iPadを手書きの手帳代わりに使う方法をご紹介!スケジュール管理も可能に(記入例あり)

iPadを手書きの手帳代わりに使う方法をご紹介!スケジュール管理も可能に(記入例あり)

みなさんは、スケジュール管理はどのようにされていますか?デジタルもアナログもそれぞれメリット・デメリットがあると思いますが、Apple Pencil対応のiPadがあれば、デジタル・アナログの良いとこ取りでスケジュール管理ができちゃいます!

この記事では、Apple Pencil対応のiPadでアナログの手帳のように手書きでスケジュール管理をする方法をご紹介します。デジタルでスケジュール管理したいけど、手書きでも書き込みたいという人はぜひ試してみてくださいね。 (※サンプル画像はGoodNotes 4とGoodNotes 5が混ざっています)

目次

iPadを手書き手帳にする方法

iPadを手書き手帳にする方法はいくつかありますが、この記事では以下の方法をご紹介します。(クリックすると説明部分に飛びます)

iPadで手書き手帳を作るために必要なもの

基本的過ぎる内容ですが、まずはiPadの手書きアナログ手帳化に必要なものをご紹介します。もう環境は整ってるよ〜という方はノートアプリに外部のPDFテンプレートを読み込む方法へ進んでくださいね。

Apple Pencil対応のiPad

手書きができるApple Pencil対応のiPadは徐々に増えていますが、持ち運びのしやすさと操作性の良さから、私はiPad Proの11インチを使っています。

\コンパクトで持ち運びがしやすい万能モデル/

iPadのサイズ感や選び方については、以下の記事で詳しくまとめています。

Apple Pencil

私はApple純正のApple Pencilを使っていますが、サードパーティーのペンも色々と発売されています。Apple Pencilは第1世代と第2世代があり、iPadのモデルによって使える種類が異なります。iPadのモデルとApple Pencilの組み合わせについてはAppleのサイトでご確認ください。

iPadのノートアプリに外部の無料PDFテンプレートを読み込む方法

ここからは、ノートアプリで外部の手帳用PDFテンプレートを読み込んで、スケジュール管理する方法と書き込み例をご紹介します。

必要なもの

  • 手書き対応のノートアプリ
  • ノートアプリで読み込むPDFテンプレート

手書き対応のノートアプリ

私のおすすめはズバリ、「GoodNotes 5」と「Noteshelf」です。この2つのアプリに関してはこのブログで色々と書いているので、使い方や使用例を参考にしてみてください。今回はPDF管理が得意なGoodNotes 5でサンプルを作ります。

GoodNotes 5はノート3冊まで無料で使えます!

GoodNotes 5
無料/開発元:Time Base Technology Limited

ノートアプリで読み込むPDFテンプレートを選ぶ

今回はサンプルとして、電子ペーパー「QUADERNO(クアデルノ)」の手帳テンプレートpdf de calenderのA4サイズのテンプレートを使用します。

無料でダウンロードできるPDFテンプレートは以下の記事でたくさん紹介しています。膨大な種類のテンプレートを眺めるだけでも楽しいですよ〜。

ノートアプリでPDFテンプレートを読み込む

クアデルノのPDFテンプレートのダウンロードページへ行き、「スケジュール」テンプレートをダウンロードします。iPadのSafariやGoogle Chromeで直接PDFを開くと、GoodNotes 5に直接読み込めます。

iPadのGoodNotes 5でスケジュール用PDFを読み込む
クアデルノのスケジュールPDFテンプレート

SafariからPDFを読み込む方法

iPadのSafariからPDFをGoodNotes 5に読み込む

クアデルノのPDFテンプレートをSafariで表示した後、右上の共有ボタンをタップし、表示されたメニューの中から「GoodNotesで開く」を選択します。

iPadのSafariからPDFをGoodNotes 5に読み込む

GoodNotes 5が起動し、PDFを読み込める状態になります。GoodNotes 5で元々開いていた場所でよければ「新規書類として読み込む」ボタンをタップ。別のフォルダに読み込みたい時は「場所」をタップします。

iPadのSafariからPDFをGoodNotes 5に読み込む

「場所」をタップするとフォルダ一覧が表示されるので、読み込みたいフォルダをタップした後「Documentsに読み込む」ボタンをタップします。

iPadのSafariの共有でGoodNotes 5をよく使う項目に追加する

因みにSafariブラウザの右上にある共有ボタンをタップして、下の方へスクロールすると見えてくる「アクションを編集…」をタップすると、「よく使う項目」にアクションを追加することができます。「よく使う項目」は共有メニューの上部に表示されるので、GoodNotes 5を追加しておけばアクセスしやすくなります。

Google ChromeからPDFを読み込む方法

iPadのGoogle ChromeからPDFをGoodNotes 5に読み込む

Google ChromeでPDFを開く場合は、PDFを開く際に表示される画面右下の「次で開く…」をタップし、「GoodNotesで開く」を選択します。

Safariのように右上の共有ボタンから開くと、なぜかPDFの周りに余白ができてしまうので、この方法で開くか、一旦Dropboxやファイルに保存してから読み込む方がよさそうです。

ブラウザ以外からPDFを読み込む方法

Dropboxなどのクラウドストレージや別のアプリからテンプレートのPDF読み込み方法については、以下の記事をご参考ください。

スケジュール用PDFテンプレートのテンプレート記入例

GoodNotes 5にスケジュール用PDFテンプレートを読み込んで、予定を書き込んでみました。

iPadのGoodNotes 5に読み込んだスケジュール用PDFの記入例(マンスリー)
マンスリーの記入例

マンスリーでは、全体のスケジュールを確認。色の変更や画像の貼り付けも簡単にできるので、情報がパッと目に入りやすくなります。

iPadのGoodNotes 5に読み込んだスケジュール用PDFの記入例(ウィークリー)
ウィークリーの記入例

ウィークリーはメモ欄が大きいので、より細かく予定が書き込めます。

iPadのGoodNotes 5に読み込んだスケジュール用PDFの記入例(デイリー)
デイリーの記入例

SONYデジタルペーパーの手帳用テンプレート記入例(デイリー1日1ページ)
NoteshelfでPDFを読み込んだ例

デイリーのテンプレートは「ほぼ日手帳」のデジタル版という感じですよね!デジタルだと画像の貼り付けが簡単にできるので、アナログでは難しい「写真付きの日記」としても使えます。プリントアウトもできますし、後から見返すと楽しくなりそうですね。

PDFに埋め込まれているリンクの開き方

クアデルノのスケジュール用テンプレートは、カレンダーの日にちやウィークリー部分をタップすると該当ページに移動できます。クアデルノのテンプレートに限らず、PDFに埋め込まれているリンクは、編集モードと閲覧モードで開き方が異なります。

GoodNotes 5の編集モードでのPDFリンクの動き

編集モードと閲覧モードは、画面右上のペンのアイコンをタップして切り替えます。編集モードは通常のノートを書く時のモードで、リンク部分を長押しすると表示される「リンクを開く」をタップするとリンクが開きます。

GoodNotes 5の閲覧モードでのPDFリンクの動き

閲覧モードではノートの編集ができず、読むことに集中できます。リンクはタップするだけで開きます。

pdf de calenderの記入例

pdf de calenderさんもベーシックなものからユニークなものまで、手帳用テンプレートをたくさん提供してくださっています!ノートアプリで使う場合は、手帳穴のないA4版が使いやすいです。

pdf de calender プロジェクト管理用ガントチャート記入例
ガントチャートの記入例

pdf de calender ウィークリー記入例
変則型ウィークリーの記入例

iPadノートアプリで使える無料のアイコンや画像

記入例で使用したダンベルや旗のアイコンは、無料素材のサイトから拝借しました。無料で使えるアイコンやイラスト、写真素材のサイトは以下の記事でたくさん紹介しています!

画像のコピーや切り取り方は以下の記事をご参考ください。

GoodNotes 5で画像を繰り返し使う方法

GoodNotes 5 要素ツール(Elements tool) 作例(ステッカー・スタンプ機能)

GoodNotes 5の「要素ツール」は、イラストや画像、自分で作った素材などを保存して、いつでも繰り返し使うことができる機能です。スケジュールでよく使うアイコンや予定などを保存しておけば、すぐにノートに追加することができます。

iPadのノートアプリのデフォルトのテンプレートを使用する方法

ノートアプリにもデフォルトで手帳・スケジュール用のテンプレートが用意されています。ただ、外部のテンプレートと違って、個人的には使い勝手があまり良くないと感じるので、実用には至らないかな…という感じです。

ここでは、人気ノートアプリの「GoodNotes 5」と「Noteshelf」の手帳・スケジュール用テンプレートをご紹介します。

GoodNotes 5の手帳・スケジュール用テンプレート

GoodNotes 5のテンプレートは、自分で日付を入力するタイプです。アナログ手帳でもこのようなフォーマットは見かけますよね。いつでも好きな時に始められるのがメリットですが、数字入力の手間がかかるデメリットもありますが、必要な時だけ使えるので気が楽です。

  • GoodNotes 5 手帳・スケジュール用テンプレート
    マンスリー:縦軸は日にち、横軸は時間
  • GoodNotes 5 手帳・スケジュール用テンプレート
    マンスリー:月や日付を自分で入力するタイプ
  • GoodNotes 5 手帳・スケジュール用テンプレート
    ウィークリー:24時間の目盛付き
  • GoodNotes 5 手帳・スケジュール用テンプレート
    デイリー:ToDoリストやメモ欄付き

Noteshelfの手帳・スケジュール用テンプレート

Noteshelfでは「デジタル日記」というテンプレートカテゴリーがあり、好みの日付で1日1ページの手帳を作成できます。。

  • Noteshelfのデジタル日記テンプレート(マンスリー)
    マンスリーページ
  • Noteshelfのデジタル日記テンプレート(デイリー)
    デイリーはシンプルな罫線
  • Noteshelfの手帳・スケジュール用テンプレート(デイリー)
    日付なしのデイリーテンプレートもあり
  • Noteshelfの手帳・スケジュール用テンプレート(ウィークリー)
    日付なしのウィークリーテンプレート

iPadの手帳アプリを使う方法

手書きでスケジュールを書き込めるアプリはいくつかありますが、Googleカレンダーのデータ読み込みと手書きの両方が可能なアプリをご紹介します。

Planner for iPad

Planner for iPad ウィークリー(週・バーチカル)の記入例Planner for iPadの記入例(ウィークリー)

「Planner for iPad」は、Googleカレンダー上に手書きで予定やメモが書ける、iPadの手帳アプリです。Googleカレンダーで予定を管理している人にとっては、まさに神アプリ!

Googleカレンダーの予定が読み込みこめるだけでなく、スタンプや付箋、手帳のテーマも用意されており、iPadでの手帳ライフが楽しくなる仕掛けが盛り込まれています。基本的な機能は無料で使えるので、ぜひ一度使ってみることをおすすめします!

Planner for iPadの詳しい使い方については、以下の記事をご参考ください。

Planner for iPad
開発元:Takeya Hikage
無料

Pencil Planner & Calendar Pro

Pencil Planner & Calendar Pro(デイリー画面)
タスクや目標、メモなどを書き込めるデイリー画面

「Pencil Planner & Calendar Pro」は「Planner for iPad」と同じく、Googleのデータの読み込みと手書きが可能なアプリです。スケジュールの表示形式が豊富で、アナログ手帳のように様々な情報を書き込むことができます。

iPad純正のメモアプリのペンツールが使われているので、操作がしやすく安定感があります。メモアプリのペンツールについては「【無料】iPad純正メモアプリは有料並に優秀!使い方と機能を解説します【手書きとテキスト】」で詳しくまとめています。

  • Pencil Planner & Calendar Pro(ウィークリー画面)
  • Pencil Planner & Calendar Pro(ウィークリー画面)

手書きメモは各画面で共有され、アプリからGoogleカレンダーの予定の編集・追加も可能です。特にデイリーとウィークリー画面の使い勝手が良く、メモスペースが多く取られています。日付に紐付いたノートを作成することも可能です。

魅力的な機能が多くてここでは全てを紹介できないのですが、機能制限付きで無料で試せるので、興味がある方はダウンロードしてみてくださいね。

Pencil Planner & Calendar Pro
開発元:Wasdesign, LLC
無料

デジタル手帳ならではの便利な機能を使う

アナログな紙の手帳ではなかなか難しい、デジタルのメリットを生かした活用方法を紹介します。

手書きの文字を検索する

GoodNotes 4やNoteshelfで手書き文字を検索する
GoodNotes 4での検索例

GoodNotes 5やNoteshelfは手書き文字を検索できます。Noteshelfではタグ付けも可能。検索性は抜群です。

GoodNotes 5での検索方法と注意点については、以下の記事でまとめています。

よく使うページをブックマークする

各ページをリンクで移動できるといっても、ページが多いと探すのが大変ですよね。ノートアプリのブックマーク機能を使えば、今月だけブックマークをしてサッと表示する、なんてこともできるので、時間短縮につながります。

GoodNotes 5でPDFのページをブックマークする

GoodNotes 5では、左上のブックマーク(よく使う項目)アイコンをタップするだけで追加できます。

GoodNotes 5でPDFのページをブックマークする

左上のサムネールアイコンをタップし、サムネール画面の「よく使う項目」を選択すると、ブックマークしたページが表示されます。

アウトライン(目次)を作成する

【GoodNotes 5】PDFやノートにカスタムアウトラインを作成する

GoodNotes 5では、PDFやノートにアウトライン(目次)を追加できます。月や週、大事なメモがあるページなどにタイトルを付けておくと、後から探しやすくなります。アウトラインの作成方法については以下の記事をご参照ください。

iPad / iPhone / Macで同期する

GoodNotes 5のノートをiPhoneで確認する

GoodNotes 5やNoteshelfではiCloud経由でノートを同期できるので、ノートを追加・編集すれば即座に他の端末にも反映されます。iPadで予定を書き込み、iPhoneで確認する、というような使い方もできますね。

この画像は、サンプルで作ったデイリーのスケジュールをiPhoneで見た時のものです。ピンチアウトで拡大や編集も可能です。ブックマークなどもちゃんと反映されています。もちろん、画像やPDFの追加もOK。

GoodNotes 5やNoteshelfのノートの同期方法については、以下の記事でまとめています。

ノートを無限に増やせる

紙の手帳を使っていて「もっとメモスペースが欲しい」と思うことはありませんか?デジタルの手書き手帳なら、ノートを好きな場所に好きなだけ増やすことができます。PDFテンプレートのページの間にも挿入可能です。打ち合わせの内容や日記などもジャンジャン追加できるので、何冊もノートを持ち歩かずに済みますね。

必要な分 or 全てをプリントアウトできる

やっぱり最後は紙で残しておきたい…という人もいるかと思いますが、ノートアプリでは書き出し機能が付いているので、PDFで保存したり印刷したりすることが可能です。カレンダーだけ大きくプリントして冷蔵庫に貼る、なんてことも簡単にできますね!アプリによりますが、バックアップも簡単に取れます。

iPadの手書き手帳のメリット

iPadを手帳として使うメリットをまとめました。デジタルではありますが、データでも紙でも保存できるのが◎。

iPad手書き手帳のメリット

  • 簡単に書き直しやコンテンツの移動ができる
  • 簡単に画像の貼り付けができる(地図、写真、手書きメモなど)
  • 後から検索可能
  • ノートやPDFを好きな場所に好きなだけ増やせる(後から削除も可能)
  • PDFでの書き出し、印刷が可能
  • iCloud経由でiPhoneなどの他の端末で同期可能(ノートアプリによる)

iPadの手書き手帳のデメリット

デメリットもあります。普段持ち歩くにはiPadはやっぱり重いです…。iPad miniなら軽くて運びやすいですが、iPadのサイズと書きやすさはトレードオフなので、使用目的に合わせて検討したほうがよいですね。

iPad手書き手帳のデメリット

  • アナログ手帳に比べてiPadが大きくて重い(持ち運びしにくい)
  • 充電が必要。バッテリーが切れたら使えない!
  • 人前で書き込みにくい

まとめ

私は普段は紙の手帳とGoogleカレンダー、Toodledoを併用してスケジュール管理をしていますが、計画を練ったりスポット的に使うならiPadの手帳はとても便利だと思います。

やっぱりアナログの紙の手帳も捨てがたい…という人には、以下の記事をどうぞ!

私はこう使っている!iPadやノートアプリの活用例

ノートアプリでは、スケジュール管理以外でも、仕事でアイディアやラフを描いたり、PDFの資料やマニュアル、子供の作品やプリントの管理したりと、色々な使い方をしています。

私のノートアプリの活用方法については、以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください!

イラストや絵を描きたいときは、お絵描き・イラスト制作アプリを使おう!

ノートアプリは、メモやノートを取ったり文書を管理するのには最適なのですが、イラストや絵を描くのにはあまり向いていません。(描けることは描けますが)イラストや絵を描く場合は、ブラシや素材が豊富なお絵描き・イラスト制作アプリをおすすめします。

紙のような書き心地が実現!オススメの保護フィルム

紙に書いているような書き心地を求めるなら、私も使っているiPadのディスプレイに貼る保護フィルム「ペーパーライク」がオススメです。ペーパーライクのような表面にザラつきのあるフィルムを貼るとペン先に僅かな抵抗が生まれ、紙に書いている感覚に近くなります。細かいところも書きやすくなりますよ〜!

iPadの書き心地がよくなる保護フィルムの使用レビューは以下の記事でまとめています。

様々なシーンで大活躍!iPad活用法

スマートフォンともパソコンとも違う、iPadならではの楽しみ方や便利な使い方を、iPad使用歴の長いiPad大好きな私がご紹介します。読んだらちょっと欲しくなるかも?

Apple製品はAmazonで購入するとお得!

AmazonでApple製品を購入するとAmazonポイントが付き、公式サイトよりお得に買えます。保証とサポートが延長される「AppleCare+」も申し込み可能。Apple製品を購入する際は、必ずAmazonもチェックしましょう!

注目 【2/5(金)まで】Amazonでタイムセール祭り開催中!商品の割引に加えて最大10%ポイントアップのチャンスです。この機会をお見逃しなく!
キャンペーンエントリーはこちら>

Apple製品をお得に買う方法は以下の記事でまとめています。