遂にGoodNotes 5がリリース!GoodNotes 4から無料でアップデートする方法【共存可能】

※当ブログのリンクには一部広告が含まれています。

遂にGoodNotes 5がリリース!GoodNotes 4から無料でアップデートする方法【共存可能】

注目2023年8月9日にGoodnotes 6がリリースされました!
手書きノートアプリGoodnotes 6が登場!料金や5との違いは?

GoodNotes 4は2020年1月15日をもって販売終了となり、GoodNotes 5アップグレードバンドルでのアップグレードも利用できなくなりました。詳細は「【GoodNotes 4ユーザー必読】アップグレードするなら今!2020年1月15日から販売中止に」をご確認ください。

遂に来ました、GoodNotes 5!!最近はNoteshelfの頻繁なアップデートで、GoodNotes 4が押され気味だったのですが、水面下で5の開発を進めていたんですね…。

この記事では、GoodNotes 4ユーザー向けにGoodNotes 4からGoodNotes 5へのアップグレード方法を解説していますが、記事の冒頭でも書いた通り、GoodNotes 4は2020年1月15日をもって販売終了となり、この記事で紹介した方法でのアップグレードはできなくなりました。

しかしながら、GoodNotes 4の歴史的資料として残したい思いがあり、記事自体は公開しておくことにしました。そのことを踏まえた上で、興味がある方は読んでいただけると幸いです。

GoodNotes 5の新機能や使い方については、以下の記事でまとめめています。

Goodnotes 6がリリースされました

GoodNotes 5
Goodnotes 6
無料/開発元:Time Base Technology Limited
iOS/iPadOS/Mac Android Windows

GoodNotes 5が無料でダウンロードできるようになりました!

無料版ではノートブックを3冊まで無料で作成できます。基本的な機能は使用可能ですが、以下の機能を使いたい場合は、ロック解除をする必要があります。ロック解除したフルバージョン版は980円となっています。

ロック解除すると使える機能

  • ノートを無制限に作成
  • 手書き文字を検索
  • メールからGoodNotes 5への書類の読み込み
  • メールサポートに優先的にアクセス

本記事では、GoodNotes 4からGoodNotes 5へのアップグレード方法について解説していますが、現在はこちらの方法でのアップグレードはできません。GoodNotes 5を無料でダウンロードしてから、有料のフルバージョン版をご検討ください。

GoodNotes 5アップグレードバンドルをダウンロードする

GoodNotes 5は単体で960円ですが、GoodNotes 4を正規価格で購入したユーザーは、GoodNotes 5へ無料でアップデートできます(2020年1月14日までの話です)。

GoodNote 4を正規価格よりも安く購入した場合は、GoodNotes 5との差額のみ支払う仕組みとなっています。私はGoodNotes 4を正規価格の960円で購入したので、無料でアップデートできました。

まずは、App Storeから「GoodNotes 5アップグレードバンドル」をダウンロードします。960円の単体GoodNotes 5ではなくて、「GoodNotes 5アップグレードバンドル」です。

GoodNotes 5アップグレードバンドルを選択する

GoodNotes 4の最新バージョンでは、以下の画像のようにGoodNote 5の案内が表示されますので、こちらから行っても大丈夫です。

GoodNotes 4で表示されるGoodNotes 5へのアップデート案内

GoodNotes 5アップグレードバンドルのダウンロード画面を表示し、「complete」ボタンをタップします。GoodNotes 4を割引価格で購入した人は、差額が表示されているかもしれません。(私は正規価格購入なので確認できず…)

「GoodNotes 5アップグレードバンドル」の「complete」をタップしてアプリをダウンロードする

すると、ダウンロード確認画面になりますので、承認してください。私はiPad Pro 11インチを使っていますが、別のiPadだと承認方法が異なるかもしれません。

「GoodNotes 5アップグレードバンドル」の「complete」をタップしてアプリをダウンロードする

承認すると、GoodNotes 4と5のダウンロードが始まります。

GoodNotes 4とGoodNotes 5のダウンロードが始まる

GoodNotes 5にGoodNotes 4のデータを読み込む

晴れてGoodNotes 5がダウンロードできたら、早速起動してみましょう!起動すると「今すぐiCouldからGoodNotes 4の全ての書類を読み込みますか」という表示が出るので、データを読み込みたい場合は「今すぐ読み込む」ボタンをタップします。

GoodNotes 4のデータをGoodNotes 5へ移行する

GoodNotes 4のデータは後からでも読み込み可能です。ノート一覧ページの「書類」画面で、右上にある歯車をタップし、「GoodNotes 4からデータを読み込む」を選択するとデータを読み込めます。

GoodNotes 4のデータをGoodNotes 5に読み込む方法

執筆時点ではGoodNotes 4とGoodNotes 5のデータが同期することはないようです。あくまで、iCloud上にあるGoodNotes 4のデータをGoodNotes 5に読み込むという形になっています。GoodNotes 4のデータをiCloudにバックアップする方法は、以下の記事でご確認ください。

スッキリとスタイリッシュになったデザイン

GoodNotes 5のユーザーインターフェースも大分変わりました。GoodNotes 4では扱いづらかったカテゴリー分けも、GoodNotes 5ではフォルダ形式になり、見た目もすっきりとしています。

  • GoodNotes 4のカテゴリーとノート一覧画面
  • GoodNotes 5のカテゴリーとノート一覧画面

GoodNotes 5の特徴や使い方については、以下の記事でまとめています!

GoodNotes 4を残したままGoodNotes 5が使える

「無料アップデート」と聞くと、GoodNotes 4が使えなくなるのかな…とちょっと不安になりましたが、GoodNotes 5をダウンロードしてもGoodNotes 4はちゃんと残っています。GoodNotes 5はiPhoneの方にも同時にダウンロードされていました。GoodNotes 5が安定するまで様子見ながら使うこともできそうですね。

GoodNotes 4とGoodNotes 5は共存可能で両方使えます

GoodNotes公式のツイッターでは、アップデート情報などが頻繁に更新されています。まだあまり触っていないGoodNotes 5ですが、新機能や使い方、実際に使ってみた感想などを徐々に書いていく予定です。まずは、アップデートお疲れさまでした〜!

まだGoodNotes 4や5を持っていない人は、もちろんそれぞれ単体で買うこともできます。

GoodNotes 5
GoodNotes 5
無料/開発元:Time Base Technology Limited

Goodnotesやノートアプリの関連記事

ノートアプリやiPadの活用事例などを、気ままに書いています。

Goodnotesの使い方

当ブログではGoodNotes 5・Goodnotes 6の使い方や情報を紹介しています。ぜひご活用ください。

【GoodNotes 5の使い方】記事一覧
iPadライフをもっと楽しもう!
手書きノートにおすすめのiPad

予算重視なら一番リーズナブルなiPad 10.9インチ、コスパ重視なら価格と機能のバランスがよいiPad Airがおすすめです。モデルに合わせてApple Pencilを選ぼう!

\最安モデル!iPad(第10世代)/
\コスパ重視!iPad Air/

注目【比較】Apple製品はどこで買うのがおすすめ?お得な購入方法まとめ