【手書きノートアプリ】人気のNoteshelf 2とGoodNotes 4の機能を比較してみた!

 2018.02.23  2018.05.28

Noteshelf 2もGoodNotes 4も、ノートに手書きでメモが書けて、PDFや画像などのファイルに注釈の書き込みができるアプリです。App Storeでも高レビューが多いので、人気がありそうですね。iPad Proを手に入れた時に、手書き用アプリを色々と調べて最終的にこの2つが購入候補として残ったのですが、どちらとも魅力的なアプリだったので結局2つとも購入してしまいました。

このページではNoteshelf 2とGoodNotes 4を比較し、お互いにない機能などをまとめました。どちらか迷っている人の参考になれば幸いです。各アプリの詳細記事もありますので、あわせてご覧ください!
※執筆時点での機能なので、アプリのアップデートで内容が異なる可能性があります。

Noteshelf 2

Noteshelf 2の手書きサンプル
Noteshelf 2の手書きサンプル。画像にはないですが「ハイテクポイントペン」も新たに追加されました。

デザインがおしゃれで気分が上がる!表紙や用紙のテンプレートが豊富で、書くのが楽しくなるアプリです。ノート感覚で手書きでテキストをガシガシ書きたい人にオススメ!

Noteshelf 2
Noteshelf 2
¥840
posted with アプリーチ

GoodNotes 4

goodnotes 4の手書きサンプル
GoodNotes 4の手書きサンプル

手書き文字やPDF内のテキスト検索や、手書き文字のテキスト変換もできる!GoodNotes 4ならではの便利な機能が盛りだくさん。PDFの編集や管理がしやすいので、ノートのみならずPDFをよく使う人にもオススメ!

GoodNotes 4
GoodNotes 4
¥960
posted with アプリーチ

機能比較

書き味・書き心地

Noteshlef 2、GoodNotes 4ともにスラスラ〜となめらかに書けます。若干、本当に若干ですが、Noteshelf 2の方がすこ〜し遅延があるかな…?と感じました。そのわずかな遅延を考慮すると、GoodNotes 4に軍配が上がるかな…。

表紙

Noteshelf 2

選ぶのが楽しくなるようなかわいくておしゃれな表紙がたくさん用意されています。シンプルなのにセンスがあって、個人的にはとても好みの表紙が揃ってます。

Noteshelf 2の表紙デザイン

GoodNotes 4

Noteshelf2と比べると、用意されている表紙の種類は少ないです。派手で個性的なデザインが多く、好みが分かれるかも?表紙には手書きでタイトルが書けます。

GoodNotes 4の表紙デザイン

両アプリ共に自作の表紙を追加することができます。

用紙テンプレート

Noteshelf 2

こちらも表紙同様、種類が豊富です。無地・罫線・ドットといった基本的なテンプレートの他に、デイリーやウィークリーなどのスケジュール、タスクリスト、ミーティングノート、コーネル式ノート、日記、健康&フィットネス、買い物リストなどが書けるテンプレートが無料でダウンロードできます。

Noteshelf 2の用紙テンプレート

GoodNotes 4

罫線・方眼紙・コーネル式ノートといった基本的なノートが揃っています。用紙のサイズ(モバイル・A3・A4・A5など)が豊富なので、印刷も安心です。

GoodNotes 4の用紙テンプレート

両アプリ共に外部のテンプレートを追加できるので、気に入るテンプレートがない場合は自作したり、以下の記事を参考に無料テンプレートを探してみましょう!

カスタムテンプレートの追加方法は以下の記事でまとめています。

カテゴリー分け

Noteshelf 2

カテゴリーの階層はありませんが、ノートをドラッグ&ドラッグでグループ化できます。大まかにカテゴリーを作って、カテゴリー内でノートをグループにまとめる、といった使い方ができます。

GoodNotes 4

カテゴリーの階層化が可能です。マスターカテゴリーを作成し、その中にカテゴリーを作成できます。

検索性

Noteshelf 2

キーボードで入力したテキストやノートのタイトル名が検索できます。ノートのページはサムネールで一覧表示され、タグ付けやブックマークも可能。PDF内のテキスト検索はできませんでした。ver.1.24でPDF内のテキストも検索可能になりました。

GoodNotes 4

テキストのみならず、手書き文字とPDF内のテキストの検索が可能です。PDFのページはサムネールやアウトラインで表示できるので、検索性に優れています。

ペンの種類

Noteshelf 2

Noteshelf 2のペンの種類

「ペン・万年筆・ハイテクポイントペン(sharp pen)・鉛筆・マーカー(蛍光ペン)」の5種類です。太さは7種類から選べ、お好みのペンの種類、太さ、色を組み合わせてお気に入りに登録できます。

また、お気に入りのペンを常時表示させておくことも可能です。

GoodNotes 4

GoodNotes 4のペンの種類

「ペン・万年筆・マーカー(蛍光ペン)」の3種類です。デフォルトでは4種類の太さと10色が用意されていますが、ペンの太さや色はカスタマイズできます。太さは0.5〜10.0まで0.1単位で、カラーは16進数で指定が可能です。

ファイルのエクスポート

Noteshlef 2とGoodNotes 4ともに以下のような仕様となっています。GoodNotes 4のみGoodNotes形式での書き出し機能があり、再編集ができるようになっています。

出力ページ
「現在のページ・すべてのページ・ページを選択(Noteshelf 2のみ)」から選択
ファイル形式
png、pdf
GoodNotes 4のみGoodNotes書類形式あり
提携アプリ
メール、カメラロール、Dropbox、Google Drive、Evernote、Box、OneDriveなど

Noteshelf 2だけの機能

  • 録音機能でオーディオノートが作成可能
  • ドラッグ&ドロップでノートのグループ化
  • パスコード設定
  • Evernoteと自動同期
  • Dropboxに自動バックアップ
  • テキスト入力時のリスト作成

GoodNotes 4だけの機能

  • PDFのアウトライン一覧表示
  • 手書き文字をテキストに変換
  • 選択した部分のスクリーンショットを簡単にとれる
  • 手書き文字が検索可能

比較表

超独断と偏見で比べてみました!個人的な感想なのでご了承くださいませ…。

アプリ Noteshlef 2 GoodNotes 4
デザイン性
書き心地
ペンの追従性
ペンの種類
表紙と用紙の種類
検索性
PDF編集

以上、Noteshelf 2とGoodNotes 4の比較のまとめでした!新たな機能が追加されたら随時更新していきたいと思います。

Noteshelf 2
Noteshelf 2
¥840
posted with アプリーチ
GoodNotes 4
GoodNotes 4
¥960
posted with アプリーチ

手書きノートアプリでスクラップブックを作る

PDF編集や手書きでメモを取る他に、私はデザイン収集のスクラップブックとしてノートアプリを活用しています。 気になるデザインを画像で保存し、カテゴリー別に1冊のノートにまとめれば、自分だけのオリジナルデザインノートのできあがりです! アイディアに詰まった時にもとても役に立ちます。

デザインスクラップブックの作成方法は以下の記事で詳しく説明しています。

iPad Proと一緒にApple pencilを持ち歩こう!

iPad Proの購入経緯はこちらの記事「iPad Pro 10.5インチ×64GBを購入!フリーランス兼母の私がこれを選んだ理由と使い方」に書きましたが、iPad Proを汚れや衝撃から守ってくれるケース(カバー)もあると安心ですよね。私が使っているApple Pencilも収納できるケースを下記のページでご紹介しています。スタンド機能もついているので、資料やノートを見ながら仕事したりとかなり重宝してます。