買ってよかった?Apple Watch Series 5を使った正直な感想【Series 4から買い替え】

 2019.11.14  2019.11.28

Apple Watch Series 5発売当初は買うつもりは全くなかったんです。Series 4でとても満足していたし、Series 5のスペックを見ても、4とはそれ程大きな違いがなかったので、気にはなっていましたが、今回は買い替えは見送ろうと思っていました。

Series 3を使っていた時も同じことを考えていて、Series 4が発売されても心は全く動かなかったのですが、実際に店頭でSeries 4を触ってみたら、操作性や使い心地がかなり良くなっていたので、買い替えたんですよね。もしかしたらSeries 5でも同じ体験ができるかもと思い、やっぱり購入を決意!(購入迷いますよね〜…)

Series 3からSeries 4への買い替えは大正解だったのですが、Series 4からSeries 5への買い替えはどうだったのでしょうか?この記事では、Series 5の新機能や変更点を、私の感想を交えつつまとめてみました。

Apple Watchを初めて購入した経緯や一般的な機能・使い方については、以下の記事でご紹介しています。

Series 4と何が違う?Apple Watch Series 5の主な新機能をおさらい!

Apple Watch Series 5とSeries 4の比較画像

上の写真を見ると分かりますが、見た目や厚みはSeries 4と全く変わりません!重さもほぼ同じです。並べてみると、どっちがどっちか分かりません。使用していたためかSeries 4のバンドの色が若干濃くなっていますが、外観のSeries 4からの「買い替え感」は0です。

ここまで見た目が同じでは、よっぽどSeries 5に優秀な新機能が付いていないと買い替える意味がなくなってしまいます。それでは、Apple Watch Series 5の新機能にはどんな新機能が搭載されたのでしょうか?簡単にまとめると、下記になります。

Apple Watch Series 5の主な新機能とSeries 4からの変更点

  • 常時表示Retinaディスプレイ (New!)
  • コンパス内臓 (New!)
  • アルミニウム、ステンレススチールに加えて、新しい素材のチタニウムとセラミックが追加 (New!)
  • プロセッサがS4チップからS5へ
  • ストレージ容量が16GBから32GBにアップ

常時表示Retinaディスプレイで、時計がさらに見やすく!

一番の大きな変化は、「常時表示Retinaディスプレイ」です!今までのApple Watchは消費電力を抑えるために、しばらく動かなかったり画面を見なかったりすると画面が真っ黒になり、再び手首を動かすと文字盤が表示される仕組みだったのですが、Series 5ではいつでも文字盤が表示されるようになりました。

普通の時計なら当たり前のことですが、長い間Apple Watchを使っていると、使わないときは画面が非表示になるのが当たり前になってしまっていたので、これはかなり新鮮でした。

Apple Watch Series 5とSeries 4の比較画像|常時表示の違い
Series 4は使わないと非表示になるが、Series 5は表示したまま

「常時表示」ではありますが、電力節約のために動かない時は画面が少し薄暗くなります。文字盤によって表示方法が変わりますが、電力節約モード時も時間はきちんと見えるようになっています。

  • Apple Watch Series 5の常時表示Retinaディスプレイ(メリディアン)
    文字盤「メリディアン」のアクティブ状態
  • Apple Watch Series 5の常時表示Retinaディスプレイ|機密コンプリケーション非表示
    非アクティブ状態
  • Apple Watch Series 5の常時表示Retinaディスプレイ(数字・デュオ)
    文字盤「数字・デュオ」のアクティブ状態
  • Apple Watch Series 5の常時表示Retinaディスプレイ(数字・デュオ)
    非アクティブ状態

Apple Watch Series 5の常時表示Retinaディスプレイ(メリディアン)

Apple Watch Series 5 機密コンプリケーションの表示・非表示の設定

また、カレンダーや連絡先、アクティビティなどの文字盤に表示される個人情報は、時計を見ていない時には表示されないので、セキュリティー的にも安心です。

この個人情報(機密コンプリケーション)の表示・非表示は、Apple Watch側の「設定 > 画面表示と明るさ > 常にオン」の画面から設定が可能です。

コンパスで自分の位置情報がさらに正確に!

コンパスでは方角や高度、緯度、軽度を確認することができ、マップ上でも自分の向きが表示されるようになりました。アウトドアや旅行でも便利に使えると思います。

  • Apple Watch Series 5 コンパス
  • Apple Watch Series 5 コンパス

アルミニウム、ステンレススチールに加えて、新しい素材のチタニウムとセラミックが追加

私はいつも一番安いモデルを使っているので、あまり魅力は感じなかったのですが(汗)、時計としての存在感や高級感を求める方には魅力的なラインナップとなりました。

プロセッサの向上とストレージの容量アップ

プロセッサはS4からS5へ、ストレージ容量は16GBから32GBへアップしました。しかし正直なところ、処理速度が上がったようには感じませんし、Apple Watch側で多くの容量を必要とすることもないので、殆ど実感はありません…。

Apple Watch 5を実際に使ってみた感想

Apple Watch Series 4からSeries 5へ買い替えて良かった点と不満点をまとめました。私の場合、良かった点より不満点の方がインパクトが強く、より印象に残る結果となりました…。

Apple Watch 5の良い点

Series 5の目玉機能でもある「常時表示ディスプレイ」は、想像していたより便利だと感じました。購入する前は画面が黒くなることに慣れてしまい、特に不満も感じていなかったのですが、実際に身につけて体験してみると、「ああ普通の時計ってこんな感じだよね〜」と、時計としての当たり前の良さに気づきました。

例えば、パソコンで作業をしている時や自転車に乗っている時、満員電車などでは意外と手を動かすことが少ないので、Series 4では常に画面が黒くなっており、手首を動かさないと時間が確認できなかったんですね。でも、Series 5ではどんな状況でもチラッと時計に目をやれば時間が分かる。会議中でも、手首を動かしたりわざわざタップしなくてもチラ見できる。時計としては当たり前だけど、Apple Watchでは当たり前じゃなかったんですよね。

下の画像のように、音楽やワークアウトなどのアプリが動いている時に、時間が確認できるのも便利でした。

  • Apple Watch Series 5 アプリ起動中に時間が表示される
    音楽を聴いている時でも…
  • Apple Watch Series 5 アプリ起動中に時間が表示される
    時間が大きく表示される

Apple Watch 5の不満点

Apple Watch 5の不満なところは、バッテリーの持ち具合です。バッテリーの消耗が予想以上に速いと感じました。Appleでは、常時表示でも1日18時間と謳っており、確かに18時間は「持つ」のですが、Series 4の1.3倍位のスピードでバッテリーが減っていく感じです。アプリの通知は殆ど切っていますし、文字盤の種類やWatchOS6の影響もあるのかもしれませんが、充電する時にバッテリー残量を見ると何だか悲しくなります…。

Apple Watch 4の文字盤「インフォグラフ」
文字盤「インフォグラフ」

ちなみに、私は「インフォグラフ」という、一番多くのコンプリケーションを表示できる文字盤を使っています。電力節約のために文字盤を変更しないといけないなら、文字盤を選ぶ楽しみが減ってしまいます。容量も32GBに増えましたし、アプリもたくさん使いたいですよね!まぁ、それでも1日は持つから良しとするしかないのかな〜。

結局、買ってよかったの?

というわけで、私の感想を交えつつApple Watch Series 5の新機能をおさらいしてみました!私はSeries 4からの買い替えでしたが、買い替えてよかったか?と問われると、答えに詰まります。現在Series 3以下のユーザー、もしくは新規で購入する人にとっては、Series 5は自信を持ってオススメできますが、Series 4ユーザーは次のモデルを待っていても全然問題ないと感じました。

Series 5を使い始めた今、画面の常時表示のないSeries 4に戻りたいかといえば、多分戻りたくないと思うので、やっぱりSeries 5でよかったのかな?Series 5を体験しなければ、Series 4で十分、というのが私の意見です。

Apple Watchのシリーズ別オススメ

最後に、シリーズ別にオススメのApple Watchをご紹介します!AppleではSeries 4は既に販売終了していますが、Amazonなどのネット通販や中古ではまだまだ手に入ります。どのシリーズのApple Watchを買ったらよいか迷っている人の参考になれば幸いです。

Apple Watch 5はこんな人にオススメ!

文字盤の常時表示やチタンやセラミック素材などに魅力を感じ、時計としての価値を求める人にオススメ!

\ 常時表示Retinaディスプレイ!最新モデルSeries 5 /

Apple Watch 4はこんな人にオススメ!

現在の機能(最新WatchOS)をSeries 5より安く使いたい人にオススメ!5より若干値段が下がっています。

\ 最新モデルとほぼ同機能でお買い得!Series 4 /

Apple Watch 3はこんな人にオススメ!

予算はないけれど、Apple Watchの機能を体験してみたい人にオススメ!3でも十分便利に使えますし、約2万で手に入れられるので、入門機として◎。

\ 入門機として最適!お安くなってますSeries 3 /

他にもApple Watchについて色々書いています!