【iPad】Split ViewとSlide Overで複数アプリを同時に開く方法【画面分割】

【iPad】Split ViewとSlide Overで複数アプリを同時に開く方法【画面2分割】

iPadOSでは、Dock(ドック)を使用して、画面を分割して2つのアプリを同時に開く「Split Over(スプリットオーバー)と、開いているアプリの上に複数のアプリの画面を開くことができる「Slide Over(スライドオーバー)」という機能が備わっています。

言葉で説明すると分かりにくいのですが、一言で言うと、複数のアプリを同時に開ける機能です。これらの機能を使うと、アプリからアプリへドラッグ&ドロップで画像やテキストをコピーしたり、ブラウザを開きながらノートが取れたりと、作業効率が上がります。

この記事では、そんな便利なSplit OverとSlide Overでアプリを開く方法や、便利な使い方をご紹介します。iPadをお持ちの方は是非試してみてくださいね!

マルチタスクを許可をする

まずは、Split ViewとSlide Overが使えるように、「マルチタスク」を有効化します。

iPadの「設定」でマルチタスクを有効化する

「設定 > ホーム画面とDock」をタップし、右画面にある「マルチタスク」をタップします。

iPadの「設定」でマルチタスクを有効化する

「複数のAppを許可」が有効になっていることを確認します。

Split View(スプリットビュー)で2つのアプリを同時に開く

iPadでマルチタスク:Split View(スプリットビュー)のやり方・方法iPadOSのSplit View

Split Viewでは、上の画像のように画面を分割して2つのアプリを同時に表示することができます。コンテンツを見ながらノートを取ったり、左右のコンテンツを比べたりと、様々な使い方ができます。

ちなみに、Split Viewに対応していないアプリもあるので、やってみてできなかったら諦めてください(笑)。

iPadのSplit View(スプリットビュー)のやり方・方法:Dock(ドック)を表示させる

はじめに、1つ目のアプリを開いておきます。画像の例ではGoodNotes 5を開いています。次に、画面下部から上に向かってスワイプし、Dock(ドック)を表示させます。

2つ目のアプリはこのDock内に表示されている必要があるので、開きたいアプリがDock内にない場合は、アプリのアイコンをDock上にドラッグ&ドロップして追加しておきましょう。

iPadのSplit View(スプリットビュー)のやり方・方法:2つ目のアプリを左右どちらかの画面の外側までドラッグする

2つ目のアプリを長押ししたまま、画面の左右どちらかの外側までグイッとドラッグし、上の画像のように画面が2分割されたら手を話します。

Split Viewでアプリの位置を入れ替える

iPadのSplit View(スプリットビュー)のやり方・方法:アプリの表示位置を変更する

アプリの上部にあるバーを左右にドラッグすると、アプリの位置を交換できます。

iPadのSplit View(スプリットビュー)のやり方・方法:アプリの表示位置を変更する

こんな感じで、アプリの位置の入れ替えが可能です。右利きの人が手書きノートを使う場合は、ノートアプリを右側に表示させると書きやすいですね。

Split Viewでアプリ画面のサイズを変更する

iPadのSplit View(スプリットビュー)のやり方・方法:アプリの画面サイズを変更する

アプリ間の境界にある縦のバーを左右にドラッグすると、アプリ画面のサイズが変更できます。アプリ画面のサイズは半分か1/3で表示が可能です。

Slide Over(スライドオーバー)でアプリを表示する

iPadでマルチタスク:Slide Over(スライドオーバー)のやり方・方法iPadOSでのSlide Over

Slide Overは、今開いているアプリの上に1/3の画面サイズでアプリが開きます。丁度スマホで画面を見ているような感じで、実際にコンテンツもスマホで見ている時と同じようなレイアウトで表示されます。

iPadのSlide Over(スライドオーバー)のやり方・方法:Dockから2つ目のアプリを画面上にドラッグ&ドロップする

やり方はSplit Viewとほぼ同じで、1つ目のアプリを開いた状態で、Dockから2つ目のアプリを長押しして、1つ目のアプリの上にドラッグ&ドロップします。画面の外側まで持って行くとSplit Viewになってしまうので、1つ目のアプリの上に乗せる感じでドロップしてください。

Split Viewでアプリの位置を入れ替える

iPadのSlide Over(スライドオーバー)のやり方・方法:アプリの表示位置を変更する

Split Viewと同じく、アプリの上部にあるバーを左右にドラッグすると、アプリの表示位置を交換できます。

iPadのSlide Over(スライドオーバー)のやり方・方法:アプリの表示位置を変更する

Slide Overでは、アプリ画面のサイズを変更することはできません。

Slide Overで複数のアプリを開く

iPadのSlide Over(スライドオーバー)のやり方・方法:複数アプリを開く

Slide Overでは、上に開いているアプリ画面で複数のアプリを開くことができます。

開きたい3つ目のアプリを2つ目のアプリの上にドラッグ&ドロップすると、2つ目のアプリが3つ目のアプリの下に待機している状態でアプリが開きます。

Slide Overで複数のアプリの表示を切り替える

iPadのSlide Over(スライドオーバー)のやり方・方法:複数アプリの表示を切り替える

上で開いている複数のアプリの表示も簡単に切り替えられます。

iPadのSlide Over(スライドオーバー)のやり方・方法:複数アプリの表示を切り替える

上で開いているアプリの下部にあるバーを右にスワイプすると、複数のアプリが順番に表示されます。

Slide Overで全てのアプリを表示させる

iPadのSlide Over(スライドオーバー)のやり方・方法:複数アプリを全て表示する

1つ目のアプリの上で開いている全てのアプリを表示して、アプリを選択したり、削除したりすることができます。

iPadのSlide Over(スライドオーバー)のやり方・方法:全アプリを表示させる

上で開いているアプリの下部にあるバーを上にスワイプすると、全てのアプリが表示されます。

Slide Overでアプリを非表示にする

iPadのSlide Over(スライドオーバー)のやり方・方法:アプリを非表示にする

上で開いているアプリを一時的に非表示したい場合は、アプリの上部にあるバーを右へスワイプします。画面右側から左へスワイプすると、再びアプリが表示されます。

Split Viewでアプリを開いたまま、3つ目のアプリをSlide Overで開く

Split Viewでアプリを開いだ状態で、3つ目のアプリをSlide Overで開くことができます。

iPadのSplit View(スプリットビュー)でSlide Overを使い3つ目のアプリを表示させる

Split Viewでアプリを開いた状態で、3つ目のアプリをSplit Viewの真ん中(境界)にドラッグ&ドロップします。

iPadのSplit View(スプリットビュー)でSlide Overを使い3つ目のアプリを表示させる

すると、上の画像のようにSplit ViewとSlide Overが同時立ち上がります。この状態でも、Slide Overで複数のアプリを開くことができます。

Split ViewやSlide Overの便利な使い方

Split ViewやSlide Overを使うと、様々な場面で作業効率が上がります。便利な使い方をちょこっと紹介します!

ノートや読書メモをとる

Noteshelfを画面2分割して使う左:ブラウザ 右:手書きノートアプリ 「Noteshelf」

王道の使い方ですが、ブラウザなどのコンテンツを開きながら、ノートをとる方法です。キーボードがあれば手打ちができますし、手書きノートアプリとApple Pencilがあれば、手書きでノートがとれます。

iPadのスプリットビューで、Kindle本とノートアプリのGoodNotes 5を開いた画像左:Kindle 右:手書きノートアプリ 「GoodNotes 5」

読書メモをとるのにも便利です。紙の本を開きながらメモをとると、場所が取られたり開いたままにするのが難しかったりしますが、iPadでは左側にKindleを、右側にノートアプリを開けば、本の要約や大事なフレーズを簡単にまとめられます。Kindleなら、あらかじめマーカーで印を付けた所だけをパッと表示できるので、時間節約にもなりますね。

勉強する場合も、PDFの教科書や資料などを見ながらノートが取れるので、ノート作りが楽にできます。

読み放題サービス「Kindle Unlimited」でさらに読書が楽しくなる

Amazonが提供する「Kindle Unlimited」は、月額980円で200万冊以上の話題の書籍や小説・ビジネス書・実用書・コミック・洋書など幅広いジャンルの本が読み放題になるサービスです。雑誌も300誌以上揃っています。

現在、無料で30日間体験できるので、チェックしてみてくださいね。

テキスト中心のKindle本をよく読む人には、Kindle端末がおすすめです。目に優しく疲れにくいので、私はiPadと併用しています。

アプリ間で画像やテキストをドラッグ&ドロップしてコピーする

2つのアプリの間で、テキストや画像をドラッグ&ペーストしてコピーできます。これはめちゃくちゃ便利で、私も使いまくっています!

iPadのマルチタスクで、選択したテキストをドラッグ&ドラッグでコピーする

テキストの場合は、まずコピーしたいテキストを選択し…

iPadのマルチタスクで、選択したテキストをドラッグ&ドラッグでコピーする

もう一つのアプリへドラッグ&ドロップします。すると…

iPadのマルチタスクで、選択したテキストをドラッグ&ドラッグでコピーする

選択されたテキストがそのままコピーされて貼り付けられます。資料作りで役立ちそうですね。

GoodNotes 5で画像をブラウザからドロップ&ドロップで追加する

Webサイトの画像を長押ししてドラッグ&ドロップすればコピーできます。ただし、背景画像として指定されている場合はコピーできません。

上の画像は無料イラスト素材の「いらすとや」さんから拝借しましたが、サイト上の画像は著作権に気をつけて使わせてもらいましょう〜。

無料素材サイトは以下の記事でたくさん紹介していますので、ノートアプリなどで画像を使う際はぜひご参考ください。

GoodNotes 5で画像を他アプリからドロップ&ドロップで追加する

iPadデフォルトの写真アプリからのコピーもOK。このように、テキスト、画像、手書きを駆使しながら、自分だけのオリジナルのノートが作れるのは楽しいですね。

ノートアプリの活用方法については、以下の記事で詳しくご紹介しています!

同じアプリを同時に開くことも可能

Noteshelf Split View(スプリットビュー)でノートを2つ並べて同時に表示する手書きノートアプリ「Noteshelf」を2つ開いた例

今までは、異なる複数のアプリを開く方法について書いてきましたが、実は同じアプリをSplit ViewやSlide Overで開くこともできるんです!

上の画像サンプルでは、手書きノートアプリ「Noteshelf」を2つ開いています。例えば、同じアプリでノートを見ながらノートをとる、といった使い方ができるようになります。

まとめ

もう一度おさらいすると、iPadで複数のアプリを開くには、以下の方法があります。

iPadで複数のアプリを開く方法

  • Split View(スプリットビュー)で画面を分割して、2つのアプリを開く
  • Slide Over(スライドオーバー)で、複数のアプリを小さな画面で開く
  • 上記2つの方法で、同じアプリを同時に開くこともできる

使用目的や状況に合わせて、色々と試してみましょう〜!

【おまけ】iPadライフをもっと楽しもう!

私が実際に使っている、iPad・iPad用アクセサリーやiPadの活用法用をご紹介します。

どのモデルのiPadを使う?

まずはiPad。iPadがないと何も始まりません!現在はApple Pencil対応のiPadが増え、予算や目的に応じてモデルが選べるようになりました。私はiPad Pro11インチを使っています。

AmazonでApple製品を購入すると、商品によってはAmazonポイントが付き、公式サイトより安く買える場合があります。さらに、Appleの対象端末を購入時にAppleCare+も申し込めるようになりました。(購入ボタンの下にAppleCare+申し込みのチェックボックスがあります)Apple製品を購入する際は、必ずAmazonもチェックしてみましょう! AppleCare+とは、Appleが提供している保証とサポートが延長されるサービスです。

なぜこのモデルを選んだのかについては、以下の記事でまとめています。外にはあまり持ち歩かず、イラストを書くのがメインの方は、12.9インチがオススメです。Split ViewやSlide Overも12.9インチの方が使いやすいですね。

様々なシーンで大活躍!iPad活用法

スマートフォンともパソコンとも違う、iPadならではの楽しみ方や便利な使い方を、iPad使用歴の長いiPad大好きな私がご紹介します。読んだらちょっと欲しくなるかも?

安くても十分!iPadを守るためのカバー/ケース

iPadとApple Pencilを手に入れたら、いつでもどこでも安全に持ち運べるよう、iPadケースも手に入れておきたいですよね。以下の記事では、1000円以下でちゃんと「使える」Apple Pencilが収納可能なiPad Pro用ケース・カバーを紹介しています。

紙のような描き心地が実現!オススメの保護フィルム

お絵描き・イラスト制作アプリを使うなら、本物の紙に書いている感覚に近づける、ペーパーライクタイプのiPad保護フィルムもオススメです。

私が実際に試した保護フィルムを以下の記事で紹介しています。メーカーや紙のタイプによって書き心地がかなり違いますので、ぜひご参考ください。