Milanoteでアイディアや情報を視覚的に整理する!(サンプル画像付き)

 2017.09.15  2017.09.20

milanote

皆さんはアイディアを書き留めたりまとめたりする時、どんなツールを使っていますか? 私は紙とペンを使ったりEvernoteに書くこと多いのですが、レイアウトの自由度やネット上にある画像などのメディアの貼り付けやすさに関しては、どちらもイマイチなところがあります。しかしMilanoteを使えば、より自由度と柔軟性を持って情報をまとめることができます! ※画像をクリックすると拡大画像がポップアップします。

Milanoteって何?

Milanoteは、テキストや画像などをボード上に自由に配置できるオンラインノートサービスです。 スクラップブックにペタペタと貼っていくような感覚で、頭の中にあるアイディアや情報を視覚的に整理してまとめることができます。
Evernote、マインドマップ、付箋、Pinterets、ホワイトボードをひとつにまとめたようなイメージです。

様々な形式の要素を自由自在にレイアウトできるので、デザイン関係のお仕事をされている方にもピッタリのサービスとなっています。

基本的な使い方

milanote - signup

まずはTOPページにある「Sign up for free」というオレンジのボタンをクリックしてアカウントを作成します。アカウント作成は無料です。

milanote - intro

登録後、Milanoteが用意したサンプルボードが表示されます。サンプルボードでは、テキスト、画像、リンクなどが貼られているので、動かしたり追加・修正したりと遊びながら感覚が掴めると思います。

milanote

ボードの左側にはツールバーが縦に並んでいて、上から「ノート(テキスト)、画像、リンク、カラム(後述)、ボード、線」のアイコンが表示されています。アイコンをボードにドラッグして各作業を開始します。便利なショートカットを使えば作業効率もUP!

「カラム(column)は」ノートや画像をまとめてグループ化する機能です。画像でもリンクでもなんでも入ります。

milanote - text

ノートを選択すると左のツールバーの表示が変わり、基本的なテキストの装飾ができるようになります。チェックボックスもあるので、やることリストも簡単に作れますね!

ボードは「プライベート」「他の人と共有する」「リンクを知っている人のみ見ることが可能」という設定ができます。Drop Boxと似たような感じです。

Milanoteボードの活用例

実際にボードを作ってみました!

撮影のアイディアボード

milanote - shooting

左側に撮影に関する情報をまとめ、右側に撮影のイメージ画像を貼り付けました。画像は左のツールバーからも貼り付けられますが、ファイルをドラッグ&ドロップしてもOK。各要素を削除する場合は、左ツールバーの下にあるゴミ箱にドラッグ&ドロップするか、deleteキーを使います。

Google MapやYoutubeは、リンクをボードにペーストするだけできれいに表示してくれます!

ムードボード

milanote - mood board

ムードボードとは、言葉では説明しにくい視覚的なイメージや方向性をまとめたものです。フォントや色を比べたり、複数案並べてそれぞれの特徴を書き込んだりといった使い方もできそうです。

ボードの中にボードを作成できるので、一番初めの画面でボードをまとめておくのもいいですね。ボード同士を矢印で繋げてサイト/コンテンツマップやマインドマップを作成したり、担当者ごとにボードを作成したりと、使い方は無限大です。

milanote - boards

milanote - export

ボード右上にある「エクスポート」アイコンで、PDF、Word、Markdown、Plain txtのエクスポートが可能です。

無料版と有料版の違い

無料版
ノート、画像、リンクは100個まで作成可能。
有料版
ノート、画像、リンク作成無制限
月払い:12.50$/月
年払い:9.99$/月
Plans & pricing

私もある案件でMilanoteを使ってみましたが、必要な情報が一目でパッと確認できるので、とても使いやすかったです。現在はMacのアプリがリリースされていますが、スマートフォンアプリも是非作って欲しいです。

Pocket