Amazonベストセラー1位の加湿器を2個買い!安いのにおしゃれ&実用的でオススメ

 2019.01.10  2019.01.12

エアコンをつけると部屋の空気が乾燥し、喉はイガイガ、肌もカサカサに…。そんな時、お部屋にも体にも潤いを与えてくれるのが「加湿器」。

大きすぎず小さすぎず、机や棚の上にも置ける加湿器を探して見つけたのが、Amazonでも楽天でもレビューが高評価の超音波加湿器 uruoi+(うるおいプラス)です。

最近は色々な種類が出回っていて、正直どれも似たり寄ったりな印象ですが、「uruoi+(うるおいプラス)」は他の加湿器では見られない機能がとても気に入っているので、ご紹介したいと思います!木目調の落ち着いたデザインで、気に入りすぎて2個買っちゃいましたよ!

超音波加湿器「uruoi+(うるおいプラス)」の仕様

サイズは4Lと5.5Lの2種類ありますが、この記事では4Lのタイプをご紹介します。

タンク容量
4L
加湿能力
最大(約)300ml/h
サイズ
(約)幅22cm×奥行き15cm×高さ36cm
連続運転時間
(約)13時間 (最大加湿時)※部屋の温度・湿度によって変動
加湿方式
超音波式
重量
(約)1,000g

超音波加湿器「uruoi+(うるおいプラス)」のノズルを外したところ

タンク上部のノズルは取り外し可能ですが、ここから給水はできません。できると便利なのですが…!

超音波加湿器「uruoi+(うるおいプラス)」の給水タンク

給水は、上部のノズルを外した後タンクを取り外し、上下逆さまにして行います。タンクの底に小さな持ち手と給水口があります。

超音波加湿器「uruoi+(うるおいプラス)」のカートリッジ

給水口はフタは、水質浄化カートリッジと一体となっています。カートリッジ内のセラミック鉱石が水を浄化してくれるとのこと。交換用カートリッジも販売されています。

超音波加湿器uruoi+(うるおいプラス)のココがいい!

ノズルが360度回転し、2方向に分散できる

超音波加湿器「uruoi+(うるおいプラス)」のノズル部分

このノズルのために買ったと言っても過言ではありません!殆どの加湿器は1つのノズルが固定されていますが、「うるおいプラス」は360度回転可能。しかも2方向に分けることもできちゃいます。

  • 超音波加湿器「uruoi+(うるおいプラス)」1方向でのミスト量
    ノズルを一つにまとめた時の様子
  • 超音波加湿器「uruoi+(うるおいプラス)」2方向でのミスト量
    ノズルを2方向に分散させた時の様子

上の画像のように、2つのノズルを1つにまとめるとミスト量が1方向に増え、2方向にするとミストがお部屋全体に行き渡るような感じになります。

ミストの量を調節できる

超音波加湿器「uruoi+(うるおいプラス)」のミスト調節つまみ

9段階のミスト調節ダイアルでミスト量を変更することができます。9段階といっても、ダイヤルがカチッと止まるわけではないので、何となくの目安として使います。

超音波加湿器「uruoi+(うるおいプラス)」1方向でのミスト量
ブォ〜〜っとミストの噴射力すごい

上の画像は、ノズルを一つにまとめてミスト量MAXに設定した時のミストです。かなり勢いよくミストが噴き出します。ミストは超微粒なので触れても何も感じませんが、このサイズでこのミスト量はちょっとビックリしました。

十分な加湿力

アロマディフューザーではないので、ちゃんと加湿してくれないと困りますよね!ということで、加湿器稼働前と後でどの位湿度が上がるかをチェックしてみました。

  • 超音波加湿器「uruoi+(うるおいプラス)」稼働前の湿度
  • 超音波加湿器「uruoi+(うるおいプラス)」稼働後の湿度

画像のように、6畳の部屋で湿度が約30分で8%程UPしました。加湿器を置く場所や測る場所によっても変わると思いますが、加湿器の稼働前後で体感的にも違いが分かります。

4Lの大容量タンク

「加湿量最大に設定して連続運転時間は約13時間」と謳っていますが、我が家の場合はもう少し短いと感じました。これも部屋の環境によると思いますが、それでも仕事中は1度も給水することなく、1日1回の給水で十分です。

【空焚き防止】水がなくなると電気が切れてランプでお知らせ

水がなくなると自動停止し、赤いランプでお知らせしてくれるので安心です。

とっても静か!

音はほとんどしません!サ〜というミストの噴射音と時々水を飲むかのごとく「ゴクゴク(ボコボコ)」という音がしますが、気になる大きさではないので、就寝時でも使いやすいと思います。

デメリット

全体的にとても気に入っているのですが、改善してくれるといいな〜という点もあります。

給水時のタンク移動で水がこぼれやすい

超音波加湿器「uruoi+(うるおいプラス)」の内部

上の画像はタンクを取り外した時の内部の様子です。タンクに水を入れて稼働するとここに水が溜まっていくので、タンクを取り外す際に水滴が落ちないように注意する必要があります。タンクを持ち上げて水滴が落ちないことを確認してから移動した方がよいです。

タンクの中が洗いにくい

タンクの給水口が小さく、タンク自体も変わった形をしているので、タンク内の掃除がしにくいです。できるだけタンク内を清潔な状態に保ちたい!ということで、以下の除菌剤も水と一緒に入れています。

まとめ

Amazonのレビューでは異音がするというコメントがありましたが、私の加湿器は2台とも問題なく動いています。寝室や子供部屋などで使っている大きめのハイブリッド式加湿器と比べると加湿力は劣ってしまいますが、手頃な価格で適度に潤したい場合にオススメです。