【Apple Watch 4】40mmと44mmサイズ比較!女性はどちらが使いやすい?両方着けてみた感想

 2018.11.27  2018.11.27

女性が着けたApple Watch Seires 4の40mmと44mm

Apple Watch Series4が2018年10月に発売されたわけですが、Series 3をSeries 4発売の4ヶ月前に買ってしまった私は「買い替えるべきか」相当悩みました。Series 3はまだ現行販売されていますし、特に不満はなかったからです。

しかし!店頭で触ったり新機能についての記事を読むにつれて物欲がフツフツと沸いてきて、結局えいやっとポチってしまいました。【Apple Watch Series 4使用レビュー】女性目線でSeries 3と比較してみました!(画像あり)でも書いていますが、結果Series 4への買い替えはかなり満足しています。

Series 4は38mm→40mm、42mm→44mmへとサイズが大きくなっています。Series 3では38mmを購入しましたが、今回も私は小さい方の40mmを、旦那は44mmを購入したので、女性と男性がそれぞれ両方のApple Watchを着けてみた時のサイズ感や着け心地を画像を交えて見ていきます。※小さな画像はクリックするとポップアップで拡大します。

Apple Watch Series 4の40mmと44mmで迷っている方の参考になれば幸いです。

Series 3とSeries 4の仕様・機能面の違いについては、Apple Watch Series 4とSeries 3の違いは?機能・デザイン・サイズ・値段を比較をご覧ください。

Apple Watch Series 4の40mmと44mmサイズ比較

Apple Watch Series 4のサイズは以下の表のようになっています。Series 3と比べると、40mm/44mmともに2mm程サイズアップしてます。たった2mmでも、表示領域が広がったせいか大分大きくなった印象を受けました。

Apple Watch Series4 40mm 44mm
サイズ 縦:40 mm
横:34 mm
縦:44 mm
横:38 mm
厚さ 10.7 mm
ケース重量 30.1g 36.7g
ディスプレイ 324 x 394ピクセル 368 x 448ピクセル

手首周りが14cmの私(女性)がそのまま44mmを着けると、バンドがかなり余ってしまいます。(一番短い穴でも少しゆるい位)

Apple Watch Seires 4の40mmと44mmサイズ比較
左:40mm 右:44mm

文字盤と写真を表示して比べてみました。44mmの方が大きいので情報は見やすいですが、40mmで見にくいということはありません。Series 3の38mmを使っていた身としては、40mmでも可読性や操作性は随分向上していると感じます。

  • Apple Watch Seires 4の40mmと44mmサイズ比較(文字盤)
  • Apple Watch Seires 4の40mmと44mmサイズ比較(写真)

Apple Watch Series 3の38mmと40mmのサイズ比較は以下の記事で詳しくご紹介していますので、あわせてどうぞ!

女性が40mmと44mmを着けるとどんな感じ?

では、本題の「女性が着けるとどんな感じか」を見ていきます!私の手首周りは約14cmです。

  • 女性が着けたApple Watch Seires 4の40mm
  • 女性が着けたApple Watch Seires 4の44mm

見た目・着け心地

40mmはSeries 3の38mmの延長線上にあるモデルなので、38mmユーザーなら違和感なく装着できると思います。ちょうど良いサイズ感で私の腕にもに心地よくフィットしました。初めてApple Watchを身につける人は40mmでもちょっと大きいと感じるかもしれませんが(かつての私のように)、使っているうちに慣れちゃいます。

44mmは私にはちょっと重いです。画面が広いので情報は見やすいのですが、重さと腕に対する面積の圧迫感が気になりました。ケース本体が大きいので、上から見るとバンドが少ししか見えず、私の腕だと「ケース本体を腕に直接乗せてる感」あります…。

操作性

40mmと44mmを比べると40mmの方がサイズが大きい分タップはしやすいですが、40mmがタップしにくいということはありません。手が大きかったり指が太い人は44mmの方が使いやすいと思いますが、標準〜小さめの手の人なら40mmで問題ないと思います。

Apple Watch Seires 4の40mmと44mmサイズ比較(パスコード)

LINEの画面を表示してみました。44mmのフォントがやや太く、情報がパッと目に入ります。LINEなどのメッセージアプリは基本的には閲覧中心で、Apple Watchでの操作の多くは音声か定型文による入力なので、入力時のタップのしやすさはあまり関係ないかなと思います。因みにサンプル画像で使用している顔文字はiPhoneデフォルトのもので、LINEの絵文字は表示されませんでした。(スタンプは表示可能)

Apple Watch Seires 4の40mmと44mmサイズ比較(LINE)

男性が40mmと44mmを着けるとどんな感じ?

ちょっとごつい手の男性が40mmと44mmを着けてみた画像がこちらです。比較すると40mmが小さく感じられますが、Seires 3の42mmを使っていた人なら、表示領域の広がった40mmでも42mmのような感覚でしっくりくるかもしれません。装着した本人は指が太く視力もあまり良くないので、44mmの方が使いやすいと言っていました。

  • 男性が着けたApple Watch Seires 4の40mm
  • 男性が着けたApple Watch Seires 4の44mm

女性が毎日着けることを考えると、40mmと44mmどちらがオススメ?

腕が細い人や健康管理や運動など記録を付ける人は毎日着けることが多いと思うので、軽くてコンパクトな40mmがオススメです。サイズは小さくても表示領域が広がったので、操作性も問題ありません。

私の場合は、以下の理由で40mmを選びました。

40mmを選んだ理由

  • 軽くてコンパクトな方が運動しやすい
  • Series 3の38mmのバンドと互換性がある
  • 表示領域が広がり、操作性が良くなった

Apple Watchでニュースやメールを読むことが多い人は、情報量を多く表示できる44mmが使いやすいかもしれません。最後は見た目、つけ心地、操作性などの総合的なバランスで決まるので、ぜひ店舗で実際に着けてみることをオススメします!

バンドも後から簡単に交換できるので、バンドとの相性を考えながら選んでもよいですね!

他にもApple Watchについて色々書いています!