iPhone/iPadで子供の位置情報を確認する方法【ファミリー共有と「探す」アプリ】

お子さんがスマホを持つようになり、親と離れる時間が多くなると、「今どこにいるんだろう」と気になりますよね。ちゃんと習い事の場所に着いただろうか? 友達と遊んでくると言って家を出たけど、帰りが遅い。家の近くにいるのかな?などなど、心配はつきません。

そんな時に頼りになるのが、スマホのGPS機能です。親子ともにiPhoneを使っている場合は、「ファミリー共有」と「探す」アプリでお子さんの居場所が簡単に把握できます。

この記事では、親子がiPhoneを使っている場合にお子さんの位置情報を確認する方法をご紹介します。

子供の位置情報を確認できるようになるための流れ

位置情報の確認法は他にもあるかもしれませんが、この記事では、お子さんを「ファミリー共有」のメンバーに追加して、位置情報を共有する方法をご説明します。

お子さんを「ファミリー共有」のファミリーメンバーに追加すると、位置情報の共有ができるだけでなく、親のデバイスから子供のデバイスの「スクリーンタイム」をリモートで操作し、デバイスの機能制限や管理ができるようになります。

「ファミリー共有」による位置情報共有の流れ

  1. 親子のデバイスで「位置情報」をオンにする
  2. 子供を「ファミリー共有」のファミリーメンバーに追加する
  3. 「位置情報の共有」をオンにする
  4. 「探す」アプリで子供の位置を地図上で確認する

「位置情報」をオンにする

親子両方のデバイスで「位置情報」がオンにします。おそらく、デフォルトでオンになっているかもしれませんが、「探す」アプリがオンになっているのを確認しましょう。

ちなみに「位置情報」をオンにすると、アプリよってはバッテリー消耗が早くなるので、位置情報が必要ないアプリに関しては個別にオフにしておくとよいと思います。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:位置情報をオンにする

    1. 親子のデバイスで「設定 > プライバシー」をタップします。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:位置情報をオンにする

    2. 「位置情報サービス」をタップします。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:位置情報をオンにする

    3. 「位置情報サービス」をオンにします。画面を下へスクロールして「探す」アプリを探します。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:「探す」アプリの位置情報をオンにする

    4. 「探す」アプリをタップし、有効化されていることを確認します。これで、位置情報を利用して「探す」アプリが使える状態になりました。

子供を「ファミリー共有」に追加する

お子さんを「ファミリー共有」に追加するためには、子供用のApple IDを作成する必要があります。少し手間はかかりますが、後の管理がとても楽になるので、ここで設定を済ませておくことをオススメします。お子さんをファミリー共有に追加する方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

お子さんが「ファミリー共有」に追加されている前提で、以下の作業を進めます。

「位置情報の共有」をオンにする

「位置情報の共有」をオンにすると、お互いの位置情報を確認することができるようになります。相手に知られたくない場合の設定も可能です。

今回は、以下のリストの①「ファミリー共有」から「位置情報の共有」の設定を行なっていますが、②や③の方法でも最後にたどり着く画面が同じなので、設定は可能だと思います。(たぶん…)

「位置情報の共有」をオンにする方法

  • 「設定 > アカウント > アカウント > ファミリー共有 > 位置情報の共有」
  • 「設定 > アカウント > アカウント > 探す」
  • 「設定 > プライバシー > 位置情報サービス > 位置情報の共有」
  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:アカウントをタップする

    1. まずは親のデバイスから見ていきます。「設定 > アカウント」をタップします。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:ファミリー共有をタップする

    2. 「ファミリー共有」をタップします。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:位置情報の共有をオンにする

    3. 「位置情報の共有」をタップします。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:位置情報の共有をオンにする

    4. 初めて位置情報を共有する場合はこのような画面が出るので、「位置情報を共有」をタップします。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:位置情報の共有をオンにする

    5. 位置情報がファミリーメンバーと共有できるようになりました。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:「iPhone/iPadを探す」をオンにする

    6. 手順3の「位置情報を共有」をタップすると、位置情報の共有に関する設定画面が表示されます。まずは「iPhoneを探す」をタップしてみましょう。(iPadの場合は「iPadを探す」と表示されます)

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:「iPhone/iPadを探す」をオンにする

    7. 「iPhoneを探す」をオンにし、オフラインのデバイスを探すかどうかや、バッテリー残量が非常に少ない時に自動的に位置情報を送信するかどうかの設定をします。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:位置情報の共有を停止する

    8. 特定のファミリーメンバーに自分の居場所を知られたくない時は、手順6の画面でその人の名前をタップし、「位置情報の共有を停止」にします。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:位置情報の共有を停止する

    9. 共有を停止したメンバーの下に、画像のような文言が表示され、その人に自分の居場所が共有されなくなります。共有を再開したい場合は、名前をタップして再設定できます。

同じ要領で、お子さんのデバイスの設定も確認してください。これで、位置情報に関する一通りの設定は完了しました!(しているはず) 次は、Appleのデフォルトアプリ「探す」を使って、ファミリーメンバーであるお子さんの居場所を見てみます。

「探す」アプリで子供の居場所を確認する

親のデバイスのAppleのデフォルトアプリ「探す」を使って、お子さんが今どこにいるのか確認します。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:「探す」アプリを立ち上げる

    1. 「探す」アプリを立ち上げます。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:「探す」アプリを立ち上げる

    2. 初めて使う場合は、このような画面が出ます。「Appの使用中は許可」をタップします。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:「探す」アプリを立ち上げる

    3. 「続ける」をタップします。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:「探す」アプリで子供の位置を確認する

    4. 画面下部のメニュー「人を探す」をタップすると、ファミリーメンバーのメールアドレスと位置が地図上に表示されています。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:「探す」アプリで通知を設定する

    5. お子さんのメールアドレスをタップすると、よく行く場所に名前を付けたり、特定の場所に着いたら通知を送るといった位置情報に関する様々な設定ができます。ここでは、「通知」の設定をしてみます。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:「探す」アプリで通知を設定する

    6. お子さんの居場所によって自分宛に通知が来るように「自分に通知」をタップします。

  • iPhoneで子供の位置情報を確認する:「探す」アプリで通知を設定する

    7. 習い事などでひとりで外出するときも、通知が来ると安心ですね。

子供がAndroidを使っているなら、Googleファミリーリンクがオススメ!

お子さんがAndroidを使っている場合は、無料スマホ管理アプリの「Googleファミリーリンク」を使えば、アプリの管理画面でお子さんの位置情報を確認できます。このアプリを使えば、13歳未満のお子さんでもGmailのアカウントが作成できます。

Googleファミリーリンクの詳しい使い方は、以下の記事をご参考ください。

子供が安全にスマホを使うために親ができること

「スクリーンタイム」や「フィルタリングアプリ」で管理できないLINEの機能や、親子で決めておきたいスマホのルールなどについては、以下の記事でまとめています。全てを管理することは、物理的にも精神衛生的にも難しいので、お子さんとよく話し合って使い方を考えたいですね。