【2021年】Adobe CC(アドビ)のセールはいつ?割引率や対象ソフトは?注意点も解説します

【2021年】Adobe CC(アドビ)のセールはいつ?割引率や対象ソフトは?【デザイナーが解説】

Adobe CCのセールっていつやるの?どのくらい安くなる?

Adobe Creative Cloud(以下 Adobe CC)は年に数回セールを実施しており、定価よりもかなりお得な価格で購入することができます。

この記事では、Adobe CCのセール時期や割引率、おすすめの購入方法などをご紹介します。

Adobe CCのセールはどこでやっているの?

Adobe CCのセールは、Adobe公式のサイトやAmazonで定期的に行われています。ソフトやセール時期にもよるのですが、大体27%〜32%OFFで購入できます。

セールとは少し違いますが、Adobeと提携しているスクールを通してかなりお安く購入できる方法もあるので、こちらについても後述します。

Adobe公式サイトでのAdobe CCセール

まずは、Adobe公式サイトのセール時期や割引率を見ていきます。私もAdobe CCユーザーなのでセールは必ずチェックしているのですが、いつも突然始まるので今年はメモしてみました(笑)。

Adobe公式サイトのセール時期

2021年のセールは以下のように行われています。

【2021年】Adobe公式サイトでのAdobe CCセール
初売りセール 1月5(火)〜1月15日(金)
SPRING SALE 2月22日(月)〜3月5日(金)
新生活応援SALE 3月29日(月)〜4月9日(金)
GWセール 4月29日(木)〜5月9日(金)
テレワークセール 5月24日(月)〜6月4日(金)
SUMMER SALE 6月28日(月)〜7月9日(金)

2021年の前半は毎月のようにセールが行われていますね。セール期間も10日前後と長めで、セール最終日は金曜日となっています。

Adobe公式サイトは海外の時間を基準としているのか、毎回セール最終日よりも少し長めにセールしています。セール最終日の翌日にセールに気付いたとしても、サイトを覗いてみてください。もしかしたら間に合うかもしれません。

Adobe公式サイトのセール対象ソフトと割引率

Adobe公式サイトでは、コンプリートプランやIllustrator、Photoshop、Premiere Proといった単体ソフトがセール対象で、大体27%〜32%OFFとなっています。例えば、2021年のサマーセールでは以下のソフトがセール対象でした。

【2021年】Adobe公式サイトのサマーセール対象ソフト

  • コンプリートプラン
  • Illustrator
  • Photoshop
  • Premiere Pro
  • After Effects
  • InDesign
  • Substance 3D Collection
  • Animate
  • Dreamweaver
  • Audition

よく見かけるのが、年間プランのコンプリートプランが月額6,248円→4,378円の約30%OFF、年間プランのIllustrator単体、Photoshop単体が月額2,728円→1,848円の32%OFFというもの。

【2021年】Adobe公式サイトでの割引例
(年間プラン月額払いの場合)
コンプリートプラン 月額 6,248 円 → 4,378
年間 22,440 円お得!
Illustrator単体
Photoshop単体
月額 2,728 円 → 1,848
年間 10,560 円お得!

Adobe公式サイトのセールの注意点

Adobe公式サイトのセールは、新規で契約する方のみが対象なので、既に契約をしていて更新をする場合は対象にはなりません。セール価格は初年度が対象なので、2年目以降は通常価格に戻ります。

以前更新日前に解約をしようとして、解約ページを進めていったら、最後の方で割引を提示されたので、そのまま更新・継続したことがあります。解約手前でお得なオファーがあるかもしれません…。

2年目以降は、後述するAmazonやAdobeスクールパートナーで安く購入するか、上記の私の経験のように、解約手前でお得なオファーがあるか見てみてもよいかもしれません。

Adobe公式サイトのセールのメリット・デメリット

Adobe公式サイトのセールで購入するメリットは、月額払いに対応していることと、セール対象のプランやソフトが多いことです。セールといっても、一括払いだと大きな金額になるので、月額払いがあるのは助かりますね。

Adobe公式サイトのセールのメリット

  • 月額払いのプランがある
  • セール対象のプランやソフトが多い

Adobe公式サイトのセールのデメリット

  • セール対象は新規購入の方のみ
  • セール価格は初年度が対象

\ 7日間無料で試せる!/

料金プランの詳細解約方法もあわせてチェック

AmazonでのAdobe CCセール

Adobe Creative Cloud Amazon Spring Sale 3月25日まで開催中!

AmazonもAdobe公式サイトに負けず、大セールを度々行っています。Adobe公式サイトにはない魅力もありますよ!

Amazonのセール時期

Amazonのセール時期

現在Amazonのセールは、Adobe公式サイトと連動して行われています。年の後半では、ブラックフライデー・サイバーマンデーといった大規模セールで安くなる傾向があります。

Amazonプライム会員向けの年に一度の大セール「プライムデー」では、コンプリートプランが35%OFFという破格の料金でした。

【2021年】AmazonのAdobe CCセール
初売りセール 1月5(火)〜1月15日(金)
SPRING SALE 2月22日(月)〜3月5日(金)
新生活応援SALE 3月29日(月)〜4月9日(金)
GWセール 4月29日(木)〜5月9日(金)
テレワークセール 5月24日(月)〜6月4日(金)
SUMMER SALE 6月28日(月)〜7月9日(金)

Amazonのセール対象ソフトと割引率

セール対象ソフトはAdobe公式サイトより少なく、コンプリートプラン、Illustrator単体、Illustrator単体+フォトプラン(Photoshop+Lightroom)といったソフトが対象で、大体27〜28%OFFが多いようです。

2021年のサマーセールはコンプリートプランとIllustratorの2つでした。

【2021年】Amazonのサマーセール対象ソフト

  • コンプリートプラン
  • Illustrator単体

ちなみにIllustrator単体+フォトプラン(Photoshop+Lightroom/ストレージ1TB付き)の組み合わせはAdobe公式サイトでは扱いがないので、この組み合わせをよく使う方はAmazonのセール時期を狙ってみてください。

AmazonとAdobe公式サイトの価格の謎

Adobe CCコンプリートプラン:Adobe公式サイトの年間プラン・一括払いとAmaonの12ヶ月オンラインコード版の価格を比較

Amazonでは「オンラインコード版」と「パッケージ版」が提供されています。

例えばコンプリートプランを見てみると、Amazonの「12ヶ月パッケージ版」とAdobe公式サイトの「年間プラン・一括払い」タイプが同じ価格で、Amazonの「12ヶ月オンラインコード版」はなぜか消費税分安くなっています。

Amazonのオンラインコード版はさらに1%(663円)OFF。「安い・早い」でオンラインコード版一択!

セール時期は、元々の定価やAmazonポイント、タイムセールなども考慮して、価格を比べてみてくださいね。

コンプリートプラン(通常期) オンライン(コード)版 パッケージコード版
Amazon(12ヶ月版) 65,760
6,576 円お得!
72,336
Adobe公式サイト
(年間プラン・一括払い)
72,336

Amazonのセールのメリット・デメリット

Amazonでは、プライムデーなどのビッグセールでかなり安くなる可能性があります。また、Amazonポイントを利用できるので、Amazonをよく利用する人はお得に購入できるかもしれません。セール以外の時も、ソフトによってはポイントが付いていたり、割引されていたりすることも。

Amazonのセールのメリット

Amazonのセールのデメリット

  • 取り扱うソフトが少ない。セール対象のソフトも少なめ。
  • 一括購入しかない

\ 契約中の人も契約期間を延長して使用できる! /

社会人がAdobe CCを最も安く使用する方法

Adobe CCのセール情報として、Adobe公式サイトとAmazonをご紹介しましたが、実はもっと安くAdobe CCを使用できる方法があります。

Adobe CCは、学生・教職員向けの学割料金プランが最安なのですが、プラン名の通り、通常は学生や教職員の方しか利用できません。社会人でも「学生」になればこの学割プランを利用することができますが、「学生」になるのはなかなか難しいですよね。

そこでご紹介したいのが、Adobeと提携しているスクールパートナーを通してAdobe CCを使用する方法です。

おすすめのAdobeスクールパートナー

デジハリONLINE Adobeマスター講座(ソフト付属)

Adobeのスクールパートナーであるデジハリ・オンラインスクールでは、Adobe CC学生・教職員版を1年間39,980円(税込)で使うことができる「Adobeマスター講座」を提供しています。

Adobe CCコンプリートプランを通常価格で年間一括購入すると、年間72,336円(税込)なので、約45%OFFでAdobe CCを使用できることになります。

コンプリートプラン
(年間一括払いの場合)
備考
Adobe公式サイト:学割プラン 26,136円(税込) 学生・教職員のみ
※2年目以降は39,336円
デジハリ・オンラインスクール
(学割プラン利用)
39,980円(税込) いつでも誰でもこの価格!
Adobe公式サイト:定価 72,336円(税込) 月額払いプランあり。セール時期を待てば27%〜OFFになる
Amazon:定価 65,760 円(税込)
(オンラインコード版)
セール時期を待てば27%〜OFFになる

IllustratorやPhotoshopなどAdobeの主要ソフトが学べるオンライン基礎動画教材(46時間分)が付いているので、初心者の方なら使い方を勉強しながら、経験者の方なら復習や辞書代わりに使うことができます。

学生・教職員版は一般のコンプリートプランと全く同じ内容で、全てのソフトが使用可能となっており、Adobe FontsなどのWebサービスも利用できます。もちろん商用利用もOKなので、通常のソフトとして利用できます。

詳しくは以下の記事でもご紹介しているので、社会人でAdobe CCのコンプリートプランの購入を検討している人は、ぜひご参考ください。

コンプリートプランを購入希望で、セール時期を待ちたくない人は、Adobeスクールパートナーがおすすめ!

\ Adobe CCコンプリートプランが激安で使える! /

まとめ

Adobe CCのセール時期や割引率などをご紹介しました。どのソフトを使うかにもよりますが、Adobeスクールパートナーの講座を頭に置きつつ、セール時期に各サイトで価格を比べてみてくださいね!

この記事でも、セール情報は随時更新していきます。

デジハリ・オンラインスクールを含むWebデザイン・Web制作を自宅で学べるスクール・講座・Webサービスを以下の記事でまとめていますので、ご興味がある方はあわせてどうぞ!無料で学べるサービスもあります。