子供用携帯は「スマホ×格安SIM」がオススメ!大手3大キャリアのキッズケータイと比較してみた

この記事では、小学生の子供に持たせる携帯は、大手3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の「キッズ携帯」と、「スマホ×格安SIM」のどちらがよいか?について、自分の経験を元にまとめました。結論を先に書くと、下記のようになりました!

結論長期的に考えると、小学生向けの携帯は、スマホ(Android)とLINEモバイル の組み合わせが安くて最強。しかし、子供向けのフィルタリングをしっかり設定し、使い方のルールをきちんと話し合う必要はあり。

私自身、大手キャリアのキッズケータイかスマホかでかなり悩んだので、両者のメリット・デメリットや料金についてもまとめています。

  • 子供に持たせる携帯で、大手キャリアのキッズケータイかスマートフォン(スマホ)か悩んでいる
  • 子供がスマホを使うことに不安がある
  • 大手キャリアのキッズケータイのメリット・デメリットが知りたい
  • 子供が使う場合のスマホのメリット・デメリットが知りたい
  • 子供が使うスマホで、AndroidかiPhoneかで悩んでいる
  • 子供のスマホでオススメの格安SIMが知りたい

という人のために、数多くある意見のひとつとして参考になると幸いです!

初めての子供の携帯で何を使えばよいのか、めちゃくちゃ悩んだ

我が子が小学四年生になり、ついに学童を卒業しました!それと同時に、ずっと気になっていた「子供に携帯は必要か?」問題に直面する時がやってきてしまいました。

我が子の周りでも、小学校三年生位からキッズ携帯を持ち始めてる子がチラホラと出てきて、お母さん方と雑談する時も「子供用の携帯、どうしますか〜?」という話が上がってくるように。

今までは、私が仕事をしている約9年もの間、保育園や学童の先生方に我が子を見ていただきました。これからは夏休みといった長期季節休暇や、放課後や休日に友達と遊ぶことも増えていくことを考えると、子供がどこで何をしているのか、危ない目にあっているのではないかと、やっぱり気になりますよね

我が家でも学童卒業を前に、子供に携帯を持たせることを考え始めましたが、種類や選択肢が多すぎてすぐには決められませんでした。大手キャリアから出ているキッズ携帯、スマートフォン、スマートフォンならどんな機種?アプリ制限やGPS追跡はできるの?などなど、調べることが山盛りで、一時は思考停止に…。

お金がかかることに関しては、とても慎重になる性格なので、大手キャリアのキッズケータイとスマホを使った場合のメリット・デメリットや料金を徹底的に比較してから、「スマホ(Android)×LINEモバイル(格安SIM)」に決定!その際に調べたことをご紹介していきます。

子供に持たせるなら、ドコモ・au・Softbankのキッズ携帯とスマホ、どっちがいい?

まず、親の携帯が3大キャリア(ドコモ・au・Softbank)か格安SIMかで、キッズ携帯の選択肢が変わってきます。ちなみに、私たち夫婦はSIMフリーのiPhoneと格安SIM(フリーテル)を使用しています。

親が3大キャリアの場合は、各キャリアが提供しているキッズ携帯を検討すると思いますが、どのキャリアのキッズ携帯も似たような携帯端末と通信プランで、Softbankが若干安いかな?という印象でした。 ※以下は、執筆時点での情報です。今後変更される可能性があります。

ドコモ・au・Softbankのキッズ携帯の特徴

3大キャリアのキッズ携帯は、保護者と必要最低限のコミュニケーションができる仕様で、防犯ブザーが付いているのが特徴です。(スマホでも防犯ブザーアプリは有り)ブラウザでインターネットはできません。

3大キャリアキッズ携帯の基本的機能

  • 防水・防塵・耐衝撃
  • GPS機能
  • メッセージ送信機能
  • 通話機能
  • 防犯ブザー

3大キャリアキッズ携帯の月額使用料もほぼ同じで、端末は1万〜2万円の間です。1ヶ月に払う料金は、端末代(24回払いの場合)+月額使用料+通話料(契約者家族以外)+SMS/MMS通信料(Softbankは無料)+オプション(GPS追跡機能など)となります。

キャリア ドコモ au Softbank
機種 キッズケータイ SH-03Mキッズケータイ F-03J
mamorino4
mamorino5
キッズフォン2
キッズフォン
みまもりケータイ4
機種代金
(24回払い有)
・SH-03M
14,256円
・F-03J
10,368円
16200円 ・キッズフォン2
18,000円
・キッズフォン
12,000円
・みまもりケータイ4
12,240円
月額使用料
(2年契約の場合)
500円(キッズケータイプラス 500円(ジュニアケータイプランN 490円(基本プラン(みまもりケータイ/キッズフォン)
解約金 2年以内に解約すると9,500円
年齢制限 12歳以下 小学生以下 13歳以上の子供は1ヵ月目より基本料1,990円かかる
通話 家族間無料、それ以外:20円/30秒 家族間・1回5分以内:すべての国内通話無料
それ以外:20円/30秒
SMS/MMS通信料 3円/1通(送信)、受信無料 無料
GPS機能 月額使用料:200円
検索料:5円/回
イマドコサーチ
月額使用料:300円
安心ナビ
月額使用料:200円
検索料:5円/回
位置ナビ
海外使用 不可

ドコモ・au・Softbankのキッズ携帯のメリット

3大キャリアのキッズ携帯を色々と調べて、まずいいなと思ったことは、子供側の使える機能が少ないことです。通話とメッセージ送受信以外はほぼ何もできません。もちろん、ブラウザでネットサーフィンもできない。小学生にもなると知恵がついてきて、Youtubeやネットで検索など、環境があればいくらでもできてしまいます。同じキャリアの家族間通話が無料なのも嬉しい。

    メリット

  • 子供向けのデザインで、小さい子でも操作しやすい
  • できることが少ないので、面倒な設定が不要
  • インターネットができないので、フィルタリング不要
  • 親が同じキャリアの場合、家族間通話料が無料

ドコモ・au・Softbankのキッズ携帯のデメリット

私達にとっては、3大キャリアのキッズ携帯はメリットよりデメリットの方が多かったです。まず、親の携帯が3大キャリアでないと、キッズ携帯の恩恵を受けられないというのが一番のデメリットです。

今子供がどこにいるかをすぐに確認できるGPS機能は、キッズ携帯には必須です。しかし、親が3大キャリア以外だとGPS機能は使えず、家族間通話も有料となってしまいます。親が契約者でも、GPS機能は有料オプションです。

子供用の通信プランは500円前後と安いですが、2年以内に解約した場合は9,500円の違約金が発生します。家族全体での料金を見ると、かなり割高に。せっかくスマホの通信料を節約するために格安SIMにしたのに、3大キャリアのキッズ携帯を使うために親が乗り換えるのも本末転倒です。

また、3大キャリアのキッズ携帯利用には年齢制限があります。キッズ携帯と子供向け通信プランは小学生までが対象となっています。子供が小学四年生だと、あと3年しか使えない…。中学生ともなると、周りの影響などもあり、スマホに買い換えることも出てくるでしょう。

デメリット

  • 子供向け通信プランは年齢制限がある(小学生まで)
  • GPS追跡機能は有料
  • SMSの送信量が有料
    →子供は電話よりメッセージを使う方が圧倒的に多いです。
  • 2年縛りの違約金あり

子供がスマホを持つメリット・デメリット

3大キャリアのキッズ携帯の傾向が掴めたところで、じゃぁスマホはどうなの?子供にスマホを持たせるって心配じゃない?という疑問が出てきます。

スマホといえば、YoutubeやインスタグラムなどのSNSなど、大人が使うアプリもガンガン使えてしまうので、そのままでは子供にはあまりよろしくないのですが、ありがたいことに、スマホの機能を制限するフィルタリングアプリが色々と出ています。(開発者さん、ありがとう〜!)また、格安SIMも種類が多くあり、年齢やライフスタイルに合わせて随時調整していくことが可能です。

子供がスマホを持つメリット

上述の通り、スマホならフィルタリングアプリを使用して、年齢に合わせて機能制限を調整できます。フィルタリングアプリの機能制限については後述しますが、アプリがあれば3大キャリアのキッズ携帯とほぼ同様の機能・制限が可能です。

子供がスマホを持つメリット

  • 3大キャリアの2年縛りがない(規約は各格安SIMによる)
  • フィルタリングアプリでスマホの機能を制限できる
  • 年齢に合わせて機能を緩められるので、小学生以降も長く使える
  • 年齢や使用目的に合わせて格安SIMが選べる
  • 海外でも使える(SIMは別途調達)

子供がスマホを持つデメリット

スマホのデメリットは本来のメリットでもあるのですが、3大キャリアのキッズ携帯とは違い、何でもできてしまうことでしょう。Youtube、ゲーム、SNSなど、子供が夢中になるアプリがいつでもどこでも使えてしまいます。しかし、これらはフィルタリングアプリを使用すれば防げます。

できることが多いだけに、機能を制限したり、アカウントの設定をしたりと、子供が使える状態にするまでちょっと手間がかかります。スマホも色々な種類があるので、選ぶ時間もかかります。そういうのがちょっと苦手という方には面倒に感じてしまうかもしれません。

特に低学年の子供がスマホを使う場合は、機能制限と使用ルールを決めることが大事となってきます。具体的な内容については、「【子供のスマホ】安全に使うために親子がやるべき事まとめ!【機能制限の設定と我が家のルール】」が参考になるかもしれません。

子供がスマホを持つデメリット

  • スマホを子供用に機能制限するために、少し手間と時間がかかる
  • スマホの機種を選ぶのが面倒

子供にオススメのスマホは、iPhoneより経済的なAndroid

スマホといえばiPhoneが有名ですが、子供に持たせるには高価過ぎるので、我が家ではSIMフリーのAndroidを使うことにしました。Androidなら1万前後からAmazonなどで購入できますし、中古のスマホ、親が使っていたお下がりのスマホ等、お財布と相談しながらスマホを選んでもいいですね。格安SIMとの抱き合わせで安く使えるスマホもあります。

我が家の場合は、後述する格安SIMのLINEモバイルに新規加入すると無料でもらえた、HUAWEI nova lite 2を選びました。

LINEモバイルでも端末は販売しており、分割払いで経済的な負担を減らすこともできるので、LINEモバイルの販売端末ページでチェックしてみましょう!時々お得な割引キャンペーンもやってます。

1万円辺りなら、こんなAndroidもあります。

スマホなら海外でも安く使える

そして、SIMフリーのスマホであれば、海外旅行でも安く使えるのも便利です!「レゴランド・カリフォルニアは子供も大人も楽しめる巨大テーマパークだった!【子連れLA旅行】」で書きましたが、LAに行った時に、現地で格安SIMを調達し、問題なく使用できました。海外用のSIMはAmazonでも事前に購入可能です。

子供に持たせなくても、大人が使えますし(もちろん、機能制限は解除して) 、使い方を自由にカスタマイズできるのが、SIMフリースマホの魅力です。

さらに!親がApple Watchを持っていれば、子供からのメッセージをすぐに確認できて便利です。Apple Watchとスマホの相性は抜群!Apple Watchは子育て世代にもかなりオススメです。

子供向けスマホにオススメの格安SIMは「LINEモバイル」

スマホはAndroidと決まったら、残るは「どの格安SIMを使うか」ですよね。ネットでも色々な情報が飛び交っていますが、データ通信でもLINEが使い放題で、月額600円からプランが用意されているLINEモバイルにしました!

LINEモバイルに決めた理由は、全プランでLINEアプリのデータ消費量がゼロ(データフリー)なので、通信量を気にせずトークや通話ができるからです。

我が子は時々親のスマホのLINEでメッセージを送ったりしていたので、LINEでのやりとりには慣れていましたが、ひらがなが書ける小学生なら、何の問題もなく使えちゃうと思います。

子供のスマホで利用しやすいLINEモバイルの特徴

  • 月額600円から始められるので、ファーストスマホとして使いやすい
  • 全プランでLINEアプリの利用はデータ通信量ゼロで使い放題。データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)対象サービスの通信速度は落ちない
  • PTA推奨の子供向けフィルタリングアプリ「i-フィルター」の利用が無料(他会社では有料)
  • 前月分のデータ通信量の繰り越しや、データの追加購入が可能
  • LINEモバイル利用者同士で、データ通信量をプレゼントできる
  • 契約者と利用者を分けることができる
    →契約者は親、利用者は子供と設定することで、支払いなどの重要な設定に触れさせることなく操作できる

実際に我が子が約1年近く使ってみて分かったLINEモバイルのメリット・デメリットについては、以下の記事で詳しくまとめていますので、ぜひご参考ください。

子供にオススメのLINEモバイルの料金プランは?

先ほど書いたように、最安のプランは月額600円ですが、月額600円プランはデータ通信のみで、LINE以外での通話や119などの緊急連絡はできません。保護者とLINEだけでやり取りするならOKですが、もしかすると、LINEのない祖父母の自宅や学校に電話をかける場面もあるかもしれないと思い、私たちは電話番号が付いている音声通話SIMを契約しました。

子供にオススメのプランは、以下の記事で詳しくご紹介しています!

LINEモバイルのキャンペーンで安く始められる今がチャンス!

私が量販店に行った時は、LINEモバイルに新規加入すれば、Androidが無料になるキャンペーンをやっていたので、機種に特にこだわりがなかった私たちは即決定。いつも何かしらのお得なキャンペーンをやっているので、LINEモバイルのサイトで確認してみてくださいね。

\ 子供のスマホにオススメの格安SIM! /

Amazonや楽天でも買える!LINEモバイルの初期費用がお得になる「エントリーパッケージ」

LINEモバイルは公式サイトからも申し込めますが、エントリーパッケージを購入してから申し込みをすると、初期費用が抑えられてお得になります。

エントリーパッケージとは、Amazonや楽天、ヨドバシカメラ等のサイトや店舗で購入できる、エントリーコードが記載された紙のパッケージです。このエントリーコードをLINEモバイルのサイトの申し込みの際に入力します。

LINEのエントリーパッケージはLINEモバイルのサイトの上部メニューにある「サポート > 申込前の確認・機能の紹介 > エントリーパッケージ」からも購入できますし、Amazon等からも直接購入できます。

LINEモバイルの公式サイトでエントリーパッケージを購入する

LINEモバイルのエントリーパッケージを購入後、LINEモバイルの申し込みページで必要事項を記入し、本人確認と申し込みが完了するとSIMカードが送られてきます。Amazonではレビューもたくさんあるので、読んでおくと安心です。キャンペーンとの併用など気になるところはサポートに問い合わせてみましょう。

LINEモバイルのサイトで購入手続きから設定まで行えるので、わざわざ店舗に行かなくても大丈夫!

スマホを子供向けに設定する方法

LINEモバイルと契約し、SIMをAndroidにセットしてやっと使えるようになった子供用スマホですが、そのままの状態では、アプリやネットは使い放題、子供がどこにいるかも分かりません。子供にスマホを渡す前にやっておくべきことがいくつかあります

例えば、フィルタリングアプリのインストールや、子供がよく使うLINEの設定、また、親子でスマホの使用ルールを話し合うことも大切です。

フィルタリングアプリとは、有害なサイトをブロックしたり、子供の居場所をGPS機能で確認したり、アプリのダウンロードやスマホの使用時間を制限したりできる、子供向けスマホには必須のスマホ管理アプリです。

LINEモバイルの特徴でも少し触れましたが、有料・無料含めて様々なフィルタリングアプリが出ているので、ライフスタイルに合ったアプリを使い、自由度が高いスマホだからこそ、子供と共にルールを決めながら安全に使用していきたいですね。

子供ができるだけ安全にスマホを使うために、私たちができることを以下の記事でまとめましたので、ぜひご参考ください。オススメのフィルタリングアプリや、子供には必須のLINE設定方法も紹介しています!

まとめ

ドコモ・au・Softbankのキッズ携帯を使わなくても、SIMフリーのスマホと格安SIMで子供向けのスマホが作ることができますが、上記のようなフィルタリングアプリに加えて、Google chromeの「セーフサーチ」を有効にする、LINEの設定を見直す、iPhoneなら「スクリーンタイム」の設定をする等、子供と話し合ってルールをきちんと確認しておくことが大事です。

スマホデビューした小4の我が子のスマホは今のところ、フィルタリングアプリで機能をかなり制限しているので、親とのLINEと通話位しかできないようになっています。時々持ち忘れたりして、永遠と居場所が「自宅」になっていることがありますが(←キッズスマホの意味ない)、特に大きな問題もなく、親子共々快適に使えています。

  • キッズ携帯の費用を安く抑えて節約したい方
  • 子供の成長に合わせて長く使いたい方
  • 親のスマホが3大キャリア以外の方

上記に当てはまる方は、「SIMフリーのスマホ×格安SIM(LINEモバイル)」の組み合わせがオススメです!

\ 子供のスマホにオススメの格安SIM! /