書くだけじゃない!iPadノートアプリの活用方法と便利な使い方

 2019.08.09  2019.08.09

iPadのノートアプリについては、このブログでもたくさん紹介してきましたが、今回は一般的に私が「ノートアプリをどう使っているのか」という部分に焦点を当てます。

ノートアプリの目的といえば、もちろん「ノートに何かを書く」ことですが、「書く」以外でも色々な使い道があるので、それらを交えてご紹介したいと思います。

紙のノートがわりに思いついたことをメモする

GoodNotes 5の書き方例
GoodNotes 5の記入例

まずは王道の使い方ですが、文字通り、紙のノートがわりに使います。紙のノートとは違い、画像の貼り付けや、文字の修正・削除・サイズ変更なども簡単にできます。ノートも無限に増やすことができ、複数のノートをノートアプリ一つで管理可能です。もうノートの保存場所を考えたり、ノートを何冊も持ち歩かなくてよいのです!

肝心な書き心地ですが、後述するオススメのアプリは、ペンの遅延もなく、とても滑らかで書きやすいです。iPadのディスプレイに、紙に書く感覚に近くなる保護フィルムを貼れば、さらに書き心地はよくなります。保護フィルムについては、記事の最後でご紹介します。

ノートアプリでは手書き文字やテキストを検索したり、ノートをPDFや画像で出力して共有することが可能です。手書き文字をテキストに変換することもできます。まさにデジタルとアナログのよいとこどりで使えるのが魅力です。

iPadノートアプリのメリット

  • 複数のノートをノートアプリ一つで管理可能
  • 画像の貼り付け、トリミングが簡単にできる
  • 書いた後の修正・変更・削除も簡単
  • PDFや画像で出力し、共有できる
  • DropBoxなどのストレージサービスと連携可能
  • iCloud同期で、iPhoneでも確認可能。もちろんバックアップもOK(アプリによる)
  • 豊富な用紙テンプレートが揃っている

おすすめのノートアプリ

私がオススメするノートアプリは「GoodNotes 5/GoodNotes 4/Noteshefl 2」です!全て有料ですが、買い切り型なので、ちょっと高級なノートを1冊買ったと思えば高くはありません。使い勝手がよく、仕事でもプライペートでも本当に重宝しています。

この3つのノートアプリの詳しい使い方については、以下の記事で解説していますので、ぜひ覗いてみてくださいね。

以下の記事では、上記ノートアプリやそれ以外のオススメのアプリを比較しています。自分に合うノートアプリ探しの参考にどうぞ!

手書きでスケジュール管理をする

  • SONYデジタルペーパーの手帳用テンプレート記入例(ウィークリー)
    SONYデジタルペーパーのテンプレートでの記入例(ウィークリー)
  • Noteshelf 2で手帳用テンプレートに画像を貼り付けた例
    SONYデジタルペーパーのテンプレートでの記入例(デイリー)

外部のPDFテンプレートを読み込めるノートアプリの機能を利用して、ノートアプリをアナログの手書き手帳として使う方法です。

ネット上では、スケジュール・手帳用のPDFテンプレートが無料で配布されています。特にオススメなのが、SONYデジタルペーパーの手帳用テンプレートです。マンスリー・ウィークリー・デイリーと揃っており、日付にはリンクが貼られているので、タップひとつで過去・未来を簡単に行ったり来たりできます。ノートアプリなら、手書き文字も検索できちゃう!

ノートアプリ「Noteshelf 2」では、手帳用テンプレートが用意されているので、それを使ってもいいですね。無料でダウンロードできるPDFテンプレートは以下の記事でまとめています。

iPadのノートアプリでPDFテンプレートを読み込んでスケジュール管理をする具体的な方法は、以下の記事をご参照ください。

iPadの手帳アプリを使って、Googleカレンダー上に手書きで予定を書き込む

  • Planner for iPad ウィークリー(週・バーチカル)の記入例
  • Planner for iPad ウィークリー(週レフト)の記入例

上記のようなノートアプリではなく、スケジュール管理に特化した手帳用アプリもあります。iOS標準カレンダーを通してGoogleカレンダーと連携して、Googleカレンダーの予定を表示させつつ手書きもできてしまう「Planner for iPad」は、Googleカレンダーを多用している人にはかなり魅力的なアプリとなっています。詳しくは、以下の記事をどうぞ!

仕事のラフやアイディア出し、PDF資料の管理に

Noteshelf 2 テンプレート追加方法
ワイヤーフレームのPDFテンプレート使用例

Webデザイナーの仕事では、デザインのラフを描いたり、CSSなどの設計などで重宝しています。ノートアプリのテンプレートでも十分ですが、ワイヤーフレームやデバイス別に作られたPDFテンプレートが無料で配布されているので、そういったものを読み込んで使ってもよいと思います。ただ、既存のテンプレートはどこかしら「ちょっと使いにくい」と思う部分があったりするので、自作してもOK。そういう自由度もありがたいですよね〜。

ノートアプリで読み込めるPDFテンプレートは、以下の記事でたくさん紹介しています。

どの仕事においても、資料を作ったり頂いたりという機会は多いと思いますが、多くのノートアプリではPDFを読み込めるので、手書きで注釈をつけたり、赤字を入れたり、またデザインならCSSのクラス名などをメモしたりと、PDFベースの仕事も管理もしやすいです。

気に入ったものを収集!読み返すのが楽しいスクラップブック

ノートアプリによるスクラップブックのサンプル

ノートアプリでは画像の移動やサイズ調整、貼り替えなども簡単にできるので、気に入ったデザインや後で参考にしたいデザインの画像をiPadに取り込み、テーマ別のノートを作成し、ペタペタと貼り付けて自分だけのオリジナルスクラップブックを作成しています。昔、茶色いスクラップブックありましたよね?あんなイメージです。

あくまで自分のための参考資料ですので、著作権には十分注意しましょう。

昔懐かしのスクラップブック。

iPadのノートアプリによるスクラップブックの作り方については、以下の記事でまとめました。記事の中では「GoodNotes 4」というノートアプリ を使っていますが、画像を読み込めなら、どのアプリでもOKです。

マニュアルなどのPDFを管理する

GoodNotes 5でPDFのマニュアルを読み込んだ例
GoodNotes 5でPDFのマニュアルを読み込んだ例

家電やAV機器のマニュアルは、最近ではインターネットでダウンロードできることが多いですよね。紙はかさばりますし、読む機会もそれ程多くないので、iPadに入れて必要な時に確認するというスタイルなら、マニュアルの管理も楽になります。

PDFの読み込み・閲覧は、ノートアプリ以外のアプリでも可能なので、自分に合った使いやすいものを試してみるとよいです。無料で使えるビューワーもいくつかあります。私は情報を一元化したいので、以下の記事のようにノートアプリにいれちゃってます。

子供の作品や幼稚園・保育園・学校のプリントを管理する

学校のプリントや子供が作った作品は、放っておくとどんどん増えていきますよね。作品は処分するのも罪悪感があり、写真に撮って保存しても後で見つけにくく、結局見返すこともなくフォルダの奥底へ…。

ノートアプリなら、作品や手元に置いておきたいプリントを撮影・スキャンして、後から見返しやすい形で保存できます。PDFで学年ごとに書き出してプリントアウトするなんてことも可能です。

例えば、子供の作品は、大作や傑作作品、思い出に残る作品は現物をとっておきファイルや箱へ、それ以外の「捨てるのはちょっと憚られる残しておきたいかも」的な作品は写真に撮ってから処分。

学校のプリントは、まずは「どの位の期間保存するか」で仕分けをしてから、中・長期で保存しておきたいものは写真に撮って処分。それらの撮った「写真」を子供や年代別にノートアプリのノートに読み込みます。iPhoneからでも確認できるので便利です。

ただ画像を漠然と保存するのではなく、ちゃんと情報を編集しておくと、後から見返すのが楽しくなります。

ノートアプリを使った子供の作品やプリントの保存方法については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

ノートアプリで子供の宿題を手伝う作り方はこちらを参考にさせていただきました!

それ以外でも、上の画像のように子供への宿題のお手伝いやTo Doリストなどでも時々活用しています。別に紙でもいいのですが、我が子も古いiPadを使っているので、AirDropで画像を共有することも可能に。いや、でも別に紙でもいいんですよ!!

紙のような描き心地が実現!オススメの保護フィルム

ノートアプリを使うなら、本物の紙に書いている感覚に近づける、ペーパーライクタイプのiPad保護フィルムもオススメです。ペン先がツルツルと滑ることなく、適度な引っ掛かりができて、細かいところが書きやすくなります。

メーカーによって書き心地が結構違うようなのですが、私が実際に試した2種類の保護フィルムを以下の記事で紹介しています。

紙のノートとノートアプリを使い分ける

ノートアプリの良い面を書いてきましたが、もちろんデメリットもあります。iPad自体が紙のノートより重いですし、紙ならではの手触り、書き心地、「紙に書く」という行為によるモチベーション向上など、紙のノートの良い面もたくさんあります。

状況に応じて紙のノートも使いつつ、両者を上手に使い分けられたらな〜と思っています。

ノートアプリ以外のiPadの活用方法については、以下の記事でまとめています!(内容少し重複していてごめんなさい)