱)に感染。熱は何日続いた?保育園はいつ行ける?

それでは、アデノウィルスに感染した我が子の記録をメモを元に書いていきます。なかなか熱が引かなくて不安になる親御さんが読んで、少しでも安心できると嬉しいです。

1日目

1日中外出しており、ショッピングモールに行った帰りの夕方ごろ、「頭が痛くて何となくだるい」と言う。帰ってから熱を測ると38度。疲れが溜まったりすると熱が上がることがあるので、早く寝かせて様子をみた。

2日目

朝熱を測ると平熱だったが、喉が赤いので溶連菌を疑い、念の為小児科へ。

溶連菌は陰性。食欲もあり元気だったのでそのまま保育所へ。
呼び出されることもなく、保育所での検温も平熱。元気に遊んでたというが、家に帰って熱を測ると38度。寝る前は38.5度に上がっていた。

少しだるく、喉が痛いという。

3日目

朝起きてすぐにおしゃべりを始めて、昨日より元気な感じがしたが、熱は37.9度。 喉は赤く白っぽいブツブツが少しあったが、溶連菌ほどではなかった。

保育所に電話して、今はインフルエンザとプール熱が流行っていることを確認。

昨日の検査では溶連菌は陰性だったが、熱が上がってきたので再度小児科へ。インフルエンザとプール熱が流行ってることを伝えて、両方とも検査をすると、インフルエンザは陰性、アデノウィルスは陽性だった。特効薬はないとのことで、シロップと整腸剤もらう。

とにかく喉が痛いという。唾を飲むのも辛そうだ。頭痛もひどいので、寝る前にカロナール飲む。主な症状は頭痛、高熱、喉の痛み。症状は溶連菌と似ている。13:30〜14:30昼寝。

熱は午前中37度台、昼〜夜はは39度近くまで上がる。

4日目

熱は昨日と同じ。高熱でだるそう。

夕方に脚の膝、付け根、手の甲などに赤い湿疹を発見。痒みはないが、湿疹以外が痒くて、掻きむしってミミズ腫れになる。頭痛が辛そうなので寝る前カロナールを飲む。 ご飯はまぁまぁよく食べる。13:30〜15:00昼寝。

5日目

熱は昼のピークで38度。昨日より1度低くなった。

頭痛は落ち着いたようだが、夕方から腹痛が始まる。お腹は空くけど、食べるとおヘソの上あたりが痛いというので、あまり食べられない。

医者に質問できるWebサービスで症状を調べていたら、アデノウィルスで湿疹も腹痛も出るとのこと。再度小児科受診を迷ったが、水分と食事が取れていれば、様子見でよさそうなので、見守ることに。湿疹については医者からも特に言及されず、他のサイトでもほとんど情報を見かけなかったので心配になったが、湿疹に凹凸がなく、手足口病のような見た目だったので、素人ながらに何となくウィルスからの湿疹かなと考えを巡らせる。

なかなか熱が下がらないので、焦ってきた。本当に大丈夫なのか!?

6日目

今まで熱のピークが39度すぎだったけど、今日は38度。少し落ち着いてきた感じがする。見た目も何となく元気。お腹はまだ少し痛いようで、今日はあまり食べなかった。

寝る前に熱を測ると36.8度。寝る前はいつも高かった熱が36.8度!?希望が見えてきた!

7日目

朝から元気!朝から夜まで平熱!食欲もあり喉もお腹も痛くない。全ての症状が落ち着いた。

8日目

元気すぎるくらい元気。いつもの我が子に完全に戻った!

9日目

朝小児科へ行き、治癒証明書をもらい登園。普通の生活に戻っていいと言われる。やっと通常営業に戻り、私も普段通りに仕事を始めることができました。

アデノウィルスまとめ

初めは、午前中は平熱、午後になると熱が上がるという熱の出方だったのと、症状が溶連菌と非常によく似ており、病院からもアデノウィルスの可能性の指摘がなく、こちらから検査をお願いする形となったので、発見が少し遅れてしまったのが残念です。

今回感染したアデノウィルスのまとめは下記の通りです。熱がしつこく続くのには本当に参りました…。

我が子が感染したアデノウィルスの特徴

  • 高熱が6日間続いた。午前中は37度台、昼過ぎから夜にかけては38~39度が続く。
  • 喉の痛みがひどい
  • 最初の数日は頭痛がつらい
  • 食欲はまぁまぁあるが、喉が痛くて量は食べられない
  • 後半で手足に湿疹が出たが、熱が引くと消失
  • 後半で腹痛も出る。下痢はなし。
  • 全ての症状が消失したのが8日目
  • 他人への感染を防ぐため、熱が下がってから2日後に治癒証明書をもらって登園。

何はともあれ、重症化することもなく完治したのでホッとしました。みなさんも、アデノウィルスにはご用心を〜!