【Apple Watch】私にもできた!バンドの交換方法と長さの調整(画像付き)

 2018.07.13  2018.07.13

Apple Watchのバンド交換 - MICHAEL KORSのべっ甲柄時計との比較
左:サードパーティーのバンドを付けたApple Watch  右:MICHAEL KORSの時計

この記事では、Apple Watch Series 3のバンドの交換方法と、サードパーティーのバンドの長さ調整のやり方を画像付きで説明します。

【Apple Watch】女性にもオススメ!育児中フリーランスの私が購入した理由と便利な機能を紹介しますでも書いた通り、Apple Watchはバンドが交換できるのも魅力のひとつですが、私が好きな時計MICHAEL KORSのべっ甲ベルトに似たバンドを見つけたので、早速交換してみました!

Apple Watchのバンド(ベルト)を交換する

今回私が購入したバンドは、サードパーティー製のV・モロ(V-Moro)です。2000円代とリーズナブルですが、べっ甲風のデザインで高級感もあり、一気に雰囲気が変わります。

到着した箱の中には、バンド、説明書、長さ調整用の工具が入っていました。

Apple Watchのバンド交換 - V ・モロの中身

Apple Watchのバンドの取り外し方

まずは、Apple Watchのバンドを外してみたいと思います。メカ音痴の私でも、あっという間に簡単に取り外せました。

  • Apple Watchのバンド交換 - バンドを外す

    文字盤裏の上下にあるボタンを確認する。

  • Apple Watchのバンド交換 - バンドを外す

    外したいバンドの方のボタンを押しながら、バンドを横にスライドさせる。

  • Apple Watchのバンド交換 - バンドを外す

    バンド上下とも外す

  • Apple Watchのバンド交換 - 新しいバンド付ける

    新しいバンドをスライドして入れる

私が購入したバンドは上下に分かれておらず1本に繋がっているので、上下一緒にスライドして入れます。上下どちらかを一つずつ入れようとすると、文字盤とバンドの角度が変わり上手くいれることができないので、文字盤を傷つけないように必ず上下一緒に差し込むようにした方がよいと思います。

新しいバンドの長さを調整(短く)する

新しいバンドを一度着けてみて長さを確認します。私の場合はバンドのコマ2個分長かったので、2個抜くことにしました。

Apple Watchのバンド交換 - 長さ調節の工具

サイズ調整の説明書もついていますが、全て英語で書かれているので、ちょっと分かりにくいかもしれません。でもピンを抜く方向さえ分かれば大丈夫!

サイズ調整の工具の上にバンドを置きます。工具はねじ式になっていて、バンドが入るように一回広げてから、バンドの裏に書いてある「→(矢印)」を右側にして置きます。この小さな矢印が書いてあるコマの部分を取り外すのですが、矢印が小さく見にくいのでよく目を凝らして見つけてください。

工具に取り付けられているピンと、取り外したいコマの横にあるピンの位置を合わせて、工具のネジをクルクルとゆっくり回し、バンドのピンを外に押し出します。

Apple Watchのバンド交換 - 工具を使ったバンドの長さ調節

コマをひとつ取り外すには、ピンを2つ抜く必要があります。私は2個外したかったので、バランスを取るためにバンドの上下で1個ずつ外しました。

Apple Watchのバンド交換 - 不要なピースを取り外す

次はバンドを再びつなぎ合わせます。必要なものは先程抜いたピンひとつです。

Apple Watchのバンド交換 - バンドを長さを縮める

外した時と反対の方向からピンを差してゆっくりと押し戻します。工具のピンとバンドのピンを合わせるのがちょっと大変ですが、大体30分もあれば調節が完了します。作業自体は簡単です。

Apple Watchのバンド交換 - バンドを長さを縮める

サードパーティーのバンドの着け心地

Apple Watchのバンド交換 - MICHAEL KORSのべっ甲柄時計との比較

MICHAEL KORSと一緒に着けてみました!とても軽くて普通の時計と同じような着け心地です。値段の割に高級感があり、コーディネートの幅も広がりそう。何しろ純正より安いので、気分に合わせて気軽に交換できますね!

バンド交換や長さの調整は、不器用な私でも簡単にできたので、色々なバンドを探してコーディネートを楽しもうと思います。

以下の記事で女性にオススメのサードパーティーのバンドをまとめています。次は何を買おうかな〜?