【GoodNotes 5】テキスト検索もできる!PDFの読み込み方法

 2019.03.20  2019.04.16

この記事では、GoodNotes 5でPDFなどのドキュメントを読み込む方法を説明します。GoodNotes 5では、画像の他にPDFやWord、Power Pointのファイルを読み込むことができます。もちろん、読み込んだファイルにメモや注釈を書くことができるので、仕事でもかなり使えます!(※GoodNotes 5の他の使い方は「もう手放せない!iPadノートアプリ「GoodNotes 5」使い方総まとめ」でまとめています)

Web制作の仕事では、サイトのデザインや仕様がPDFファイルでまとめて送られてくることも多いので、案件別にフォルダを作ってPDFを読み込み、CSSの設計や校正などを行ったりしています。

GoodNotes 4をお持ちの方は、無料もしくは割引価格でGoodNotes 5にアップグレードできるので、以下の記事で確認してみてくださいね!

GoodNotes 5
開発元:Time Base Technology Limited
¥960

「書類」画面で読み込む

GoodNotes 5でPDFなどのドキュメントを読み込む方法(「書類」画面)

ノートやフォルダを一覧表示できる基本となる場所「書類」画面で、左上にある新規「+」ボタンをタップし、「読み込む」を選択します。

GoodNotes 5でDropboxからPDFなどのドキュメントを読み込む方法(「書類」画面)

ファイルを選ぶポップアップ画面に移動します。今回は、Dropbox上のPDFファイルを読み込んでみます。

GoodNotes 5でPDFなどのドキュメントを読み込む方法(「書類」画面)

「書類」画面に戻ると、PDFファイルが追加されているのが確認できました。

WordやPower Pointのファイルも読み込めるけど…

GoodNotes 5でPDFなどの複数のドキュメントを読み込む方法

意外と知られていないかもしれないのが、WordやPower Pointが読み込めること。試しに両方読み込んでみましたが、フォントが変わってしまったり、レイアウトが崩れたりして、元ファイルと同じ表示にはなりませんでした。日本語という環境が影響しているのかもしれませんが、これではちょっと使えません…。

GoodNotes 5でWordやPower Pointを読み込むと崩れる

パワポのファイルを読み込んだのが上の画像です。元ファイルと比べると、色々な箇所が変更されてしまっているのが分かります。円の図形も境界線がギザギザしてます。そして、なぜか左側にグレーのラインが表示され、ファイルが右に寄ってしまったので、右上のロゴが切れてしまいました。

GoodNotes 5でWordやPower Pointを読み込むと崩れる

次に、Wordファイルを読み込んでみました。こちらは、Wordにデフォルトで入っているテンプレートを使っています。見出しが消えていたり、フォントサイズが変わっていたりと見た目にもかなりの変化が。そのせいで、2ページのファイルが3ページになってしまいました。試してはいないけれど、英語なら崩れないのかな?

因みに、GoodNotes 5で読み込んだPDF・Word・Power Pointは編集できません。

ドラッグ&ドロップでドキュメントを読み込む

他のアプリにあるファイルをドラッグ&ドロップで追加することもできます!ドキュメントだけでなく、画像もドラッグ&ドロップでの追加が可能です。画像のドラッグ&ドロップでの追加方法は【GoodNotes 5】画像の貼り付け(読み込み/コピー)やトリミングの方法で詳しくまとめています。

ここでは、Dropboxにある複数のドキュメントを同時にドラッグ&ドロップする方法を説明します。複数のドキュメントの読み込みは、ドラッグ&ドロップのみ対応しているようです。

GooodNotes 5でPDFなどのドキュメントをドラッグ&ドロップで読み込む

Dropboxのアプリを開き、読み込みたい1つ目のファイルを長押しし、ファイルが軽く浮かび上がったら、そのまま少しドラッグします。ドラッグしてホールドした状態で2つ目のファイルをタップします。このようにして、いくつでも選択することができます。

ファイルをドラッグしてホールドしたまま、空いている手でGoodNotes 5を開きます。

GooodNotes 5でPDFなどのドキュメントをドラッグ&ドロップで読み込む

GoodNotes 5の任意の場所にファイルをドロップすると、読み込みが始まります。「書類」画面ではドラッグ&ドロップでの読み込みが可能でしたが、ノートを開いた状態でノート上にドラッグ&ドロップすることはできませんでした。

ノートの中に読み込む

既存のノートの中にドキュメントを追加することができます。

GooodNotes 5のノートを開いた状態でPDFなどのドキュメントを追加する

ノートを開いた状態で、右上にある「+」アイコンをタップし、PDFを読み込む位置(現在のページの前か後)を選択した後、「読み込む」をタップします。

GooodNotes 5のサムネール画面でPDFなどのドキュメントを追加する

ページのサムネール画面からも読み込めます。ノートを開いた状態で、左上にあるサムネールアイコンをタップし、表示されたサムネール画面の右下にある新規「+」ボタンをタップした後、「読み込む」を選択します。

他のアプリの「共有」機能で読み込む

様々なアプリの「共有」機能を使って、GoodNotes 5に読み込むことができます。例えばDropboxの場合、読み込みたいPDFを選択して「エクスポート」をタップすると、追加先のアプリが表示されます。GoodNotes 5を選択すると自動的にGoodNotes 5が立ち上がり、読み込み場所を指定して読み込むことが可能です。Eメールに添付されたファイルも取り込み可能です。

アプリによって「共有」の表現が違うかもしれないので、ドキュメントを管理するアプリで試してみてくださいませ〜。

読み込んだPDFファイルにメモや注釈を書く

GooodNotes 5で読み込んだPDFにメモや注釈を書く

読み込んだPDFなどのドキュメントにメモや注釈を書いたり、仕事で直しを入れたPDFをその場で相手に送るなんてことが簡単にできちゃいます。仕事に勉強にプライベートに大活躍です!本当に手放せない…。

GooodNotes 5でスクロールの方向を変更する

GoodNotes 5では、ページのスクロール方法(縦・横)を設定することができます。これはGoodNotes 4にはなかった新機能です。ページを開いている状態で、右上の三点リーダー「・・・」をタップし、「スクロールの方向」を選択して向きを指定します。複数ページのPDFファイルは、縦スクロールで読む方が楽かもしれません。

PDFファイルのリンクの開き方

読み込んだPDFファイル内にあるリンクが開けるのも、GoodNotesの機能のひとつですが、先日リンクを開こうとしてタップしても開かず、何が問題なんだろう…と悶々としていました。そして、ようやくリンクが開かない原因が判明しました!

原因は簡単で、「編集モード」でPDFのリンクをタップしていたからでした。厳密には、編集モードでも開けるのですが、1回のタップで開くには、「閲覧モード」でPDFを表示させる必要があります。

PDFファイ内のリンクの開き方(編集モード)

編集モードと閲覧モードの切り替えは、右上上部にあるペンのアイコンをタップして行います。

「編集モード」(実際には何と呼ぶのか分かりませんが…)とは、ペンで手書きができる状態のことです。編集モードでは、ペンツールなどのツールが上部バーに表示されています。リンクを開くには、リンク箇所を長押しすると表示される「リンクを開く」をタップします。

PDFファイ内のリンクの開き方(閲覧モード)

「閲覧モード」(こちらも正式名称分からず)では、編集モードのようなツールバーは表示されず、ペンでメモ等は書けません。従って、ペンでページをスクロールすることが可能です。閲覧モードでは、リンク箇所を1回タップするだけでリンクが開けます。編集モードのように、長押し後のメニューからもOK。

まとめ

ノートが作れて、さらにPDFまで読み込んでメモが書ける。そして、ここが変わった!GoodNotes 5の新機能とGoodNotes 4からの変更点まとめ(画像あり)でも書いていますが、フォルダを横断してPDF内のテキストを検索できるのは本当に便利です。WordやPower Pointの表示崩れが気になるところですが、PDFを使うことの多い人は、絶対に頼りになるアプリだと思います。

その他のGoodNotes 5の使い方や特徴、ノートアプリ活用方法について

GoodNotes 5の使い方シリーズ

ノートアプリの活用例

紙のような描き心地が実現!オススメの保護フィルム

紙に描いているような描き心地を求めるなら、私も使っているiPadのディスプレイに貼る保護フィルム「ペーパーライク」がオススメです。Apple Pencilで直接ディスプレイに描くとペン先がツルツルと滑るのですが、ペーパーライクのような表面にザラつきのあるフィルムを貼るとペン先に僅かな抵抗が生まれ、紙に描いている感覚に近くなります。細かいところも描きやすくなりますよ〜!

iPadの書き心地がよくなる保護フィルムの使用レビューは以下の記事でまとめています。