【画像多め】朝日ウッドテックのショールームでライブナチュラル(Live Natural)を比較!どれを選ぶ?

【画像多め】朝日ウッドテックのショールームでライブナチュラル(Live Natural)を比較!

突然ですが、家を建て替えます!

というわけで、家を建てる記録をどこかに残したいのですが、新しくブログを作る時間もなく、考えている間に家が建ってしまうので、とりあえずここで少し書いておこうと思っています。

先日、床材を選ぶために、新宿にある「朝日ウッドテック」さんのショールームに行ってきました!ショールームで見た床材や頂いたサンプルなどの比較を中心に、朝日ウッドテックの床材「ライブナチュラル」をご紹介します。ライブナチュラルMSXとライブナチュラル プラスの内容が多めです。

朝日ウッドテックで床材を検討している人のお役に立てると幸いです!

朝日ウッドテックの東京ショールームはどこにある?

朝日ウッドテック 東京ショールーム
入り口どこ〜?(泣)

朝日ウッドテックの東京ショールームは、新宿の「新宿パークタワー」内にある「リビングデザインセンターOZONE6階」にあります。実は私、新宿で生まれ育っているのですが、Googleマップを使ってもなかなか辿り着けず迷ってしまいました。サイトには新宿駅南口から徒歩12分と書かれていますが、確実に20分位はかかりました…。

まず新宿パークタワーの入り口が分からない。ビル内で働いている人を捕まえて教えてもらった入り口から入ると、カラフルなエレベータの案内がズラリ。時計を見ると、予約時間の1分前。泣きそうになりながら朝日ウッドテックに電話して、受付の横にあるエレベーターを教えてもらい、何とか辿り着きました。

予約している方やこの辺りに慣れていない方は、時間に余裕を持って行った方がよいかも。

住所
〒163-1006 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワーリビングデザインセンターOZONE6階
電話番号
03-5323-0567(予約専用電話)
営業時間
10:30~18:30
休館日
水曜日(祝日は開館)、夏期休暇、年末年始
Webサイト
朝日ウッドテック

いざ、東京ショールームの中へ!

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural): オーク・ブラックチェリー・ブラックウォルナット・バーチ・ハードメイプル
全部素敵で困ってしまう…。

フロアには色々な業者が集まっており、朝日ウッドテックさんは奥の方にありました。広くはありませんが、色味や材質を知るには十分です。

「ライブナチュラルMSX(Live Natural MSX)」と「ライブナチュラル プラス(Live Natural Plus)」

私たちのハウスメーカー(以下HM)では、標準で朝日ウッドテックのライブナチュラル MSXを採用しています。MSXは業者向けの安価なタイプで一般販売はしておらず、ショールームでは実物を見ることはできなかったのですが、サンプルとMSXに似たモデルの「ライブナチュラル プラス」を見せてもらいました。業者向けではMRXもあるようですが、私のHMでは対応不可でした。

ライブナチュラル プラスは、MSXよりも突板がわずかに厚いので、表面に立体感が出て溝もきれいです。歩いた感じも、その辺りの違いを感じます。

まずは、一番の候補のオークから。

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural): オーク

上に載せているサンプルがMSXのオークです。MSXの方がマットで、プラスは艶があるように見えます。

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural):ブラックチェリー

上に載せているサンプルがMSXのブラックチェリーです。サンプルはマットでサラッとしています。下の床(プラス)は数年経ったもので、色が濃く赤みが出ています。

ブラックチェリーは経年変化が一番顕著で、年を経るほどに艶が出て飴色になってくるので、木本来の変化を楽しめます。

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural):ブラックチェリー

年数が経つと、落ち着きが出てきますね。私たちのHMのモデルハウスでもブラックチェリーが使われていましたが、落ち着いた雰囲気の中にもカジュアルさがあって、とても良い色でした。

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural) バーチ

バーチは明るく爽やかな印象。北欧インテリアにも合いそうです。

ライブナチュラル プラス(Live Natural Plus)の色の違い・比較

ライブナチュラル プラスの色の違いが分かる写真をまとめました。遠目で見ればMSXとあまり変わらないので、MSXを検討している人も参考になるかと思います。(近くで見れば違いは分かります。)

比べたのは、「オーク・ブラックチェリー・ブラックウォルナット・ハードメイプル・バーチ」です。私が知りたかった床材だけでごめんなさい…!

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural): オーク・ブラックチェリー・ブラックウォルナット・バーチ・ハードメイプル

すべての色を並べると、上の画像のような感じになります。やや黄色味のある照明なので、その辺りを頭の中で補正しながら見ていただけると実物の色に近くなります。

オークとブラックチェリーの比較

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural):オーク・ブラックチェリー

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural):ブラックチェリー・オーク

オークとブラックチェリーを並べると、ブラックチェリーの赤みが際立ちます。オークはどちらかというと黄色みがあります。

オークとバーチの比較

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural):オーク・バーチ

オークとバーチは、それぞれ単体で見るとあまり違いがないように感じますが、並べてみると違いがはっきりと分かります。バーチはオークと比べると、少し赤みというかピンク味がかって見えます。木目も控えめです。

オークとハードメイプルの比較

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural):ハードメイプル・オーク

ハードメイプルは、バーチより黄色よりで、オークより明るい色味です。

オーク・バーチ・ハードメイプルの比較

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural):ハードメイプル・バーチ・オーク

ハードメイプルとバーチはぱっと見似てますが、バーチの方が赤みがあります。

ブラックウォルナットとハードメイプルの比較

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural):ブラックウォルナット・ハードメイプル

この中ではブラックウォルナットが一番濃く落ち着いた色で、ブラックチェリーとは対照的に経年変化で赤みが抑えられ、色があせたような感じになるとのこと。ブラックチェリーの赤みが気になるけど、落ち着いた色がいいという人は、ブラックウォルナットも選択肢に入れるとよいかもしれません。

時を経た色の方が長い付き合いになるので、そのことも頭に入れて選ばないといけないですね!

ライブナチュラル プレミアム(Live Natural Premium)オーク N-45

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural): オーク N-45°

こちらはライブナチュラル プラスの上位モデル「ライブナチュラル プレミアム」RUSTICのオークです。北緯45°近辺に分布している世界各地の厳選されたオーク材が使用されています。RUSTICは木の節や白太をそのまま活かしたシリーズで、素材そのものの特徴を楽しめます。荒削りな風貌がかっこいい!

朝日ウッドテック ショールーム:ライブナチュラル(Live Natural): オーク・ブラックチェリー・ブラックウォルナット・バーチ・ハードメイプル

どの床も表情豊かで木の温もりを感じることができて、全部使いたいと思う位に気に入ってしまいました(予算…)。

ライブナチュラルの床材サンプルでの比較

東京ショールームで頂いたもの、ハウスメーカーで見せていただいたもの、朝日ウッドテックのサイトから取り寄せたものを比較してみました。

ライブナチュラルMSXの床材サンプル比較

朝日ウッドテック ライブナチュラルMSX 床材サンプル

ショールームではライブナチュラルMSXのミニサンプルを頂きました。

これを持ってキッチンやクロスの色合わせができるので便利!

朝日ウッドテック ライブナチュラルMSXの床材サンプル

ハウスメーカーでは、ライブナチュラルMSXの床材サンプルを6種類見せてもらいました。ブラックチェリーの床の上に置いています。

ライブナチュラル プラスとライブナチュラル プレミアムのサンプル比較

朝日ウッドテック ライブナチュラルMSX・PLUS・Premium 床材サンプル比較

後日、改めてライブナチュラル プラスとライブナチュラル プレミアムの床も比較したくなり、朝日ウッドテックのサイトからサンプルを取り寄せました。ショールームで頂いたサンプルよりかなり大きいです。一番右がプレミアムなのですが、遠目で見ても美しさが際立っていますね。

朝日ウッドテック ライブナチュラルMSX・プラス・プレミアム 床材サンプル比較

お値段はMSX→プラス→プレミアムの順で高くなりますが、天然木の板の部分も厚くなっていきます。プレミアムの天然木の厚みは2mmとなっており、他のモデルとは肌触りや溝の入り方が違います。

朝日ウッドテック ライブナチュラルMSX・PLUS・Premium 床材サンプル比較
上からプレミアム、プラス、MSX

朝日ウッドテック ライブナチュラルMSX・PLUS・Premium 床材サンプル比較

朝日ウッドテック ライブナチュラルMSX・PLUS・Premium 床材サンプル比較

溝だけを比べても、全然違いますよね。プレミアムの溝の深さとなめらかさが凄い。これを見るとプレミアムが欲しくなる…。

床材の違いと感想

今回は、ショールームで見た床材とサンプルで頂いた床材を写真付きでご紹介しました。ショールームのスタッフさんのお話も参考にした上で各床材の特徴をまとめると、こんな感じです。

種類 特徴・感想
オーク
  • 木目がはっきりしていて、経年で黄色っぽくなるが、経年変化は少ない。
  • 傷が目立ちくい。(傷は白く出るため、色が濃い床材のほうが傷が目立ちやすい)
  • 無印が好き・無印で家具を揃えたい人、無印の家で建てる人、ナチュラル系が好きな人は選ぶ傾向あり。
ブラックチェリー
  • 赤みが強い。
  • 最初は色の彩度は低めだが、経年で色が濃くなり赤茶っぽく飴色へと変化する。経年変化が顕著。この記事の写真は大体6〜7年経った頃の色。
  • インテリアでは黒いフレームとの相性も◎。
ブラックウォルナット
  • 一番濃くて暗いが、経年変化でブラックチェリーが赤みが出て濃くなるのに比べて、ブラックウォルナットは赤みが抑えられて彩度が低くなる(アッシュぽい感じ)。
  • ブラックチェリーで赤みが気になるが、落ち着いた色を探してる人が選ぶことも多い。
バーチ
  • 木目は控えめで、オークより少し赤みがある。
  • 経年でほんのりピンクっぽくなる。
ハードメープル
  • この中では一番明るく白っぽい。
  • IKEAや北欧が好きな人に好まれる傾向あり。

結局、どの床材を選ぶ?

傷が目立ちにくい、無印などの家具と合わせやすい、経年変化が少ない、飽きが来なそうという理由で、現在はオークを検討中です。寝室や仕事部屋は雰囲気を変えてブラックチェリーにするかもしれません。

おそらくプレミアムを採用する予算はなさそうなので、1階だけプラスにするなど、広い面積の部屋だけモデルを上げることも検討中。他にも色々とお金をかける場所があるので、本当に悩ましいですね…。

床材を決めたら、次はキッチンや壁のクロスなどを選びます。決めることが多すぎて、家作りって本当に大変…。

家づくりのインスタやってます!

家づくりの記録を残すべく、インスタグラムのアカウントを開設しました。家づくりで悩むことが本当に多かったので、どなたかのお役に立てれば幸いです。