【GoodNotes 5】PDFドキュメントの読み込み方法・注釈メモの書き方まとめ【テキスト検索も可能】

【GoodNotes 5】PDFドキュメントの読み込み方法・注釈メモの書き方【テキスト検索も可能】

この記事では、GoodNotes 5でPDFなどのドキュメントを読み込む方法やPDF上にメモを書く方法など、PDFに関するアレコレを説明します。

GoodNotes 5では、画像の他にPDFやWord、Power Pointのファイルを読み込めます。読み込んだファイルにメモや注釈も書けるので、仕事でもかなり使えます!

Web制作の仕事では、サイトのデザインや仕様がPDFファイルでまとめて送られてくることも多いので、案件別にフォルダを作ってPDFを読み込み、CSSの設計や校正などを行ったりしています。

注目PDFファイルは、拡張子「.pdf」がきちんと付いていないと読み込めない場合があります。PDFファイルを読み込めない場合は、拡張子を確認してみましょう。

GoodNotes 5
無料/開発元:Time Base Technology Limited

書類画面から読み込む

まずは、一番基本的な書類画面から読み込む方法を説明します。

GoodNotes 5でPDFなどのドキュメントを読み込む方法(「書類」画面)

ノートやフォルダを一覧表示できる基本となる場所「書類」画面で、左上にある新規「+」ボタンをタップし、「読み込む」を選択します。

GoodNotes 5でDropboxからPDFなどのドキュメントを読み込む方法(「書類」画面)

ファイルを選ぶポップアップ画面に移動します。今回は、Dropbox上のPDFファイルを読み込んでみます。

GoodNotes 5でPDFなどのドキュメントを読み込む方法(「書類」画面)

「書類」画面に戻ると、PDFファイルが追加されているのが確認できました。

WordやPower Pointのファイルも読み込めるけど…

GoodNotes 5でPDFなどの複数のドキュメントを読み込む方法

意外と知られていないかもしれないのが、WordやPower Pointが読み込めること。試しに両方読み込んでみましたが、フォントが変わってしまったり、レイアウトが崩れたりして、元ファイルと同じ表示にはなりませんでした。日本語という環境が影響しているのかもしれませんが、これではちょっと使えません…。

GoodNotes 5でWordやPower Pointを読み込むと崩れる

パワポのファイルを読み込んだのが上の画像です。元ファイルと比べると、色々な箇所が変更されてしまっているのが分かります。円の図形も境界線がギザギザしてます。そして、なぜか左側にグレーのラインが表示され、ファイルが右に寄ってしまったので、右上のロゴが切れてしまいました。

GoodNotes 5でWordやPower Pointを読み込むと崩れる

次に、Wordファイルを読み込んでみました。こちらは、Wordにデフォルトで入っているテンプレートを使っています。見出しが消えていたり、フォントサイズが変わっていたりと見た目にもかなりの変化が。そのせいで、2ページのファイルが3ページになってしまいました。試してはいないけれど、英語なら崩れないのかな?

因みに、GoodNotes 5で読み込んだPDF・Word・Power Pointは編集できません。

ドラッグ&ドロップでドキュメントを読み込む

他のアプリにあるファイルをドラッグ&ドロップで追加します。ドキュメントだけでなく、画像もドラッグ&ドロップでの追加が可能です。画像のドラッグ&ドロップでの追加方法は【GoodNotes 5】画像の貼り付け(読み込み/コピー)やトリミングの方法で詳しくまとめています。

ここでは、Dropboxにある複数のドキュメントを同時にドラッグ&ドロップする方法を説明します。複数のドキュメントの読み込みは、ドラッグ&ドロップのみ対応しているようです。

GooodNotes 5でPDFなどのドキュメントをドラッグ&ドロップで読み込む

Dropboxのアプリを開き、読み込みたい1つ目のファイルを長押しし、ファイルが軽く浮かび上がったら、そのまま少しドラッグします。ドラッグしてホールドした状態で2つ目のファイルをタップします。このようにして、いくつでも選択することができます。

ファイルをドラッグしてホールドしたまま、空いている手でGoodNotes 5を開きます。

GooodNotes 5でPDFなどのドキュメントをドラッグ&ドロップで読み込む

GoodNotes 5の任意の場所にファイルをドロップすると、読み込みが始まります。書類画面ではドラッグ&ドロップでの読み込みが可能でしたが、ノートを開いた状態でノート上にドラッグ&ドロップすることはできませんでした。

Mac版のGoodNotes 5も同様に、Mac内のファイルをドラッグ&ドロップで追加できます。

ノートの中に読み込む

既存のノートの中にドキュメントを追加します。

GooodNotes 5のノートを開いた状態でPDFなどのドキュメントを追加する

ノートを開いた状態で、右上にある「+」アイコンをタップし、PDFを読み込む位置(現在のページの前か後)を選択した後、「読み込む」をタップします。

GooodNotes 5のサムネール画面でPDFなどのドキュメントを追加する

ページのサムネール画面からも読み込めます。ノートを開いた状態で、左上にあるサムネールアイコンをタップし、表示されたサムネール画面の右下にある新規「+」ボタンをタップした後、「読み込む」を選択します。

他のアプリの「共有」機能で読み込む

様々なアプリの「共有」機能を使って、GoodNotes 5にファイルを読み込みます。

DropboxにあるPDFをGoodNotes 5で開く

GoodNotes 5の共有機能でPDFを読み込む
iPadのDropboxアプリ

例えばDropboxの場合、読み込みたいPDFを選択して「エクスポート」をタップすると、追加先のアプリが表示されます。GoodNotes 5を選択すると自動的にGoodNotes 5が立ち上がり、読み込み場所を指定して読み込むことが可能です。

Safariで表示したPDFをGoodNotes 5で開く

SafariブラウザでダウンロードしたPDFをGoodNotes 5で開く

iPadのSafariでPDFを開いた場合は、右上の共有ボタンをタップして「GoodNotes 5で開く」を選択すると、GoodNotes 5が自動的に立ち上がります。。

ブラウザでダウンロードしたPDFをGoodNotes 5で開く

GoodNotes 5でノートを開いている場合は、開いているノートの前後もしくは最後のページに読み込むか、新しい書類として読み込むかを選択できます。

ブラウザでダウンロードしたPDFをGoodNotes 5で開く

ノートを開いていない状態の時は、新規書類として読み込みます。

ブラウザでダウンロードしたPDFをGoodNotes 5で開く

新規書類として読み込む場合は、読み込み先のフォルダを選択できます。

Google Chromeで表示したPDFをGoodNotes 5で開く

ブラウザでダウンロードしたPDFをGoodNotes 5で開く

Google ChromeもSafariと同じように「共有」を使って読み込めますが、なぜかPDFの周りに余白ができた状態で読み込まれます。ブラウザ右下の「次で開く…」からPDFを開くと、余白なしで読み込めます。

ブラウザでダウンロードしたPDFをGoodNotes 5で開く

こんな感じで、コンテンツがひと回り小さくなってしまいます。余白にメモを書きたい場合は逆によいかもしれませんね。

アプリによって「共有」の表現や方法が違うかもしれないので、ドキュメントを管理するアプリで試してみてくださいませ〜。

メールでGoodNotes 5にPDF送る「メールインポート」機能

GoodNotes 5が個別に発行するメールアドレス宛にPDFを送る方法です。アプリがない環境でも、メールがあれば送れるので便利です。※有料のフルバージョンのみ利用可能

GooodNotes 5でメールを使ってPDFを読み込む

書類画面の右上にある歯車アイコンをタップし、「設定」を選択します。

GooodNotes 5でメールを使ってPDFを読み込む

「GoodNotes 5にメールする」をタップします。

GooodNotes 5でメールを使ってPDFを読み込む

プライバシーポリシーにチェックを入れた後、「”GoodNotesのメールする”をオンにする」を有効化すると、ユーザー固有のメールアドレスが表示されます。下部の「アドレスをコピー」をタップして、アドレスをコピーしておきます。

GooodNotes 5でメールを使ってPDFを読み込む

このアドレス宛にPDFを添付してメールを送ると、GoodNotes 5にファイルが追加されます。ファイルの保存先は現時点では指定できないようで、書類画面のルートレベルに追加されます。

このメールアドレスはユーザー固有のものなので、他の人と共有すれば、PDFを自分のGoodNotes 5に送ってもらうことができます。

読み込んだPDFファイルにメモや注釈を書く

GooodNotes 5で読み込んだPDFにメモや注釈を書く

読み込んだPDFなどのドキュメントにメモや注釈を書いたり、仕事で直しを入れたPDFをその場で相手に送るなんてことが簡単にできちゃいます。仕事に勉強にプライベートに大活躍です!本当に手放せない…。

GooodNotes 5で読み込んだPDFでのハイライトや取り消し線、コピーなど

ページの右上にあるペンのアイコンをタップして閲覧モードに変更すると、ペンでPDF内のテキストを選択して、ハイライトや取り消し線を付けたり、コピーををしたりすることができます。再びペンアイコンをタップして編集モードに戻すと、消しゴムで消せます。編集モードでも指なら同様のことが可能です。

読み込んだPDFにアウトラインを追加する(カスタムアウトライン)

読み込んだPDFにアウトラインを追加できます。

GooodNotes 5でカスタムアウトラインを追加する

右上の「・・・」をタップして「このページをアウトラインに追加」を選択してアウトラインを追加します。

GooodNotes 5でカスタムアウトラインを追加する

PDFに追加したアウトラインは削除できませんが、アウトライン画面のフィルタを使えば、カスタムアウトラインを非表示にすることができます。

ページのスクロール方法を変更する

GooodNotes 5でスクロールの方向を変更する

GoodNotes 5では、ページのスクロール方法(縦・横)を設定することができます。これはGoodNotes 4にはなかった新機能です。ページを開いている状態で、右上の三点リーダー「・・・」をタップし、「スクロールの方向」を選択して向きを指定します。複数ページのPDFファイルは、縦スクロールで読む方が楽かもしれません。

PDFファイル内のリンクの開き方

読み込んだPDFファイル内にあるリンクが開けるのも、GoodNotesの機能のひとつですが、先日リンクを開こうとしてタップしても開かず、何が問題なんだろう…と悶々としていました。そして、ようやくリンクが開かない原因が判明しました!

原因は編集モードでPDFのリンクをタップしていたからでした。厳密には、編集モードでも開けるのですが、1回のタップで開くには、閲覧モードでPDFを表示させる必要があります。

PDFファイ内のリンクの開き方(編集モード)

編集モードと閲覧モードの切り替えは、右上上部にあるペンのアイコンをタップして行います。

編集モード(実際には何と呼ぶのか分かりませんが…)とは、ペンで手書きができる状態のことです。編集モードでは、ペンツールなどのツールが上部バーに表示されています。リンクを開くには、リンク箇所を長押しすると表示される「リンクを開く」をタップします。

PDFファイ内のリンクの開き方(閲覧モード)

閲覧モード(こちらも正式名称分からず)では、編集モードのようなツールバーは表示されず、ペンでメモ等は書けません。従って、ペンでページをスクロールすることが可能です。

閲覧モードでは、リンク箇所を1回タップするだけでリンクが開けます。編集モードのように、長押し後のメニューからもOK。

まとめ

ノートが作れて、さらにPDFまで読み込んでメモが書ける。そして、ここが変わった!GoodNotes 5の新機能とGoodNotes 4からの変更点まとめ(画像あり)でも書いていますが、フォルダを横断してPDF内のテキストを検索できるのは本当に便利です。WordやPower Pointの表示崩れが気になるところですが、PDFを使うことの多い人は、絶対に頼りになるアプリだと思います。

GoodNotes 5の使い方とノートアプリ活用方法

GoodNotes 5の使い方やアップデート情報は以下の記事でご紹介しています!

私はこう使っている!ノートアプリの活用例

ノートアプリでは、仕事でアイディアやラフを描いたり、PDFの資料を管理する以外にも、子供の作品やプリント、マニュアルを管理したりと、色々な使い方をしています。

私のノートアプリの活用方法については、以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください!

GoodNotes 5以外にもあります!オススメの手書きノートアプリ

私が実際に使っている/試したiPad手書きノートアプリを、以下の記事でまとめました。どのノートアプリを使おうか迷っている人、ちょっと他のアプリも試してみたいという人へ!

イラストや絵を描きたいときは、お絵描き・イラスト制作アプリを使おう!

ノートアプリは、メモやノートを取ったり文書を管理するのには最適なのですが、イラストや絵を描くのにはあまり向いていません。(描けることは描けますが)イラストや絵を描く場合は、ブラシや素材が豊富なお絵描き・イラスト制作アプリをオススメします。

iPadが紙のような描き心地に!おすすめの保護フィルム

ノートアプリを使うなら、本物の紙に書いている感覚に近づける「ペーパーライク」タイプのiPad保護フィルムもおすすめです。フィルム表面のザラつきによりペン先にわずかな抵抗が生まれ、細かい部分も書きやすくなりますよ。

私が実際に試した保護フィルムを以下の記事で紹介しています。メーカーによって書き心地がかなり違いますので、ぜひご参考ください。