【Adobe CC付き】デジハリAdobeマスター講座の魅力を解説!デメリットはある?【デザイナーがレビュー】

※当ブログのリンクには一部広告が含まれています。

【Adobe CC付き】デジハリAdobeマスター講座の魅力を解説!デメリットはある?【デザイナーがレビュー】

\Adobe CC 新学年応援SALE開催中!/

Adobe公式サイトで学生・教職員版コンプリートプランが最大77%OFFになる大セールが開催中。この機会をお見逃しなく!※体験版はセール対象外

学生さんは今が購入のチャンスです!

\お得なセールは4月26日(金)まで!/

デジハリのAdobeマスター講座を実際に購入した人の声を聞きたい!

高額なAdobe CCを格安で使用できる、デジハリ・オンラインスクールの「Adobeマスター講座」。Adobe CCをすでに利用している、または検討している人は一度は耳にしたことがあるかもしれません。

本記事では、実際にAdobeマスター講座を購入して使ってみた私が、Webデザイナー目線で講座の内容やメリット・デメリット、気になる点、購入方法などを徹底解説します!

【この記事を書いた人】

Adobe使用歴20年以上のフリーランスWebデザイナー。Adobe CCを何とか安く使うべく常にセールや動向をチェックしている、Apple/運動好きな2児の母。プロフィール詳細

【Adobe CC付き】デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座とは?

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」

デジタルハリウッド大学が運営するデジハリ・オンラインスクールの「Adobeマスター講座」は、 PhotoshopやIllustratorなど人気のAdobe CCを学べる基礎動画教材と、12ヶ月版のAdobe Creative Cloud(Adobe CC)がセットになった講座です。

Adobe CCコンプリートプランをAdobe公式サイトで一括購入すると、年間86,880円ですが、Adobeマスター講座は、動画教材付きでなんと39,980円

Adobe公式プランの約54%OFFでAdobe CCを使用できます。

Adobe CCは学生・教職員版ですが、Adobeマスター講座なら社会人も使えます!内容は個人版コンプリートプランと全く同じで、商用利用も可能です。

\今すぐ最安でAdobe CCが使える!/

Adobeマスター講座に含まれるもの

デジハリ・オンラインスクール|Adobeマスター講座の内容

Adobeマスター講座内容は以下の通りです。動画教材の視聴は1ヶ月、課題添削は2ヶ月の期間が設けられています。

Adobeマスター講座内容 期間 備考
Adobe CC
学生・教職員版コンプリートプラン
12ヶ月分 個人版と全く同じ内容で商用利用可能
基礎動画教材(46時間分) 1ヶ月間 Illustrator/Photoshop/Dreamweaver
InDesign/Premiere/After Effects
課題制作 2ヶ月間 グラフィックとWebサイト制作。
添削は3回まで。 ※提出は任意

Adobe CCコンプリートプランの料金比較

Adobeマスター講座は、コンプリートプランが付いて39,980円ですが、この料金がどのくらい安いのかを示したのが下の表です。

コンプリートプラン 年額(税込)
一括払いの場合
備考
【Adobe公式サイト】
学生・教職員版コンプリートプラン
26,162円
20,856
学生・教職員のみ
※2年目以降は43,322円
【デジハリ・オンラインスクール】
学生・教職員版コンプリートプラン
39,980 いつでも誰でもこの価格!
社会人では最安
【Adobe公式サイト】
個人版コンプリートプラン
86,880
旧価格での
セール例:47,520円
月々払いあり。
セールを待てば38%前後OFF
になる
※セールは新規契約が対象
【Amazon】
個人版コンプリートプラン
78,982
旧価格での
セール例:42,768円
セールを待てば34%前後OFFになる

コンプリートプランは、Adobe公式サイトの学生・教職員版(初年度)が1番安いのですが、文字通り、学生・教職員でないと使用できません。

Adobe CCは、Adobe公式サイトやAmazonで年に数回セールが行われますが、Adobeマスター講座はそのセール価格より安いです。セールは不定期なので、いつ購入できるのか分からないのも難点です。

考え方としては、一時的にデジハリの学生になって、学生教職員版を使用するという形ですね。

社会人が利用できるコンプリートプランでは最安です!

2024年3月5日にAdobe CCが値上げしたので、デジハリの料金も今後どうなるか分かりません。検討中の方は早めに購入しておくと安心です。

Adobeマスター講座のカリキュラム

Adobe CCを安く使えることに目が行きがちなAdobeマスター講座ですが、動画教材はとても分かりやすく、初心者にもやさしい内容となっています。

Adobeマスター講座では、以下の人気Adobe CCアプリの基本的な機能の使い方を学べます。

Adobeマスター講座で学べるAdobe CCアプリ

  • Illustrator
  • Photoshop
  • Dreamweaver
  • InDesign
  • Premiere Pro
  • After Effects

ツールの使い方の説明が多く、イラストやWebサイトを作るといった実践的な作業は少ないですが、基礎をしっかりと学べば、作品作りに必ず役に立ちます。

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」|オンライン動画講座

講座はデジハリ独自の学習システム「ANY」で管理されており、学習の進捗状況の確認や課題提出などが行えます。素材もANYからダウンロード可能です。

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」|ANY 管理画面

動画視聴期間は1ヶ月なので、必ず「フェーズ受講目標日」で視聴期限を確認しておきましょう。動画視聴期限が過ぎてもAdobe CCは1年間使えるので安心してくださいね。

Adobeマスター講座の基礎動画教材

Adobeマスター講座でどんなことが学べるのかをサラッと紹介します。

Illutrator/Photoshop

Illustratorはイラストやデザイン制作、Photoshopは写真や画像の編集などが行える、Adobeアプリの中でも特に人気の高いアプリの講座です。

両アプリ共にツールの基本的な使い方をひとつひとつ丁寧に解説してくれます。イラストを作成したり、何か作品を作ったりはしませんが、アプリでどんなことができるのかを把握できます。

Illustrator/Photoshop講座内容
  • Illustrator(各Stepに細かいツールの講座あり)
    • Step01:Illustratorの基本操作
    • Step02:描画ツールでの描画
    • Step04:レイヤー
    • Step05:文字の入力
    • Step06:オブジェクトの変形
    • Step07:線と設定のアピアランス
  • Photoshop(各Stepに細かいツールの講座あり)
    • Step08:Photoshopの基本操作
    • Step09:画像の補正
    • Step10:画像の加工
    • Step11:文字の入力

実務で使うツールばかりですが、使っていくうちに指が覚えていきます。慣れてきたら、ショートカットを覚えると作業が爆速で進みます。

HTML/Dreamweaver

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」|オンライン動画講座 HTML/Dreamweaver

Dreamweaver、はWebサイトのコーディングやアプリ制作などを行うエディターツールです。

本講座では、Dreamweaverを使いながら、Web制作では必須のHTML/CSSを学びます。Dreamweaverの使い方とHTML/CSSを同時に習得できるので、お得感あり。

HTMLやCSSのタグをひとつずつ解説してくれるので、辞書的に使うことも可能です。何となく使っていたあのタグは、実はこうだった!なんて発見もあるかもしれません。

少し気になったのが、CSSでのレイアウトです。講座ではflexとfloatを取り上げていましたが、今はgridを使う機会も増えており、情報が少し古いと感じました。最新のWeb事情(特にCSS)は別のリソースでのフォローが必要になりそうです。

とはいえ、本講座の基礎部分だけでもかなりの量なので、まずは基本的なタグの学習に力を入れることをおすすめします。

HTML/Dreamweaver講座内容
  • Step01:オリエンテーション
  • Step02:Webの基本
  • Step03:HTMLの基本
  • Step04:HTMLを記述する際の注意
  • Step05:リンク構造を作る
  • Step06:全ての要素を確認する
  • Step07:テキストコンテンツに関する要素
  • Step08:コンテンツセクショニングに関する要素
  • Step09:画像とマルチメディアに関する要素
  • Step10:テーブルに関する要素
  • Step11:フォームに関する要素
  • Step12:その他、覚えておきたい要素
  • Step13:その他、覚えておきたい要素
  • Step14:SEO対策、SNS対策
  • Step15:地図、動画の読み込み
  • Step16:コンテンツモデルについて
  • Step17:CSSの基本
  • Step18:セレクターの種類
  • Step19:擬似クラス
  • Step20:疑似要素
  • Step21:セレクターの組み合わせ
  • Step22:CSSを記述する際の注意
  • Step23:文字・行に関するプロパティ
  • Step24:トピックス
  • Step25:背景に関するプロパティ
  • Step26:ボックスに関するプロパティ
  • Step27:表示・配置に関するプロパティ
  • Step28:アニメーションに関するプロパティ
  • Step29:レイアウト
  • Step30:@規則について
  • Step31:JavaScript

Web制作の技術は変化が早いので、最新の情報をネットで仕入れながら学習しよう!

InDesign

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」|オンライン動画講座 InDesign

InDesigは、書籍や雑誌などページもののデザイン・レイアウトに特化したアプリです。複数のページを効率よくデザインする機能を備えています。

名刺や雑誌の紙面、ランチメニューを作成しながら、InDesignの使い方を学びます。

InDesign講座内容
  • Chapter 01(名刺作成)
    • 起動とドキュメント設定
    • テキスト入力(1)(2)
    • ロゴ配置&背景変更
    • ファイルの保存方法
  • Chapter 02(紙面作成)
    • 新規ドキュメントとページ設定
    • 画像の配置と画像の設定
    • 画像の移動と拡大縮小
    • 柱の設定
    • タイトルを入れる
    • リード文の設定
    • 本文の設定
    • 小見出しのテキストの回り込み
    • 写真とキャプション
    • パッケージ
  • Chapter 03(ランチメニュー作成)
    • 飾り枠作成
    • タイトル作成
    • 文字の設定とタグの挿入
    • タブの設定
    • 文字ボックスに余白をつける
    • 仕上げとPDF作成

After Effects/Premiere

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」|オンライン動画講座 Premiere

After Effectsは動画上のテキストやグラフィックにアニメーションを加え、Premiere Proは動画や音声の編集を行うアプリです。

簡単な作品を作りながら、動画編集やグラフィックに動きをつける方法を学びます。コンセプトやシナリオ、絵コンテの作成などを含む、映像制作の流れや考え方のレクチャーもあり、実際の作品作りに役立つ内容となっています。

After Effects/Premiere講座内容
  • Step 01:講義
  • Step 02:Premiere基礎
    • Premiereの新規ファイル作成と素材の読込み
    • Premiereの画面の説明
    • 素材の読み込みとクロスディゾルブ
    • エンディングタイトルの作成
    • 不透明度やクロスマットでのフェード付け
    • BGMの設定
    • 色調整の練習
    • 作例動画の色調整とビネット
    • 動画の書き出し
  • Step 03:AfterEffects基礎 ロゴアニメ
    • 画面説明とコンポジション設定
    • ボール(1)素材の読み込みと読み込み方の種類
    • ボール(2)素材の配置と様々な作業設定
    • ボール(3)キーフレーム(位置・スケール・回転・不透明度)
    • ボール(4)アンカーポイントのアニメーション
    • ボール(5)モーションブラーとエコー
    • ボール(6)連続ラスタライズに関しての説明
    • ボール(7)イージング設定01_スピードの強弱の説明
    • ボール(8)イージング設定02_スピードの強弱・速度グラフ
    • ボール(9)弾むボールのアニメーション
    • ボール(10)弾むボールに横移動の動きをつける
    • ボール(11)ハンドルを使った軌道調整とキーフレーム補完法
    • ロゴアニメーション制作(1)新規作成~ロゴ移動まで
    • ロゴアニメーション制作(2)文字パーツの動き付け
    • ロゴアニメーション制作(3)文字を弾ませる
    • ロゴアニメーション制作(4)仕上げ~動画の書き出し

Adobeマスター講座の課題内容

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」|ANY 管理画面

Adobeマスター講座の課題は、Web制作とグラフィック制作の2種類です。それぞれ3つのテーマが用意されていて、素材や指示書が提供されます。

実際の仕事のような形で挑戦できるのがありがたい!

  • デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」|課題作成
    Web制作課題例
  • デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」|課題作成
    グラフィック制作課題例

課題を提出すると、プロの講師が添削してくれます。課題制作期間は2ヶ月なので、動画教材同様にフェーズ受講目標日で提出期限を確認しておいてくださいね。

注目動画視聴や課題制作は任意です。学習ノルマもないので、時間がない方や必要ない方は利用しなくても大丈夫です。

実際の現場での案件は、内容が足りない仕様書も多かったりするので、仕様書の作り方も参考になりますね。

Adobeマスター講座のメリット

私が考えるデジハリならではのメリットを紹介します。

Adobeマスター講座のメリット

  • Adobe CCを安く使える
  • 初心者でも分かりやすい動画教材
  • 自分のペースで隙間時間に学習できる

Adobe CCを安く使える

Adobeマスター講座の1番のメリットは、何といってもAdobe CCコンプリートプランが39,980円で使えることです。

記事の冒頭でも触れたように、Adobe公式サイトで個人版コンプリートプランを購入すると年額86,880円なので、約54%OFFで利用できることになります。

デジハリで購入すると… 

  • 39,980円のオンライン講座にAdobe CCコンプリートプラン1年分が無料で付いてくる
  • 39,980円のAdobe CCコンプリートプラン1年分にオンライン講座が付いてくる

上記のように考えると、Adobe CCを学びたい人にとっても、Adobe CCをメインに使いたい人にとっても、かなりお得なパッケージといえます。

Adobeはつい最近も値上げしましたし、仕事では必ず使うので、この価格は本当に助かります…。

初心者でも分かりやすい動画教材

アプリを使う前の環境設定からツールの使い方、最終出力まで、ひとつひとつ丁寧に解説してくれるので、未経験者や初心者でも迷うことはあまりないと思います。

経験者も復習教材として使えます!

自分のペースで隙間時間に学習できる

講座はオンライン動画なので、インターネットとデバイスがあれば、いつでもどこでも好きな時に学習できます。

講座自体も10〜20分程度なので、隙間時間に視聴可能です。

通学せずに、自分の生活スタイルに合わせて受講できるのが嬉しい!

Adobeマスター講座のデメリット

物事にはメリットがあればデメリットもあります。私が実際に動画等を見て感じたデメリットをまとめました。

Adobeマスター講座のデメリット

  • 動画視聴期間が1ヶ月と短い
  • サポートが限定的
  • 法人と海外からは利用できない

動画視聴期間が短い

1ヶ月間という短い期間で6種類のソフトを学ぶため、じっくりと時間をかけて学習したい方には不向きです。動画教材は64時間分とかなりのボリュームなので、全てをこなすには時間が足りないかもしれません。

逆に言えば1ヶ月しかないので、短期集中で一気に学習するのもアリです。期間が長くても、結局ダラダラ続けたり後回しにしたりして、なかなか進まないということもあり得ます。

仕事同様、締め切りが迫っているとやらざるを得ないように、短い期限を味方につけて終わらせましょう。気になるアプリやツールのみ学習するのもOKですよ!

支払いが完了すると同時に、期限のカウントが始まります。しっかり学習したい場合は、スケジュールに余裕がある時の申し込みがおすすめ。

サポートが限定的

講師とのやりとりは、3回の課題添削のみ。メールやチャットなどのサポートはないので、学習の過程で分からないことがあっても、デジハリの講師に聞くことはできません。

学習のサポートが必要な方は、以下の記事で紹介しているようなスクールがおすすめです。

自分で計画を立て、自ら調べることが苦にならない人に向いています。

法人と海外からは利用できない

Adobeマスター講座が提供するAdobe CC学生・教職員ライセンスは、法人は利用できず、国内在住の個人としてのみ利用可能となっています。

Adobeマスター講座の購入・乗り換え方法

Adobe CC付きAdobeマスター講座は、以下の3ステップで簡単に購入できます。

Adobeマスター講座の申し込み手順

  1. Adobeマスター講座を申し込む
  2. Adobe公式サイトで引き換えコードを入力する
  3. Adobe CCをインストールする

購入手順をサラッと紹介します。

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」申し込み方法

Adobeマスター講座」のサイトへ行き、画面右下にある「この講座にお申し込み」というオレンジのボタンをクリックします。

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」申し込み方法

画面がスルスルっと下の方へ移動し、申し込みのセクションが表示されるので、「講座内容、受講環境、約款を確認しました」の文章にチェックを入れ、「Adobeマスター講座にお申し込み」ボタンをクリックします。

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」申し込み方法|申し込み内容を確認する

Adobeマスター講座がショッピングカートに追加されました。カート内の内容を確認後、「お客様情報入力画面」ボタンをクリックします。

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」申し込み方法|お客様情報を入力する

名前や支払い方法、アンケートなどを入力します。支払方法は、クレジットカード、コンビニ、銀行振込の3種類で、クレジットカードは一括と分割が選べます。

ここでは、手続き完了とほぼ同時にシリアルコードが送られてくるクレジットカードを選択しました。

シリアルコードの送付時間

  • クレジットカード決済:手続き完了とほぼ同時に送付
  • コンビニ決済:支払い後3時間ほどで送付
  • 銀行振込:営業時間内であれば30分、営業時間外であれば翌朝9時以降に送付

この画面で入力したメールアドレスとパスワードが、講座のログインIDとパスワードになります

その後クレジットカードなどの支払い情報を入力して、購入完了です!

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」申し込み方法|申し込み完了

支払いが完了すると、デジハリから、講座のログインURLや申し込み内容が記載された「お申し込み確認メール」と、Adobe CCのシリアルコードが記載されたメールが届きます

このシリアルコード(引き換えコード)を、メールに記載されているAdobe公式サイトの「コード入力サイト」で入力するとライセンスが有効化され、Adobe CCが使えるようになります。

オーダー完了画面の「学習システムへ」をクリックすると、講座のログイン画面へ移動します。

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」申し込み方法|学習システム画面にログインする

講座の管理画面は、申し込み時に入力したメールアドレスとパスワードでログインできます。

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」申し込み方法|学習システム画面

講座の管理画面の右上にある「お知らせ」をクリックすると、シリアルコードが記載されたお知らせを見ることができます。

Adobe公式サイトで契約中でも、デジハリへ乗り換えできる!

現在Adobeの公式プランを契約している方でも、デジハリのAdobe CCに切り替えることができます。ただし、大きな注意点があります

「年間プラン 月々払い」を契約している方は、更新日前に自分で解約してしまうと、早期解約料がかかってしまうのです。解約料を発生させないためには、Adobeのサポートで切り替えの依頼が必要となります。依頼自体は時間はかからないので、サポートにつながればすぐに切り替え可能です。

デジハリのAdobe CCへの乗り換え方法や、講座購入後のシリアルコード入力〜Adobe CCインストールまでのやり方は、以下の記事で詳しく解説していますので、購入前に目を通しておくと安心です。

Adobeマスター講座のよくある質問(FAQ)

重複する内容もありますが、特に気になる点は再度確認しておきましょう!

どうしてそんなに安くAdobe CCを利用できるのですか?

 Adobe アドビ スクールパートナープログラム

デジハリは、Adobeのプラチナスクールパートナープログラムの認定スクールです。スクールパートナーは受講者に対して、トレーニングとAdobe CC学生・教職員版をパッケージにして、特別価格で販売することが可能となります。

3種類あるスクールパートナーの中でも認定条件が最も厳しい「プラチナスクールパートナー」のみ、通信講座でも特別価格で利用できます。

1ライセンスにつき、何台までインストールできますか?

1ライセンスにつき、2台までインストールできます。ただし、同時に使用できるのは1台のみです。例えば、自宅のデスクトップとノートパソコンにインストールすることはできますが、同時に両方のパソコンでAdobe CCを使用することはできません。

Adobe CCの商用利用はできますか?

はい。デジハリのAdobeマスター講座で提供されるライセンスは、商用利用にも対応しています。

動画教材の視聴や課題制作は必須ですか?

動画教材の視聴や課題制作は必須ではありません。必要がなければやらなくても大丈夫ですが、教材はとても分かりやすく、プロに課題を添削してもらえる機会もなかなかないと思うので、ぜひ挑戦してほしいです。

Adobeマスター講座終了後にアプリは使えますか?

はい。Adobeマスター講座の学習が終わっても、シリアルコードを有効化してから1年間アプリを使い続けることができます。

2年目以降も継続して利用できますか?

はい。2年目以降も継続して利用可能です。Adobe CCのライセンスは1年分なので、1年ごとにAdobeマスター講座を購入する流れとなります。

Adobeは年に数回セールを行っており、購入先によって特色が異なります。セールを利用して月々払いしたい方や、アプリを単体で購入したい方は、以下の記事をご覧ください

現在使用中のAdobe IDを使うことはできますか?

はい。シリアルコードを入力する際に使用しているAdobe IDでログインすれば、情報が引き継がれます。

Adobeマスター講座はこんな人におすすめ!

デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座は、以下のような方におすすめです。

Adobeマスター講座はこんな人におすすめ!

  • Adobe CC を安くお得に利用したい方
  • 短期間で効率的に基礎を学びたい方
  • 独学で学習するよりも、体系的に学びたい方

クリエイティブ業界では必須とも言われるAdobe CCのアプリ。これから学びたい方も、毎年アプリを更新している方も、Adobeマスター講座を検討してみてくださいね!

Adobe CCはお得に賢く利用しよう!本ブログでもAdobe CCのお得な情報を更新していきます。

\今すぐ最安でAdobe CCコンプリートプランが使える!/