運動が続かなかった私が「無理なく」習慣化できた7つの方法

運動が続かなかった私が「無理なく」習慣化できた7つの方法

運動は体に良いと分かっていても、毎日続けるのは難しいですよね。在宅勤務歴10年以上の私も、運動不足で体が弱っているのを感じつつ、なかなか運動習慣が身に付かず、悩んでいました。

しかし、2年前に体調を崩したのをきっかけに、真剣に体のことを考えるようになり、ここ1〜2年は良いペースで運動を続けることができています。定期的な運動のおかげで、スッキリとした頭と体で仕事に向かうことができて、寝つきが悪かった夜もよく眠れるようになりました

この記事では、私が実際にやって効果を感じている「運動を継続・習慣化させるコツ」と、継続をサポートしてくれるサービスやアイテムをご紹介します。

私は在宅勤務なので、外勤の方は少し難しい部分もあるかもしれませんが、新型コロナウィルスで在宅勤務を始めた人や、無理なく細く長く運動習慣を身に付けたい人は参考になるかもしれません!

運動時間をあらかじめスケジュールに組み込む

運動を継続・習慣化するコツ:運動時間をあらかじめスケジュールに組み込む

運動を行う時間を決めて、あらかじめスケジュールに組み込みます。空いた時間で運動をしようとすると、別のことをやってしまったりと、なかなか習慣化できないからです。

スケジュールに「打ち合わせ」が入っていたら、必ず打ち合わせをしますよね?運動をひとつの「仕事」として取り組むのです。

手帳やアプリ、Googleカレンダーなど、普段自分が使っているツールで運動の予定を入れてしまいます。そして、運動の時間が来たら、今やっていることから離れて、強制的に運動を始めます。タイマーを使ってもいいです。

ジムに行くなら、前日や朝に持ち物一式を用意して玄関に置いておきます。時間が来たら、荷物を持ってそのままジムへ。ここで何も考えてはいけません。「時間が来たら何も考えずに体を動かす」のみ!

私の仕事は、まずヨガマットを敷くことから始まります。就業前に必ずヨガ・筋トレをやり、昼前に30分ウォーキングをします。今は新型コロナウィルスの影響で学校が休校中なので、子供達の運動不足解消のため、一緒にウォーキング。昼食前は午前中の仕事の疲れが出る頃なので、良いリフレッシュ&気分転換になります。

3週間〜1ヶ月程続けると、運動しないと体が気持ち悪く感じるようになり、自然と体を動かしたくなるはず…!

普段から動きやすい格好をする

運動を継続・習慣化するコツ:普段から動きやすい格好をする

在宅勤務だと、どんな格好で仕事をしたらよいか悩むかもしれませんが、在宅勤務歴10年以上の私がたどり着いた答えは、「運動しやすい格好」です!着替えるのが面倒で運動をやりたくなることがあるので、初めから運動へのハードルを下げてしまいます

私は、いつでも運動がしやすいように、下はスウェットやジョガーパンツ、上はストレッチの効いたカットソーを着ることが多いです。コンビニに行くのが恥ずかしくない程度の「ワンマイルウェア」は、ユニクロや無印で安く調達が可能です。

海外で流行った「アスレチック(athletic)」と「レジャー(leisure)」を組み合わせたスポーティーなファッション「アスレジャー」のイメージです。

外勤の方だと難しいと思いますが、歩きやすいスニーカータイプの靴が履けると、次に紹介する「小さな運動」がしやすくなると思います。

移動手段を徒歩に変える

運動を継続・習慣化するコツ:移動手段を徒歩に変える

一駅分步く、エレベータをやめて階段を使う、自転車やバスを徒歩にする、というように、普段の移動手段を「徒歩」に変えて「小さな運動」を積み重ねていきます。毎日やると、結構な運動量になります。

私の家は駅から遠く、徒歩20分程かかるので、普段は自転車を使っていたのですが、今は時間が許せば步くようにしています。駅に行って帰るだけで往復で40分のウォーキングができるなんてラッキーですよね!

雨が降る日も、前なら「自転車に乗れない」と嘆いていましたが、今では「歩けてラッキー」とすら思えるように。

毎日継続可能なボリュームで、少しずつ積み重ねていくのがポイントです。初めから長時間・高負荷をやろうと思うと続きません。小さな運動で体が慣れてくると、段々と強度の高い運動をやりたくなってくるので、焦らなくて大丈夫です!

「小さな運動」だと運動した気にならないという人がいるかもしれませんが、これらの運動をスマートフォンやスマートウォッチなどで記録して可視化すると、自分の体に確実に影響を与えていることが分かります。詳しくは次章で!

運動を記録してデータ・可視化する

運動を継続・習慣化するコツ:運動を記録して可視化する

運動するときにオススメなのが、「運動の記録をつける」ことです。

なんとなく運動をしていると、どの位の時間やカロリーが消費されているのか分からず、なかなか効果が出ないことに対して焦ったり、「運動の意味あるのかな?」なんて思ってしまったりするかもしれません。

運動の記録がデータとして可視化されると、「今日はがんばったな」「もう少し強度を上げてみよう」など、自分を客観的に見ることができて、モチベーションが上がります。「体重マイナス○kg」「体脂肪率○%」という数字で目標を立てている場合にも役立ちます。

私が使っているApple Watchでは、自動的にデータが収集され、天気や心拍数なども確認できるので、総合的な健康管理としてかなり役に立っています。Apple Watchについては、この記事の最後の方で改めてご紹介します!

運動をすることで得るメリットを思い浮かべる

運動を継続・習慣化するコツ:運動をすることで得るメリットを思い浮かべる

運動を続けることによって、どのような自分になるのかをイメージするのも、運動を継続・習慣化するために大事なことだと思います。

ダイエットが目的なら、痩せた後の自分や生活を想像して、痩せたらやりたいことなどを明確にします。

ちなみに、私の今の目標は、「健康寿命を長くし、足腰を鍛えて年取っても、自分の足で歩く」です。なんだか年寄り臭いですが(笑)、体調が良い状態で少しでも長く仕事を続け、人生を楽しみたいという、かなり長期的な目標なので、「継続」が大事なポイントになっています。

体力がつき筋肉が増えると疲れにくくなり、色々なことを面倒くさがらずに挑戦しやすくなるというメリットもあります。

気分が乗らない時は無理しない

運動を継続・習慣化するコツ:気分が乗らない時は無理しない

運動することがストレスになると、続くものも続きません。「今日はやると決めたから、絶対にやらなくては」と真面目に取り組もうとするほど、ストレスに感じることが増える場合も。気分が乗らない時は無理せず、運動を休む方が「心の健康」のためにもよいです。

運動を休む場合は、理由を考えてみるのもよいかもしれません。

なぜやる気にならないのか?どこか体調が悪いのか?他に気になることがあるのか?などなど、自分を見つめ直したり、現状を把握するのに役立ちます。そして、次はいつやるかも一緒に考えておくと、大きな罪悪感を抱かずにすみます。

オンラインフィットネスのサービスや、運動の継続・習慣化を助けるアイテムを使う

義務感だけで運動をするとストレスがたまり、続けることが苦痛になってしまいます。「飽きずに楽しく」運動が続けられる環境を整えることも大事です。

そんな運動環境を整えてくれる、私が実際に使っているWebサービスやアイテムをご紹介します!

オンラインフィットネス・オンラインヨガサービス

オンラインフィットネス・オンラインヨガサービス

現在人気急上昇中のオンラインフィットネス・オンラインヨガは、好きな時間に自宅でできるので、忙しくてジムに行けない人や、隙間時間で効率的に運動をしたい人、また在宅勤務で運動不足が気になる人には、かなりオススメのサービスです。

私はジムにも通っていますが、ジムではできないプログラムがたくさん提供されているので、ジムとの併用でも満足できる内容となっています。

人気インストラクターによるレッスンはとても楽しく、様々なジャンルのエクササイズが用意されているので、気分や体調によってレッスンを選べるのも魅力です。

オンラインフィットネス・オンラインヨガで特にオススメなのが、400種類以上のありとあらゆるフィットネス動画が見放題の「LEAN BODY(リーンボディ)」と、200名近いインストラクターによる100種類以上のライブレッスンが毎日受けられる「SOELU(ソエル)」です。

サービスの質が高いのに良心的な料金で、とてもコスパが高く、継続できる工夫が随所に散りばめられています。無料体験もできますので、運動不足が気になる人は一度お試しを!

LEAN BODY

Habitify

運動を継続・習慣化するコツ:習慣化アプリ「Habitify」を使う

運動の記録をつけることも継続のポイントと書きましたが、アプリを使うとより効率よく簡単に習慣を管理することができて、継続しやすくなります。

私のオススメは「Habitify」という習慣化をサポートしてくれるアプリです。

習慣にしたいことをTo Doリストのように登録して、実行したらタップするだけという簡単な操作で、進捗状況や達成度を数字やグラフで表示してくれる優れもの。様々な切り口からデータを表示できるので、今の状況を客観的に把握するのに役立ちます。

Habitify: 習慣と目標管理
無料 開発元:Unstatic Ltd Co
無料ダウンロードはこちら(iPhone/iPad/Mac/Android)

※ デバイスごとに振り分けられるので、ダウンロードしたいデバイスでアクセスしてください。

デザインも洗練されているので、とても使いやすいです。Habitifyの使い方については、以下の記事で詳しくまとめています。

Apple Watch

Apple Watchをジムで使ってみた

運動を記録するだけでなく、生活において、なくてはならない存在となったApple Watch。iPhoneと連携して、身に着けるだけで様々なデータを収集・分析してくれます。

運動時間、消費カロリー、距離、歩数、心拍数、気温などなど、運動した時の状況を細かく記録するだけでなく、日常生活の健康状態につても記録できるようになっているので、健康管理をしたい人にはめちゃくちゃオススメです。

便利すぎるApple Watchについては、このブログでもたくさん書いていますので、ご興味がある方は、Apple Watchカテゴリーをご覧ください。Apple Watchで運動・健康を管理する方法については、以下の記事でご紹介しています。

Apple製品はAmazonで購入するとお得です!

AmazonでApple製品を購入すると、商品によってはAmazonポイントが付き、公式サイトより安く買える場合があります。さらに、Appleの対象端末を購入時に、AppleCare+も申し込めるようになりました。(購入ボタンの下にAppleCare+申し込みのチェックボックスがあります)Apple製品を購入する際は、必ずAmazonもチェックしてみましょう! ※AppleCare+とは、Appleが提供している保証とサポートが延長されるサービスです。AppleCare+の保証内容はこちら。

\ 健康志向の高い人におすすめ!最上位モデルSeries 6 /

\ コスパ最強!中堅モデルSE /

\ 入門機として最適!お手頃価格のSeries 3 /

まとめ

今回は、私が考える「運動を継続・習慣化させるコツ」をまとめてみました。体の調子や生活スタイルによって運動の内容は大きく変わりますので、自分に合った方法を探る中で参考にしていただけると嬉しいです!

LEAN BODY