Apple Watch Ultraを女性視点でレビュー!独自機能を紹介します【防犯や災害時にも活躍】

【防犯や災害時でも頼れる】Apple Watch Ultraを女性視点でレビュー!独自機能を紹介します

Apple Watch Ultraは他のモデルと何が違うの?Ultraだけの機能は?

Apple Watchのハイエンドモデル「Apple Watch Ultra」を初めて見た時、「でかっ!ゴツい!高い!」とあまり興味をそそられなかったのですが、数日借りれる機会があり、実際に使ってみました。

初めてみた時のちょっとネガティブな印象とは裏腹に、思った以上に好印象だったので、Ultra独自の機能と女性目線の感想をお届けします。

\ バッテリー最大36時間!過酷な環境に耐えるタフネス仕様 Ultra /

Ultra/Series 8/SE2の仕様比較

Apple Watch Ultraと他の現行モデルとの違いをさらっとまとめておきます。赤字部分がUltraのみの機能となっています。

Ultra Series 8 SE2
価格 124,800円 59,800円〜 37,800円〜
重さ 49mm:61.3g 41mm:32.0g~
45mm:38.8g~
40mm:26.4g~
44mm:32.9g~
バッテリー
駆動時間
最大36時間
※低電力設定で最大60時間
最大18時間 最大18時間
常時表示
ディスプレイ
×
IP6X等級
防塵性能
×
輝度 最大2,000ニト 最大1,000ニト 最大1,000ニト
耐水性能 100m
水深40mまでOK
50m 50m
GPS 高精度2周波GPS
(L1とL5)
L1GPS L1GPS
サイレン機能 × ×
水深計と
水温センサー
× ×
スピーカー デュアルスピーカー 第2世代 第2世代
皮膚温センサー ×
血中酸素
ウェルネスアプリ
×
心電図アプリ ×
高速充電 ×
その他 ・MIL-STD 810H準拠をテスト済み
・アクションボタン

Apple Watch Ultraだけの機能・仕様8選

Apple Watchには多くの機能が備わっていますが、本記事ではUltraだけの機能・仕様を紹介します。Apple Watchのその他の機能は、以下の記事をご覧ください。

まずはApple Watch Ultraを開封!従来のモデルは細長い箱でしたが、Ultraは箱も大きめ。アパレルのカタログのような冊子が付いており、その他は本体や充電関係のものが入っています。

Apple Watch Ultra 開封

それでは、Apple Watch Ultraの独自機能紹介スタートです!

頑丈なチタニウムケースとフラットなケースデザイン

Apple Watch Ultra -  頑丈なチタニウムケースとフラットなデザイン
他のモデルより高級感あり!

まずは外観のデザインです。今までのモデルは表面からサイドにかけて丸み帯びたケースデザインでしたが、Ultraの表面はフラットになりシャープな印象に。過酷な状況でも耐えられるチタンがディスプレイ周りをがっちりと保護してくれます。

Apple Watch Ultra/49mmとSeries 7/41mmのサイズ比較

私が愛用しているSeries 7の41mmと比べるとサイズが大きくゴツい印象ですが、角がより丸み帯びたことにより、そこまでハードな印象はないです。

女性がApple Watch Ultraを着けてみた

女性の私がつけても大きな違和感は思ったほどありません。バンドを変えれば、大分印象が変わりそうです。

Apple Watch Ultraの厚さ

ディスプレイはフラットでも厚みは結構あり、個人的にはケースサイズより厚みのインパクトが大きいです。Yシャツやブラウス、袖の細い服などは引っかかるかもしれません。

Apple Watch UltraとSeries 7の側面比較

Series 7との厚みと側面の比較です。側面の仕様については後述しますが、サイドボタン側は立体的なデザインとなっており、サイドボタンとDigital Crownが同じ高さなのでやや押しづらいです。

Apple Watch UltraとSeries 7の側面比較

反対側の側面には、Ultraだけの「アクションボタン」と「デュアルスピーカー」が配置されています。このオレンジのアクションボタンを押そうとすると、反対側のサイドボタンまで押してしまうのがもどかしい!

数日着用しましたが、意外にもサイズと重さは思っていたほど気にならなかったです。フラットで大きな画面は操作がしやすい!

Apple Watch Ultraのサイズ感やサイズ比較は以下の記事をご参考ください。

電池切れも怖くない!最大36時間の長時間バッテリー

Apple Watch Ultra - 最大60時間の長時間バッテリー

通常使用時で最大36時間、低電力を設定した場合は最大60時間のバッテリー駆動。これは間違いなくUltraの目玉機能ですね。私の旦那はこのバッテリー持続時間で購入を決めていました。

私はSeries7を使っていますが、毎日充電が必要です。慣れてしまえば何とも思わないのですが、Apple Watchに頼りまくっている生活なので、充電をつい忘れてしまった時はかなり悲惨…。長時間バッテリーは私にとってもかなり魅力的です。電源を確保しにくい旅行や災害時にも頼れる仕様です。

電池が切れたら時計の役割すら果たさない、ただの飾りだからね…。

Apple Watch史上、最も明るいディスプレイ

最大2000ニトの高輝度表示で、明るい屋外でも見やすいです。これは他モデルの2倍の明るさで、iPhone 14 Proと同じ輝度となっています。

ひと押しで呼び出せるアクションボタン

Apple Watch Ultra -  アクションボタン側の側面

Apple Watch Ultraで追加された「アクションボタン」。よく使う一部の機能を割り当てることができ、ボタン一つで機能を開始することができます。

Apple Watch Ultra - アクションボタンを設定する

機能の割り当ては、Apple Watchの設定 > アクションボタンから可能ですが、現時点では登録できる機能が少ないです。今後の機能増加に期待!

アクションボタンに設定できる機能

  • ワークアウト
  • ストップウォッチ
  • ウェイポイント
  • バックトレース
  • ダイブ
  • フラッシュライト
  • ショートカット

コンパスアプリの「ウェイポイント」と「バックトレース」機能

アクションボタンに登録できる、あまり見慣れない「ウェイポイント」と「バックトレース」。これはコンパスアプリの機能で、Ultra以外のApple Watchでも使えます。

「ウェイポイント」は現在地を登録しておくと、その場所までの距離と方角を確認できる機能。「バックトレース」は移動経路を記録し、道に迷った時などに経路を辿って戻れるというもの。

登山などの過酷な状況のみならず、車の駐車場所や屋外の待ち合わせ場所、旅行先のホテル、自宅などを登録しておくと、いざという時に役に立ちそうです。アクションボタンに設定しておけば、すぐに記録できますね。

  • Apple Watch コンパスアプリでウェイポイントを登録する
    現在地をウェイポイントで登録
  • Apple Watch コンパスアプリでウェイポイントを登録する
    アイコンも豊富なので、複数登録しても見やすい

いつの間にかすごい機能が追加されてた!今度実際に使って検証してみたいです。

180m先まで聞こえるサイレン機能

  • Apple Watch Ultra - サイレン機能を使う
  • Apple Watch Ultra - サイレン機能を使う

最大180m先まで聞こえる甲高い警報音を鳴らすことができる「サイレン」機能は、周りの人の助けが欲しい時に役立ちます。私も試してみたのですが、すぐに消さないとヤバいと思うくらいの音量で、防犯にも役立ちそうです。

バッテリーが切れるまで鳴り続ける!

デュアルスピーカー

アクションボタンの隣には、オーディオ性能を高めるデュアルスピーカーが追加されています。通話やSiriなど音を使う機能で音量の品質が向上しました。

ナイトモードを採用したウェイファインダー文字盤

  • Apple Watch Ultra - ナイトモードを採用したウェイファインダー文字盤
    Ultra向け文字盤「ウェイファインダー」
  • Apple Watch Ultra - ナイトモードを採用したウェイファインダー文字盤
    夜間でも見やすい「ナイトモード」

最大8つのコンプリケーションを設定できるUltra向けの文字盤が登場。時計のリング部分をタップするとコンパスが表示されます。Digital Crownを上に回すと、暗い場所でも見やすい「ナイトモード」に。

リアルタイムで水深40mまで測定

Apple Watch Ultra -  サイドボタン側の側面

Apple Watch Ultraで水深Appを使う
水中での様子

水深アプリを使うと、水温、潜水時間、水深(40メートルまで)を計測することができます。

水深アプリを開くと防水ロックが有効になります。水深アプリの自動/手動起動は設定可能です。

その他の機能

Ultraのその他の機能は以下の通りです。アスリート向けの機能が充実しています。

Apple Watch Ultra独自の機能

  • 測定が難しい場所でも正確に測定できる高精度2周波GPS
  • 100メートルの耐水性能
  • -20°C〜55°Cまで寒い山頂や灼熱の砂漠に負けない動作温度
  • フル機能のダイブコンピュータ

45mm / 44mmケース用のバンドの使用も可能

Apple Watch Ultraのケースサイズは49mmですが、45mm/44mmのケースのバンドと同じサイズなので、手持ちのバンドを活用できます。歴代Apple Watchの中ではシャープでスマートなデザインなので、バンド次第でかなりかっこよくなりそうです。

Apple Watchのバンドは、純正以外にも安価なサードパーティー製が多く販売されています。ファッションやシーンに合わせて気軽にバンド交換できるのも、Apple Watchの魅力のひとつですね。

以下の記事はは女性向けに書いたものですが、男女問わず使えるバンドも多く紹介していますので、ぜひご参考ください。

女性の私が実際に着けてみてどう感じた?

さて、女性の私が実際に着けてみてどう感じたですが、意外とアリだなと思いました。着ける前はゴツさと大きさが気になっていたのですが、重さもサイズもすぐに慣れて、思っていた以上に使いやすかったです。でも寝る時はちょっと邪魔です。

Appleとしては、アスリートや過酷な状況下での使用シーンを想定しているようですが、頑丈さ、長時間バッテリー、サイレンなどの仕様・機能は防犯や災害時にも役立ちそうですし、女性から見ても安心感のある頼れるモデルだと思いました。

キャンプ、登山、ハイキング、海といったアウトドアやスポーツをする人はもちろんのこと、そうでない人も普段使いできる高級感のあるデザインも魅力です。デザインや高級時計以上の機能、特に長時間バッテリーに魅力を感じる人は「買い」です!

\ バッテリー最大36時間!過酷な環境に耐えるタフネス仕様 Ultra /

Apple Watch Ultra以外のサイズ比較

Ultra以外のApple Watchのサイズ比較は、以下の記事でまとめています。着画もたくさん載せていますよ!

Apple製品はAmazonで購入するとお得!

AmazonでApple製品を購入するとAmazonポイントが付き、公式サイトよりお得に買えます。保証とサポートが延長される「AppleCare+」も申し込み可能。Apple製品を購入する際は、必ずAmazonもチェックしましょう!

Apple製品をお得に買う方法は以下の記事でまとめています。

Apple Watchの現行モデルはSeries 8/SE/Ultraですが、Amazon等では前モデルの購入が可能です。

\ 急速充電&表示領域が拡大した最新モデルSeries 8 /

\ バッテリー最大36時間!過酷な環境に耐えるタフネス仕様 Ultra /

Apple Watchを買ったら必ず付けたい保護フィルム。高感度&極薄で全く目立たない「NIMASO」がおすすめです。

他にもApple Watchについて色々書いています!