Adobeソフトの買い切り版はどこで買える?サブスクのお得な購入方法も解説

※当ブログのリンクには一部広告が含まれています。

Adobeソフトの買い切り版はどこで買える?サブスクのお得な購入方法も解説

Adobeのソフトを使いたいけど、サブスクで払い続けるのがキツすぎる。買い切り版はないのかな?

Adobeソフトは現在、サブスクリプション(サブスク)での購入のみとなっていますが、「Photoshop Elements」と「Premiere Elements」は買い切り版で販売されています。

この記事では、Adobeソフトの買い切り版とサブスクの購入方法について解説します。高額なサブスク版のお得な購入方法も紹介していますので、最後まで読んでいただけると幸いです。

【この記事を書いた人】

Adobe使用歴20年以上のフリーランスWebデザイナー。Adobe CCを何とか安く使うべく常にセールや動向をチェックしている、Apple/運動好きな2児の母。プロフィール詳細

Adobeソフトの買い切り版はどこで買えるの?

結論から言うと、Adobeソフトの買い切り版は2つのソフトを除いて販売終了しており、購入できません

買い切り版で購入できるのは、写真編集ソフト「Photoshop Elements」と動画編集ソフト「Premiere Elements」となっています。

Adobeソフトの買い切り版は「Photoshop Elements」と「Premiere Elements」のみ

Adobeの買い切りソフト「Photoshop Elements」と「Premiere Elements」

Photoshop Elementsは、初心者でも簡単に写真編集を楽しめるソフトです。切り抜き、明るさ調整、色補正、エフェクト、写真の合成など、写真編集の基本的な機能に加え、自動編集機能とAIでより簡単に編集ができます。

Premiere Elementsは、カット、繋ぎ、テロップ、音楽挿入など、動画編集に必要な機能が豊富に搭載された動画編集ソフトです。自動編集機能や豊富なテンプレートを使えば、難しい操作なしで、あっという間に素敵な作品に仕上げることができます。

写真・動画編集の初心者の方や、PhotoshopやPremiere Proのような高度な機能は必要ないという方におすすめ!

Photoshop/Premiere Elementsの新しいバージョンへのアップデートは有料となっているので、バージョンアップしたい場合は買い直すことになります。

Adobe公式サイトでは、30日間の無料体験版を提供しています。

Photoshop ElementsとPremiere Elementsは、Amazon等でも購入可能です。

ソフトの詳細については、以下の記事をご覧ください。

Adobe最後の買い切り版はCS6

買い切り版の最後のシリーズは、2021年5月7日に発売されたAdobe CS6です。Creative Cloudも同時にリリースされ、CS(Creative Suite)はCreative Cloudに移行することが発表されました。

日本では2012年4月23日にサブスクが開始され、CS6の買い切り版とサブスク、Creative Cloudのサブスクの提供されました。

買い切り版のAdobe CS6のサポートは既に終了している

Adobe CS6のサポートは既に終了しており、CS6 向けのゴールドサポートも2014年6月で終了しています。CS6を含む10年以上前にリリースされた製品のログインサポートは、2023年1月31日をもって終了しました。

ログインサポートの終了後は、シリアル番号ライセンスでCS6をインストールしている端末は継続して利用できますが、再インストールや再ライセンス認証はできなくなります。

私も以前はCS6を使っていましたが、ギリギリまで使い続けて、新しいOSの32bitで使えなくなり、やむを得ずAdobe CCのサブスクへ移行しました。

現在Adobe CS6は買えるの?

Adobe CS6は買えるの?

Adobe CS6はヤフオクなどのオークションサイトやで中古で販売されていますが、様々なリスクがあり、おすすめしません。Adobe公式サイトでも注意喚起しています。

インターネットオークションサイト、オンラインマーケットプレイス、中古品又は激安品の販売を謳う専門店などで購入した製品は譲渡できません。

アドビのクラック版や中古品に関するご注意(Adobe公式)

オークションサイトや中古で古いバージョンを買うリスク

中古のソフトは動作保証がない場合があり、購入前に動作確認をしても、自分の環境では動かないなど購入後に問題が発生する可能性があります。偽物である可能性もないとは言い切れません。

CS6のサポートはすでに終了しているため、問題が発生した場合もサポートを受けることができません

ソフトへの投資は長い目で見て考えよう!

Adobe CS6(古いバージョン)を使い続けるデメリットとリスク

CS6を含む古いバージョンのAdobeソフトを使用するには、必然的に古いOSを使うことになり、セキュリティのリスクが高くなります。Adobeソフトや対応するファイルは総じて重いので、パソコンやソフトがフリーズしたり動作が遅くなったりと、作業効率も下がってしまいます。

仕事では重いファイルを扱うことが多いので、動作が遅いと致命的。締め切りに間に合わなくなる!

続々とリリースされている新機能を使えないのも大きなデメリットです。

CS6を使い続けるデメリットとリスク

  • CS6に対応している古いOSを使うことにより、セキュリティリスクが高くなる。動作が遅く不安定になり、作業効率が低下する。
  • Adobeソフトのセキュリティアップデートやバグ修正が提供されないため、脆弱性が発見され、悪意のある攻撃を受ける可能性がある
  • 新しい機能や技術が使えない。
  • 問題が発生した場合、Adobeからのサポートを受けることができない。

Adobeのサブスクへの移行はメリットしかない

現在のAdobeソフトは、月額や年額といった一定期間の契約に対して料金を支払うサブスク(サブスクリプション)方式での購入となっています。

サブスクで契約すると、常に最新の状態にアップデートされ、新しい機能を使うことができます。電話とチャットによるサポートも受けられるので、何かあった時も安心です。

Adobeソフトをサブスクで購入するメリット

Adobeソフトのサブスク版はどこで買えるの?

Adobeソフトのサブスク版はどこで買えるの?

AdobeソフトはAdobe公式サイトAmazonデジハリ・オンラインスクールなどのAdobeのスクールパートナー、ヨドバシなどの量販店で購入できます。

Adobeのソフトを定価で毎月/毎年、使用料を払うのはきつい…!

と思っている方に朗報です!

Adobeソフトは年に数回セールが行われており、定価の10〜38%OFFで購入できる機会があります。また、Adobe認定のスクールパートナーが提供する講座を購入すると、コンプリートプランがいつでも定価の約54%OFFで使えるんです。

ここでは、セールが行われるAdobe公式サイト(アドビストア)Amazon、アドビスクールパートナーのデジハリ・オンラインスクールの特徴について解説します。

Adobe公式サイト(アドビストア)でAdobe CCを買う

Adobe Creative Cloud 公式サイト

Adobe公式サイトでは全てのソフトとプランが揃っており、単体で買えるソフトもあります。

支払いプランは「年間プラン/月々払い」、「年間プラン/一括払い」、「月々プラン」の3種類で、月々払いができるのはAdobe公式サイトのみです。

Adobeソフトは高額なので、月々払いは助かりますね!

Adobe公式サイトのセールはいつ?

Adobe公式サイトでは年に数回セールが行われており、個人版/学生・教職員版コンプリートプランやIllustrator、Photoshop、Premiere Proといった単体ソフトが大体31%〜38%OFFになります。

注意点は、セールの対象は新規購入者で、セール価格は初年度のみに適用されることです。2年目以降は通常価格に戻ります。また、無料体験版はセール対象外となります。

セール時期や割引率の詳細は、以下の記事をご覧ください。

参考記事【2024年】Adobe CCセールはいつ?割引率や対象ソフトは?注意点も解説します【随時更新】

Adobe公式サイトはこんな人におすすめ!

  • 月々払いをしたい人
  • ソフトを単体で購入したい人
  • Adobeの新規購入者でセールを利用したい人

\ 7日間無料で試せる!/

料金プランの詳細解約方法もあわせてチェック

AmazonでAdobe CCを買う

Amazonで販売されているAdobe製品

Amazonでは、個人版/学生・教職員版コンプリートプランやIllustrator、フォトプラン、Lightroom、Adobe Acrobatなどが購入できます。取り扱うソフトは公式サイトより少ないですが、年間一括購入では公式サイトより安く、Amazonポイントやギフト券を使えるのがメリットです。

Amazonのセールはいつ?

Amazonでは、Adobeと合同で行うセールと、Amazonのみのタイムセールや限定セールが行われています。合同セールは27〜35%OFF、タイムセールなどは10%OFFが多く、タイムセールは頻繁に行われています。

Amazonのセールで行われる「ポイントアップキャンペーン」を利用すれば、さらに多くのAmazonポイントがもらえます。

セール対象ソフトはコンプリートプランとIllustratorが多いですが、Illustratorは通常価格でも年間一括払いでは最安です。

セール内容の詳細や、Amazonで購入したAdobe CCの使用方法については、以下の記事をご覧ください。

Amazonはこんな人におすすめ!

  • Amazonポイントを利用したい人
  • セール時にまとめて購入したい人(24ヶ月・36ヶ月版あり)
  • Illustratorを単体で購入したい人

\Amazonポイントが使える!/

AmazonでAdobe CCをチェックする

契約中の人も購入した期間を追加できる!

アドビスクールパートナーのAdobe CC付き講座を買う

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」

Adobe CCのコンプリートプランは学生・教職員版が一番安く、個人版の71%OFFで利用できるのですが、実は学生や教職員ではない社会人の方でも、Adobeが認定しているスクール(アドビスクールパートナー)の講座を購入すると、学生・教職員版を格安で使うことができます。

デジハリなら、コンプリートプランが最安で使える!

アドビスクールパートナーであるデジハリ・オンラインスクールは、Adobe CCの学生・教職員版コンプリートプラン1年分とAdobe CCの動画教材をセットにした「Adobeマスター講座」を39,980円(税込)で提供しています。

デジハリ・オンラインスクール|Adobeマスター講座の内容

Adobe CCコンプリートプランを通常価格で年間一括購入すると86,880円(税込)なので、約54%OFFでAdobe CCを使用できることになります。

これは社会人が利用できるコンプリートプランでは最安で、Adobe公式サイトやAmazonのセール価格より安いです。

コンプリートプラン 年額(税込)
一括払いの場合
備考
【Adobe公式サイト】
学生・教職員版コンプリートプラン
26,162 学生・教職員のみ
※2年目以降は43,322円
【デジハリ・オンラインスクール】
学生・教職員版コンプリートプラン
39,980 いつでも誰でもこの価格!
社会人では最安
【Adobe公式サイト】
個人版コンプリートプラン
86,880
旧価格での
セール例:47,520円
月々払いあり。
セールを待てば38%前後OFF
になる
※セールは新規契約が対象
【Amazon】
個人版コンプリートプラン
78,982
旧価格での
セール例:42,768円
セールを待てば34%前後OFFになる

IllustratorやPhotoshopなどAdobeの主要ソフトが学べるオンライン基礎動画教材(46時間分)が付いているので、自宅でAdobeのソフトを学びながらソフトを使うことができます。

講座といっても学習ノルマはなく、動画教材の視聴や課題制作は必須ではないので、必要なければ利用しなくても大丈夫です。

動画視聴期限が過ぎてもAdobe CCは1年間使えるので、安心してくださいね。2年目も継続して購入可能です。

デジハリのAdobeマスター講座の詳細や購入方法は、以下の記事で解説しています。

\今すぐ最安でAdobe CCコンプリートプランが使える!/

まとめ

Adobeの主要ソフトの買い切り版は販売終了していますが、サブスクのセールやスクールパートナーなど利用することで、お得に購入することができます。

購入先によってメリット・デメリットが異なるので、自分に合った方法で購入を検討してみてください。

ちなみに、私が思うAdobeソフトのおすすめの購入方法は、以下の通りです。

Adobeソフトおすすめの購入方法

プランや購入先の選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。

Adobeのセールや支払いプランの詳細は以下の記事をご覧ください。