【GoodNotes 5】画像の貼り付け(読み込み/コピー)やトリミングの方法

 2019.03.08  2019.03.18

この記事では、GoodNotes 5での画像の読み込みや貼り付け、画像のトリミング(切り取り)方法を説明します。画像の読み込み方法はいくつかあるのですが、ひとつずつ画像付きで解説していきます。

GoodNotes 4をお持ちの方は、無料もしくは割引価格でGoodNotes 5にアップグレードできるので、以下の記事で確認してみてくださいね!

GoodNotes 5
開発元:Time Base Technology Limited
¥960

ノート上に貼り付ける

まずは、一番使用用途の多い、画像をノートに貼り付ける方法です。

ツールバーのサムネールからドラッグ&ドロップ

GoodNotes 5で画像をノート上にドラッグ&ドロップして貼り付ける

ツールバーの画像アイコンをタップすると、ツールバーの右側に最近iPadに保存された画像が表示されます。その中に使いたい画像がある場合は、サムネールをノート上にドラッグ&ドラッグすると、画像を貼り付けることができます。

画像メニューから選ぶ

GoodNotes 5で画像をメニューから読み込む

ツールバーの画像アイコンをタップした後、ノート上のどこでも良いのでタップすると、iPadに保存されている写真を選択するメニューが表示されます。Dropboxなどの別アプリから読み込みたい場合は、メニュー下部の「insert from…」を選択してください。

GoodNotes 5で画像をメニューから読み込む

Dropboxなどのアプリを選択すると、読み込めるファイルが表示されます。読み込めないファイルは薄く表示され、選択できないようになっています。

ブラウザやアプリなど他の場所から画像をドラッグ&ドロップ

他のアプリやブラウザで画像の上を長押しし、画像が軽く浮いている状態でドラッグしながら、空いている手でGoodNotes 5を表示させ、GoodNotes 5の好きな場所に画像をドロップして追加することが可能です。

GoodNotes 5で画像をドラッグ&ドロップで追加する

GoodNotes 5で画像をドラッグ&ドロップで追加する

画像が浮いている状態で他の画像をタップすると、複数選択が可能になり、まとめてドラッグ&ドロップができます。

  • GoodNotes 5で複数の画像をドラッグ&ドロップで追加する
  • GoodNotes 5で複数の画像をドラッグ&ドロップで追加する

ノート上では複数の画像をドラッグ&ドロップすることはできないようです。画像が複数の場合は、「書類」画面に追加するしかなさそうです。

iPad Proの機能「スプリットビュー」で画像を確認しながらドラッグ&ドロップする方法

2つのアプリを同時に表示できるiPad Proの機能「スプリットビュー」を使って、アプリやブラウザから画像をドラッグ&ドロップで貼り付ける方法を説明します。

スプリットビューでGoodNotes 5とアプリを同時に立ち上げる

GoodNotes 5を表示させた状態で、iPad画面下部を上に向かってスワイプしてDockを表示させます。表示させたいもう一つのアプリののアイコンを画面左端にググッとドラッグします。(左でも右でもOK)このDockメニューから表示させたいアプリを選ぶので、予めDockにアプリを追加しておくと便利です。ここでは、デフォルトの写真アプリを表示させます。

GoodNotes 5で画像を他アプリからドロップ&ドロップで追加する

左側に写真アプリの画面、右側にGoodNotes 5が表示されています。写真アプリの写真をGoodNotes 5のノートへドラッグ&ドロップして貼り付けます。

GoodNotes 5で画像をブラウザからドラッグ&ドロップで追加する

ブラウザで開いたサイトの画像も同じようにドラッグ&ドロップが可能です。この場合の注意点しては、CSSで背景画像に指定している画像はドラッグ&ドロップができないことと、著作権などの利用規約をよく確認することです。サンプル画像は、無料イラスト素材を提供されている「いらすとや」さんからお借りしました。焼きおにぎりかわいい!!

GoodNotes 5で画像をブラウザからドラッグ&ドロップで追加する

無料で使える画像は以下の記事でたくさん紹介しています。ぜひご覧ください!

その場で撮影して画像を読み込む

GoodNotes 5で撮影した画像をすぐに読み込む

ツールバーの画像アイコンの隣にあるカメラのアイコンをタップすると、iPadのカメラが起動し、撮影した画像がノート上に貼り付けられます。

画像のリサイズと回転

読み込んですぐの画像には、画像が点線の枠で囲まれており、編集ができる状態になっています。点線がない場合は、写真上で長押しすると表示される「編集」メニューをタップすると編集可能な状態になります。

GoodNotes 5で画像を比率を保ったままリサイズ・回転する

縦と横の比率を保ったままリサイズしたい場合は、画像右下にある矢印のマークをドラッグしてサイズを調整します。矢印をグルっと回すようにドラッグすると回転できます。

GoodNotes 5で画像をリサイズする

上記とは逆に、縦横の比率を保たずに、それぞれリサイズしたい場合は、画像の上と右側にある小さな長方形をドラッグします。トリミングではないので、サイズを調整した分、画像は圧縮・引き伸ばされます。。

画像を1ページとして読み込む

GoodNotes 5で画像を1枚のページとして読み込む
テキストボックスを使ってタイトル風にしてみました!細かいフォント調整はできません…

ここまではノートに画像を貼り付ける・読み込む方法を説明してきました。ここからは、画像をノートの1ページとして丸ごと読み込む方法を見ていきます。例えば、画像の上に手書きでメモや絵を描いて、画像を保存や共有するといったことが可能になります。

画像をページとして読み込む場合は、リサイズや回転などの編集はできず、Dropboxのような他アプリからはjpg/pngなどの画像ファイルは読み込めないようなので、注意が必要です。

GoodNotes 5で画像を1枚のページとして読み込む(ノートから)

ノートを開いた状態で、右上の「+」アイコンをタップすると、「ページを追加」というメニューが表示されます。画像を「現在のページの前」か「現在のページの後」に追加するかを選択し、「イメージ」をタップします。その場で写真を撮りたい場合は「カメラ」をタップしてカメラを起動させます。

GoodNotes 5で画像を1枚のページとして読み込む(ノートから)

ここでは、iPad内に保存されている写真を追加することができます。メニューの「読み込む」を選択しても、jpg/png等の画像は読み込めません。

GoodNotes 5で画像を1枚のページとして読み込む(書類画面)

ノート一覧の「書類」画面からも読み込めます。左上にある「新規」ボタンをタップし、「イメージ」を選択します。

GoodNotes 5で画像を1枚のページとして読み込む(書類画面)

選択した画像が表紙のように読み込まれました。表紙のように見えますが、画像をタップすると、画像はページとして読み込まれています。

ノートを開いた状態でのページサムネール画面でも追加可能です。

GoodNotes 5で画像を1枚のページとして読み込む(サムネール画面)

画像をページとして読み込む場合の注意点

GoodNotes 5で画像をページとして読み込むと、その画像がテンプレートになってしまう

画像をノートの1ページとして読み込むと、その画像を含むノートのテンプレートが画像に変更されてしまいます。下の画像を見ていただくと分かりますが、ページを左へスワイプすると新しいページが追加できるのですが、画像を読み込んだ後に画像(ページ)を左へスワイプすると同じ画像が読み込まれてしまいます。

GoodNotes 5で現在のページのテンプレートを変更する

現在表示されている画像を別のテンプレートに変更したい場合は、画面右上の三点リーダー「・・・」をタップし、「テンプレートを変更」を選択してテンプレートを再度適用してください。

GoodNotes 5で次のページに別のテンプレートを追加する

次に追加するページを画像以外のページに戻したい場合は、画面右上の「+」 をタップし、「ページを追加」メニューの「テンプレート」を選択し、テンプレートを選んでください。

GoodNotes 5での画像のトリミング(切り取り)方法

GoodNotes 5で画像を切り取る(トリミング)

トリミングしたい画像の上を長押しすると表示されるメニュー「編集」をタップします。

GoodNotes 5で画像を切り取る(トリミング)

画像周辺に点線枠が表示されたら、画像上を軽くタップし、「トリミング」を選択します。

GoodNotes 5で画像を切り取る(トリミング)

トリミング方法は、バウンディングボックスをドラッグしてトリミングする矩形と、ペンや指で自由に形を描いてトリミングするフリーハンドの2種類があります。

  • GoodNotes 5で画像を矩形で切り取る(トリミング)
    矩形でトリミング
  • GoodNotes 5で画像をフリーハンドで切り取る(トリミング)
    フリーハンドでトリミング

まとめ

アナログのようにハサミとノリを使わず、気軽に簡単に画像が切り貼りできるのは、デジタルのノートアプリならではですよね。明るさやコントラストといった画像自体の細かな編集はできませんが、ノートに貼り付ける機能としては十分だと思いました。

GoodNotes 4の画像の取り扱いについては、以下の記事で詳しく解説していますので、あわせてどうぞ!

その他のGoodNotes 5の使い方や特徴、ノートアプリ活用方法について

GoodNotes 5の使い方シリーズ

ノートアプリの活用例

紙のような描き心地が実現!オススメの保護フィルム

紙に描いているような描き心地を求めるなら、私も使っているiPadのディスプレイに貼る保護フィルム「ペーパーライク」がオススメです。Apple Pencilで直接ディスプレイに描くとペン先がツルツルと滑るのですが、ペーパーライクのような表面にザラつきのあるフィルムを貼るとペン先に僅かな抵抗が生まれ、紙に描いている感覚に近くなります。細かいところも描きやすくなりますよ〜!

iPadの書き心地がよくなる保護フィルムの使用レビューは以下の記事でまとめています。