私とブログについて

はじめまして。

数あるサイトの中から、このブログを見つけてくださり、ありがとうございます。

ブログでは自分のことを書くことはあまりないので、改めて自己紹介します。

私について

東京都出身。

高校では英語を集中的に学び、アメリカで英語を勉強していた際に、写真が持つ国境を越えたコミュニケーション力に惹かれ、写真の道を志しました。

大学では4年間写真全般について学び、主にファインアートやドキュメンタリーに傾倒。撮影だけでなく、長期保存可能なアーカイバル処理や現像〜プリントまでの一連の作業、写真の歴史なども学びました。古典技法が好きです。

卒業後は広告撮影スタジオに勤務し、撮影アシスタントとして大手クライアントの撮影に従事。退職後は写真の仕事を続けながらWeb制作の勉強を始め、数社に渡るWebサイト制作会社や企業にてWebデザイナーとして経験を積み、フリーランスとして独立しました。

家族は、夫と娘2人です。

写真と私

私が学生の頃はまだフィルムが主流で、フィルムや印画紙の特性を学ばなければなりませんでした。カメラはもちろん、アナログカメラ。新卒で勤めた広告撮影スタジオでも、まだ全てアナログで撮影していました。

初めて買ったカメラは、NIKON F3。今でも大好きなカメラです。このカメラと共に、色々な国を旅しました。MAMIYA 6×7・645・Hasselblad・Rolleiflexを使い始めてから120フィルムに惹かれ、カラー写真を自分で焼くようになり、写真のために生活をする日々を送っていました。個展も何回か開いています。

残念ですが、アナログカメラはもう使っていません。お仕事ではもちろんデジタルカメラを使っています。

好きな写真家(敬称略)

  • ● Mary Ellen Mark
  • ● Dian Arbus
  • ● Stephen Shore
  • ● 古屋誠一
  • ● 藤岡亜弥
  • ● 畠山直哉
  • ● 長島有里枝

Webと私

とある国で語学を勉強していた時に出会ったWebの世界。レアな地域に住んでいたので日本人が少なく、当時は地域の掲示板くらいしか情報交換の場がなく寂しい思いをしていたのですが、数少ないサイトを通じて知り合いができてから生活が楽しくなったことをきっかけに、「Webの技術を使って人々の生活を豊かにしたい」と思い始め、Web制作の道を歩み始めました。

Webデザイナーとして働き出してからは、プログラミング以外はとにかく何でも作りました。大企業のサイトデザインから友人のサイト構築まで、チームで、またはひとりで、数多くのサイトに関わったことは、今ではとてもよい経験となっています。

子供を持ってからは制作ペースを落とし、できるだけ生活のリズムを壊さないように作業をしています。現在は制作からは少し離れて、サイト運営や執筆などをメインに行なっています。

このブログについて

以前はWeb制作についての記事をよく書いていましたが、元々ガジェットや生活を便利にするモノが好きだったこともあり、最近ではApple製品やアプリ、今の生活には欠かせないWebサービス、子育てで役に立ったことなどを経験ベースで書くことが多いです。

このブログは基本的には自分のための「備忘録」ですが、よいと思ったもの、役に立ちそうな情報なども共有できたら、と思っています。

今までたくさんのサイトに助けてもらったように、このサイトも誰かのお役に立てると嬉しいです。

ブログと私

ブログとは長い付き合いで、初めて個人でサイトを作った時から「日記」のようなものを書いていました。

当時はまだ「ブログ」という言葉がない時代。もちろんWordpressのようなオープンソースのCMSもなく、個人の方が開発していたフリーのCGIを使って「ひとりごと」を呟く場所を作りました。その頃の日記の延長線上に、今のブログがある感じです。

つたない文章ですが、どうぞよろしくお願いいたします。