【iPadアプリ】GoodNotes 4やNoteshelf 2で外部テンプレートを追加する方法

 2018.04.20  2018.09.04

この記事では、人気の手書きノートアプリ「GoodNotes 4」と「Noteshelf 2」で外部のテンプレートを追加する方法をご紹介します。アプリのデフォルトのテンプレートでも十分なのですが、色々と探してみると使いやすくカスタマイズも可能なテンプレートも幾つか見つけたので、この記事の後半で共有したいと思います!

GoodNotes 4
GoodNotes 4
¥960
posted with アプリーチ
Noteshelf 2
Noteshelf 2
¥840
posted with アプリーチ

GoodNotes 4でテンプレートを追加する方法

GoodNotes 4 テンプレート追加方法

ノート一覧画面の右下にある「オプション」をクリックし、「用紙ライブラリ」を選択します。

GoodNotes 4 テンプレート追加方法

ウィンドウ下部にあるメニューで「用紙」を選び、左上にある「+」をクリックします。

GoodNotes 4 テンプレート追加方法

テンプレートを格納するフォルダを作成します。任意のフォルダ名を入力したら「OK」をクリックします。ここでは「スケジュール」というフォルダを作成しました。

GoodNotes 4 テンプレート追加方法

フォルダを作成した後にテンプレートを追加します。ウィンドウの右上にある「編集」をクリックします。

GoodNotes 4 テンプレート追加方法

ウィンドウ左上に「+」が表示されるので、クリックした後に読み込みたいテンプレートのある場所を選択します。PDFでも画像でもOKですが、複数ページあるPDFの場合は、最初の1ページのみ読み込まれます。

読み込んだテンプレートが「スケジュール」フォルダ内で一覧表示されます。

GoodNotes 4 テンプレート追加方法

カレンダーやスケジュールのレフィルを読み込んでみる

試しに、SONYデジタルペーパーのPDFカレンダーを読み込んでみました!画像のようにApple Pencilで紙の手帳に書き込むように予定を書くことができます。

GoodNotes 4 テンプレート追加方法

GoodNotes 4 テンプレート追加方法

同じくSONYデジタルペーパーのデイリーページに予定を書き込んでみました。テキストや図形はサイズ変更や移動も可能ですし、予定が変わっても簡単に消せるのでとても便利です。

前述の通り、複数ページのPDFはテンプレートとして読み込むと、最初の1ページのみ読み込まれるので、1枚ずつ使用するテンプレートには向きません。スケジュール帳のリフィルのように何十ページもあるようなPDFは、テンプレートとしてではなく通常の方法でPDFを読み込んで使用します。

以下の画像は、先ほどのSONYデジタルペーパーの手帳用マンスリー/ウィークリー/デイリーが一つになったPDFテンプレートをそのまま読み込んだ例です。PDF用のノートを1冊作成し、その中でPDFを読み込めば、スケジュール帳のように使えます。

SONYのテンプレートは日付やカレンダーにリンクが付いているので、月日をペンでタップすれば該当ページへひとっ飛び!手書き文字も検索できるので、かなり使えますよ〜。

GoodNotes 4 テンプレート追加方法

Noteshelf 2でテンプレートを追加する方法

Noteshelf 2 テンプレート追加方法

まずは新規ノートブックを作成します。ノート一覧画面の右上にある「+」をクリックします。

Noteshelf 2 テンプレート追加方法

ノート作成画面で、右側のノートの下にある「選択する…」をクリックします。

Noteshelf 2 テンプレート追加方法

用紙を選択する画面の左メニュー下部にある「カスタム」をクリックすると、任意のテンプレートを追加することができます。PDFでも画像でも可能です。複数ページのPDFの場合はGoodNotesと同じく、最初の1ページがテンプレートとして読み込まれます。

Noteshelf 2 テンプレート追加方法

読み込まれたテンプレートが一覧で表示されます。

以下の画像は、ワイヤーフレーム用のPDFをテンプレートとして読み込んだ例です。細かい部分はピンチアウトして書き込みましょう。夢のアナログとデジタルの融合!

Noteshelf 2 テンプレート追加方法

Noteshelf 2では、現在表示しているページをテンプレートとして登録できる機能があります。例えば複数ページのPDFをテンプレートとしてではなく普通に読み込んだ後、任意のページのみをテンプレートに登録するなんてこともできます。

Noteshelf 2 テンプレート追加方法

「ドキュメントをインポート」でPDFや画像を読み込みます。

Noteshelf 2 テンプレート追加方法

テンプレートとして登録したいページや画像を表示している状態で、画面右上の共有ボタンをクリックし、「現在のページ」を選択します。「ページを選択」で複数ページの中から選んでもOK。

Noteshelf 2 テンプレート追加方法

表示されているメニューの下の方にある「テンプレートとして保存」をクリックすると、先程テンプレートを保存した「カスタム」フォルダの中にテンプレートが保存されます。

以下の画像は、複数ページのPDFをサムネール表示させた例です。この画面でページのタグ付けやブックマークができるので、特定のページの検索も素早くできます。

Noteshelf 2 テンプレート追加方法

ノートアプリで使える無料PDFテンプレートを使ってみよう

このページでご紹介したiPadのノートアプリでも使える無料PDFテンプレートを以下の記事でまとめました。元々はプリントアウトして使うためのテンプレートなので、アナログ⇆デジタルを行ったり来たりできるのも◎。

ノートやスケジュール・カレンダー系のPDFテンプレートはこちらです。

Webサイトの設計やデザインで使えるワイヤーフレーム用のPDFテンプレートはこちらです。

GoodNotes 4とNoteshelf 2の詳しい使い方は以下の記事でまとめています。