【着画レビュー】Apple Watch Series 7に買い替えてよかった?Series 6/SEと比較した結果

【着画レビュー】Apple Watch Series 7買い替えてよかった?Series 6/SEと比較した感想

あまり期待していなかったApple Watch Series 7。意外とよかったよ!

やっぱり買っちゃいました、Apple Watch Series 7!今まで使っていたSeries 6でも不満はなかったので、Series 7への買い替えは正直悩みました。

思い起こせば、Series 4Series 5への買い替えも悩んだのですが、不思議なことに、大した違いがないように思えても、実際に新モデルを使ってみると「買ってよかった」と思うことが多かったので、今回もあまり期待せずに買ったのですが、自分が思ってた以上に気に入っています。

本記事では、Series 7で大きく変わった点をさらっとおさらいした後に、実際に着用した画像やサイズ比較画像を、約3週間経った感想と合わせて紹介します。

\ 急速充電&表示領域が拡大!最新モデルSeries 7 /

【Apple Watch Series 7】3つの大きな変更点

Series 7の3つの大きな変更点をさらっと紹介します。先に着画をみたい方はこちらへジャンプ

Series 7の3つの大きな変更点

  • Apple Watch史上、最大かつ頑丈なディスプレイ
  • 常時Ratinaディスプレイがより明るくなった
  • Series 6より最大33%速い急速充電

Apple Watch史上、最大かつ頑丈なディスプレイ

Apple Watch Series 7とSeries SE、Series 3のサイズ比較

Series 7のケースが「40mm」から「41mm」、「44mm」から「45mm」へとサイズが1mm大きくなりました。バンドは前モデルと同じサイズを利用できます。

ディスプレイの黒縁部分はさらに細くなり、表示領域も拡大。縁部分を40%削減し、Series 6からは約20%、3からは50%以上拡大したとのことなので、かなりの大きな変化です。

最強の前面クリスタルによる耐亀裂性能や、IP6X等級認定の防塵性能で、ディスプレイの耐久性も向上。子供との砂遊びや埃の舞う掃除も気兼ねなくできそう。とにかくかなり頑丈そうな印象です。(それでも気をつけたほうがよいとは思いますが) 

常時Retinaディスプレイが70%明るくなった

「常時Retinaディスプレイ」は手首を上げたりタップしなくても情報を見ることができる機能で、Series 5から追加されました。

「そんなの当たり前じゃない?」と思われる方もいるかもしれませんが、Series 3以前は、しばらく動かなかったり手首を下ろすとスリープ状態になり、画面が黒くなる仕様だったのです。その「常時Retinaディスプレイ」が屋内でも70%も明るく見えるように。

これは前のモデルと比較しないと分かりづらいのですが、確かに言われてみれば、という感じです。通常の表示も解像度が上がったせいか、より明るくはっきりと見えます。

Series 6より最大33%速い急速充電

私は睡眠記録をつけているため、お風呂に入っているときに充電をしているのですが、以前よりも若干早く充電が完了するようになりました。公式によると「約45分でバッテリーを0から80%まで充電」とのこと。速いに越したことはないですね。

バッテリーの持ちについて書いておくと、私の場合は22:30頃フル充電のApple Watchを着けて、翌日お風呂に入る前の20:30頃に充電を始めるのですが、その時点でのバッテリー残高は25%位です。公式では最大18時間となっているので、まぁこんなものかな。

先日バッテリー残り23%で20:45に充電を開始したら、22:10にフル充電完了でした。

Series 7とSeries 6(5/4/SE)のサイズ比較

さて、ここからが本題です!Series 7の大きな変更点として、ディスプレイのサイズUPと表示領域の拡大がありますが、どのくらい大きくなったのか気になりますよね。

今回は女性がSeries 7の「41mm」とSeries 6の「40mm」、男性がSeries 7の「45mm」とSEの「44mm」を実際に着用して、各サイズを比較してみます。

Series 7の41mmと45mmのサイズ比較は、以下の記事をご参考ください。

Series 7 Series 6 (SE/5/4) Series 3
ディスプレイ 41mm/45mm 40mm/44mm 38mm/42mm
解像度 【41mm】352 x 430ピクセル
【45mm】396 x 484ピクセル
【40mm】324 x 394ピクセル
【44mm】368 x 448ピクセル
【38mm】272 x 340ピクセル
【42mm】312 x 390ピクセル
縁幅 1.7mm 3mm 4.5mm

Apple Watch Series 7のバンドの長さは2種類
短い方のバンドのひとつはどこ行った?(笑)

ちなみに、長さ違いのバンドが2種類入っているので、どのケースのサイズを選んでも腕周りの心配はありません。

女性がSeries 7の「41mm」とSeries 6の「40mm」を着けるとどんな感じ?

(女性が着用)Apple Watch Series 7着画レビュー!Series 6/SEと比較

  • (女性が着用)Apple Watch Series 7着画レビュー!Series 6と比較
  • (女性が着用)Apple Watch Series 7着画レビュー!Series 6と比較

ケース本体のサイズの差は「1mm」です。着用する前は「1mmなんてそう変わらないのでは」と思っていたのですが、表示領域が広がったおかげで、かなり見やすくなったと思います。Series 6を見慣れた目でふとSeries 7を見ると「お、やっぱり大きい」と感じます。

両方とも同じ明るさに設定していますが、Series 7の方が若干明るく見えますね。

Apple Watch Series 7着画レビュー!Series 6と比較

特にパスコードは数字が打ちやすくなり、やや老眼気味の私には助かります。

Apple Watch Series 7着画レビュー!Series 6と比較(計算機)

小さな差ですが、数字も若干見やすくなりました。

Apple Watch Series 7着画レビュー!Series 6と比較(リマインダー)

コンテンツが縁ギリギリまで広がるので、情報もパッと目に入ります。

Apple Watch Series 7着画レビュー!Series 6と比較(写真)

この写真だと分かりにくいですが、解像度も上がっているので、画像もよりはっきり見えます。

男性がSeries 7の「45mm」とSEの「44mm」を着けるとどんな感じ?

(男性が着用)Apple Watch Series 7着画レビュー!SEと比較

  • (男性が着用)Apple Watch Series 7着画レビュー!SEと比較
  • (男性が着用)Apple Watch Series 7着画レビュー!SEと比較

ちょっとごつめの男性の腕に着用したSeries 7とSEの比較です。Series 7の方はフォントを太字にしたので、数字が太くなっています。

Apple Watch Series 7着画レビュー!SEと比較

こうして並べてみると、ケース自体のサイズUPよりも、黒縁が細くなったことでディスプレイの視認性がかなり上がっていますね。

Series 7以外のサイズ比較

Series 7以外のApple Watchのサイズ比較は、以下の記事でまとめています。着画もたくさん載せていますよ!

Series 7の新色「スターライト」ってどんな色?シルバーとの比較

Apple Watch Series 7のスターライトとSeries 6のシルバーを比較

普段身につけているゴールド系のアクセサリーに合わせて、Apple Watchもゴールド系にしたいところですが、Apple Watchのゴールドはピンク系だったり高額なステンレスだったりと、お手頃価格でアクセサリーに合うイエローゴールドがないのが不満でした。

Apple Watch Series 7のスターライトとSeries 6のシルバーを比較

今回のアルミの新色「スターライト」は、ぱっと見シルバーなのですが、シルバーを隣に置いて比べるとやや黄色みがかっていて、私の中ではゴールドまでは行かない「シャンパン」色と呼ぶのがしっくりきます。肌馴染みがよく、控えめに優しく光るので、イエローゴールド系のアクセサリーの中でも浮きません。

スターライトのケースにシャンパン色のバンドを合わせてみた

Apple Watch Series 7のスターライトとイエローゴールドを比較。シャンパン色のバンドを付けてみた

この微妙な色合いのスターライトに合うバンドってどんな色だろう?と考えていたのですが、以前Amazonで買ったシャンパン色のミラネーゼループをつけてみたら、結構いい感じじゃないですか!

Apple Watch Series 7のスターライトとイエローゴールドを比較。

ちなみに、イエローゴールド系のミラネーゼループををつけるとかなり華やか感じで、これはこれでありかな?とも思えます。

  • Apple Watch Series 7のスターライトにシャンパン色のバンドを付けてみた
  • Apple Watch Series 7のスターライトにイエローゴールドのバンドを付けてみた

シルバーにシャンパンやイエローゴールド系のバンドをつけると少し違和感を感じるので、スターライトはやっぱりややゴールド系なのかな?今回は良い仕事をしてるぞApple!

思っていた以上に上品な発色で気に入った!

ゴールド好きには少しパンチが足りない色かもしれませんが、シルバー派の人でも違和感なく着けられそうです。

Apple Watch Series 7のスターライトにシャンパン色のバンドを付けてみた

というわけで、早速Amazonでシャンパン系のバンドを購入して着けてみました!ケースとフレームの色の差は多少ありますが、個人的には許容範囲です。Amazonや楽天ではリーズナブルなバンドがたくさん見つかりますよ〜。

Apple Watchレザーリンクバンドの新色「ゴールデンブラウン」

Apple Watchバンドの新色:ゴールデンブラウンレザーリンク着画

Series 7に合わせて、レザーリンクの新色「ゴールデンブラウン」を買ってみました!Appleのサイトで見た時は、エルメスのような色合いを想像していましたが、思ってた以上にオレンジ寄りで「これ、ブラウンか…?」とちょっと後悔しそうになったのですが。

Apple Watchバンドの新色:ゴールデンブラウンレザーリンク着画

実際にしばらく身につけていると、不思議と「結構いいかも」と思うようになり。オレンジっぽいけどオレンジではない、言われてみればやっぱりブラウン系かも、と思うような不思議な色です。モノトーン系の服でのアクセントにも◎。

Series 7の新しい文字盤

Apple Watch Series 7のスターライトにシャンパン色のバンドを付けてみた

Series 7では、細い黒縁を生かした画面いっぱいの新しい文字盤も追加されています。

結局、買ってよかったの?Series 7を実際に使ってみた感想

Series 6でもストレスなく事足りていたので、Series 7の購入は見送ろうかなと思っていたのですが、サイズUPが気になり、結局我慢できずに買ってしまったわけですが。

使えば使うほど「Series 7の画面は見やすくてラク」と感じるようになりました。老眼に片足を突っ込んでいる私にとって、表示が大きくはっきりと見えるのは本当に気持ちがよいもの。たった1mmだけではほとんど何も変わらないだろうと思っていましが、細くなったベゼルと組み合わさり、Series 3から使っている私にとっては過去最高の心地よいサイズと表示に。

実際にSeries 6と並べて比べないと分からない変化が多いので、Sereis 6で十分な人はわざわざ買い替えなくてもよいと思います。Series 4以前のユーザーならはっきりと「買い替えてよかった」と思うかもしれません。初めて買う方や予算を抑えたい方で現行モデルから選ぶなら、コスパの高いSEもおすすめです。

次のモデルでは、薄型でフラット・シャープなデザイン、バッテリーの持続時間を大幅にUPしてほしい…。

Apple製品はAmazonで購入するとお得!

AmazonでApple製品を購入するとAmazonポイントが付き、公式サイトよりお得に買える場合があります。さらに保証とサポートが延長される「AppleCare+」も申し込めるようになりました。Apple製品を購入する際は、必ずAmazonもチェックしてみましょう!

Apple製品をお得に買う方法を以下の記事でまとめています。

Apple Watchの現行モデルは、Series 7/SE/Series 3となっています。

\ 急速充電&表示領域が拡大!最新モデルSeries 7 /

\ 入門機として最適!お手頃価格のSeries 3 /

他にもApple Watchについて色々書いています!