【2024年】Adobe CCが3月5日から値上げ!対策をまとめました

※当ブログのリンクには一部広告が含まれています。

【2024年】Adobe CCが3月5日から値上げ!対策をまとめました

Adobe CCがまた値上げだって…(悲)

2024年3月5日にAdobe CCの価格が値上げされます。2022年から約2年ぶりの値上げです。

この記事では、Adobe CCの値上げの詳細や、値上げに対する対策・対処法などを解説します。高額なAdobe CCの料金を節約したい方は、ぜひご覧ください。

【この記事を書いた人】

Adobe使用歴20年以上のフリーランスWebデザイナー。Adobe CCを何とか安く使うべく常にセールや動向をチェックしている、Apple/運動好きな2児の母。プロフィール詳細

値上げ対象のプランは?

2022年にも価格改定が行われましたが、2年ぶりの今回は値上げ対象のプランが増え、値上げ率も上がっています。

値上げ対象のプランは下記の通りです。

値上げ対象のプラン

  • 個人版コンプリートプラン
  • 単体プラン
  • Lightroom 1TB
  • フォトプラン(20GB/1TB)
  • InCopy
  • Adobe Substance 3Dテクスチャリング
  • Adobe Substance 3DCollection
  • 学生・教職員版コンプリートプラン
  • Adobe Express
  • グループ版コンプリートプラン/単体プラン
  • エンタープライズ版コンプリートプラン/単体プラン

Adobe CC価格改定一覧

値上げ対象となっているプランの価格は以下の通りです。

製品 支払いプラン 旧価格 新価格
コンプリートプラン 月々プラン 月々払い 10,280 12,380 (+2,100円)
年間プラン 月々払い 6,480 7,780 (+1,300円)
年間プラン 一括払い 72,336 86,880 (+14,544円)
単体プラン ※ 月々プラン 月々払い 3,828 4,980 (+1,152円)
年間プラン 月々払い 2,728 3,280 (+552円)
年間プラン 一括払い 28,776 34,680 (+5,904円)
Lightroom 1TB 年間プラン 月々払い 1,078 1,180 (+102円)
年間プラン 一括払い 12,936 14,080 (+1,144円)
フォトプラン 20GB 年間プラン 月々払い 1,078 1,180 (+102円)
年間プラン 一括払い 12,936 14,080 (+1,144円)
フォトプラン 1TB 年間プラン 月々払い 2,178 2,380 (+202円)
年間プラン 一括払い 26,136 28,480 (+2,344円)
InCopy 月々プラン 月々払い 968 1,080 (+112円)
年間プラン 月々払い 638 680 (+42円)
年間プラン 一括払い 6,336 6,780 (+444円)
Adobe Substance 3D
テクスチャリング
月々プラン 月々払い 2,398 2,680 (+282円)
年間プラン 一括払い 26,818 29,980 (+3,162円)
Adobe Substance 3D
Collection
月々プラン 月々払い 6,028 6,680 (+652円)
年間プラン 月々払い 5,808 6,480 (+672円)
年間プラン 一括払い 67,078 74,380 (+7,302円)
学生教職員版 初年度 年間プラン 月々払い 1,980 2,180 (+200円)
年間プラン 一括払い 23,760 26,162 (+2,402円)
学生教職員版 2年目 年間プラン 月々払い 3,278 3,610 (+332円)
年間プラン 一括払い 39,336 43,322 (+3,986円)
Adobe Express 月々プラン 月々払い 1,078 1,180 (+102円)
年間プラン 一括払い 10,978 11,980 (+1,002円)

※単体プラン:Photoshop、Illustrator、Adobe Premiere Pro、After Effects、InDesign、Animate、Dreamweaver、Audition

各支払いプランの支払い方法は下記の通りです。

月々プラン 月々払い 月ごとの契約で毎月払う。
年間プラン 月々払い 契約期間は1年で毎月払う。契約途中で解約すると解約料がかかる。
年間プラン 一括払い 契約期間は1年で1年分を一括で前払い。

毎月払う方が支払いの負担は少ないけど、年額で見ると「年間プラン 一括払い」が一番安いです。

Adobe CCの料金体系や支払方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

値上げ対象外のプランは?

値上げ対象外のプランは下記の通りです。

値上げ対象外のプラン

  • Adobe Acrobat プラン
  • Adobe Firefly プレミアムプラン
  • Adobe Stock プラン
  • Frame.ioプラン
  • 各モバイルアプリプラン(単体およびバンドル)
  • Fresco

Adobe CC値上げに対する対策・対処法は?

現在Adobe CCを利用している方、もしくは利用予定の方は、以下の方法で費用を抑えることができます。

  • 値上げ前に契約・購入する
  • 契約プランを「年間プラン/一括払い」に変更する
  • セールやキャンペーン・学割を利用する

値上げ前に契約・購入する

値上げは2024年3月5日以降、もしくは次の契約更新日に適用されるので、値上げ前に契約すれば、次の更新日まで現在の料金で利用できることになります。

2024年3月5日から価格が改定され、お客様の更新日のタイミングで、新価格が適用されます。 更新日までは旧価格となります。更新日を確認するには、アドビアカウントページをご覧ください。

引用:Creative Cloud個人版の価格改定

契約プランを「年間プラン 一括払い」に変更する

Adobe公式サイトの月々払いで契約している方は、「年間プラン一括払い」で1年分の利用料金を一括払いすると、月々払いよりも安くなります。

ただし、一括払いの場合は、後述するAdobe認定のスクールパートナーやAmazonのオンラインコード版を利用する方が安いです。

月々払いはAdobe公式サイトでの購入のみ可能です。

\ 7日間無料で試せる!/

料金プランの詳細解約方法もあわせてチェック

セールやキャンペーン・学割を利用する

Adobe CCはセールやキャンペーンで大幅に値引きされます。社会人でもコンプリートプランが最安の学割版を使える方法があるので、次にご紹介するセール・キャンペーン情報をチェックしてみてくださいね。

Adobe CCを安く買う方法は?セールや学割を上手に利用しよう!

Adobe CCは度々セールを行っています。個人版コンプリートプランなら、セール時期は34〜38%割引されます。

38%OFFの場合、旧価格のAdobe公式サイトのコンプリートプランは6,480円/月が3,960円に!

Adobe CCのセールは、Adobe公式サイトの他にAmazonでも実施されます。Amazonでは24ヶ月や36ヶ月版も販売されており、セール時期にまとめて購入するのもお得です。

セール時期やセールの注意点、購入方法などは以下の記事でまとめています。

Adobe CCコンプリートプランを最安で手に入れる方法

デジハリONLINE Adobeマスター講座(ソフト付属)

Adobe CCのコンプリートプランは学割プランが一番安く、個人版の71%OFFで利用できるのですが、実は学生や教職員ではない社会人の方でも、Adobeが認定しているスクールを通して学割版を利用できるんです。

例えばアドビプラチナスクールパートナーであるデジハリ・オンラインスクールは、Adobe CCの学生・教職員版コンプリートプラン1年分とAdobe CCの動画教材をセットにした「Adobeマスター講座」を39,980円(税込)で提供しています。

Adobe CCコンプリートプランを通常価格で年間一括購入すると86,880円(税込)なので、約54%OFFでAdobe CCを使用できることになります。

デジハリ・オンラインスクール|Adobeマスター講座の内容

学生・教職員版は個人版コンプリートプランと全く同じ内容で、全てのソフトが使用可能となっており、Adobe FontsなどのWebサービスも利用できます。もちろん商用利用もOKです。

社会人が利用できるコンプリートプランでは最安で、Adobe公式サイトやAmazonのセール価格より安い!

コンプリートプラン 年額(税込)
一括払いの場合
備考
【Adobe公式サイト】
学生・教職員版コンプリートプラン
26,162 学生・教職員のみ
※2年目以降は43,322円
【デジハリ・オンラインスクール】
学生・教職員版コンプリートプラン
39,980 いつでも誰でもこの価格!
社会人では最安
【Adobe公式サイト】
個人版コンプリートプラン
86,880
旧価格での
セール例:47,520円
月々払いあり。
セールを待てば38%前後OFF
になる
※セールは新規契約が対象
【Amazon】
個人版コンプリートプラン
78,982
旧価格での
セール例:42,768円
セールを待てば34%前後OFFになる

IllustratorやPhotoshopなどAdobeの主要ソフトが学べるオンライン基礎動画教材(46時間分)が付いているので、初心者の方なら使い方を勉強しながら、経験者の方なら復習や辞書代わりに使えます。

動画の閲覧や課題提出は必須ではないので、必要がなければ利用しなくても大丈夫です。

デジハリのAdobeマスター講座は値上げするの?

Adobe公式サイトやAmazonは値上げしましたが、デジハリのAdobeマスター講座は今のところ値上げしていません※執筆時点

今後は値上げする可能性もあるので、検討している方は早めに購入しておいた方がよさそうです。

デジハリのコンプリートプランなら月当たり3,331円!最近はセール頻度が低くなっているので、今すぐコンプリートプランを最安ででに入れるなら、デジハリ・オンラインがおすすめです。

\ 今すぐAdobe CCが最安で使える! /

Adobe認定のスクールパートナーの活用方法は、以下の記事で詳しく解説しています。