【GoodNotes 4】画像の貼り付け(読み込み/コピー)やトリミングの方法

 2018.11.06  2018.11.13

この記事では、GoodNotes 4での画像の読み込みや貼り付け、画像のトリミング(切り取り)方法を説明します。

勉強や仕事のメモ、日記などでハサミやのりを使わずに、サイズを自由に変えながら簡単に画像を配置できるのはデジタルノートの醍醐味ですよね。ノートに写真やイラストを追加するとページが華やかになり、ノート作りが楽しくなりますよ!※小さな画像はクリックするとポップアップで拡大します。

画像をGoodNotes 4のノートに追加する

まずは、GoodNotes 4のノートに画像を貼り付ける基本的なやり方を説明します。「追加・貼り付け・読み込み・コピー」と色々な呼び方がありますが、とにかくノートに画像をペッと貼る方法です!

ノートを開き、左上にある「+」ボタンをタップすると出てくる「追加」メニューの中の「イメージ」をタップします。次に、貼り付けたい画像がある場所をタップします。画像の場所は「iCloud/iTunes/写真(デフォルトのアプリ)/カメラ(写真を撮る)/連携しているクラウドストレージ」の中から選べます。

GoodNotes 4で画像を読み込む方法

GoodNotes 4で画像を読み込む方法

貼り付けたい画像を選択すると、こんな感じでノートに読み込まれます。サイズはこの時点でも後からでも変更できるのでご安心を。

バウンディングボックスが表示されている状態で青いドットをドラッグすると、サイズの変更ができます。画像のサイズは縦横の比率を保ったまま変更されます。

GoodNotes 4で読み込んだ画像のサイズを変更する

画像の回転は、黄緑のドットを円を描くようにドラッグします。

GoodNotes 4で読み込んだ画像を回転させる

画像の上を長押しすると出てくるメニュー「編集」をタップすると、バウンディングボックスが出てきて再びサイズを変更できる状態になります。

GoodNotes 4で読み込んだ画像をトリミングする(切り取る)方法

ブラウザで表示しているサイトから画像をコピーしてGoodNotes 4に貼り付ける

ネット上で見つけた画像をGoodNotes 4にコピーして貼り付ける方法です。iPadの画面を2分割する機能「スプリットビュー(Split View)」と「Slide Over(スライドオーバー)」を使うと、ドラッグ & ドロップで簡単にコピーができます。サンプルでは左側にブラウザ、右側にGoodNotes 4を表示させます。画像の著作権や使用方法については必ず確認をしましょう!

今回はフリー素材を配布しているサイト「ICOOON MONO」さんと「Flode illustration」さんの画像をサンプルとして拝借しました。写真やイラスト、アイコンのフリー素材サイトは以下の記事でたくさんまとめていますので、ぜひご覧ください!

iPadでのスプリットビュー(Split View)のやり方

GoodNotes 4を立ち上げた状態で、iPad画面下部を上に向かってスワイプしてDockを表示させます。下図のようにブラウザのアイコン(サンプルではGoogle Chrome)を画面左端にググッとドラッグします。(左でも右でもOK)このDockメニューから表示させたいアプリを選ぶので、予めDockにアプリを追加しておくと便利です。

iPadでのスプリットビュー(Split View)のやり方

ドラッグした後に手を離すと、画面が2分割されます。

iPadでのスプリットビュー(Split View)のやり方

真ん中の黒いバーを左右にドラッグすると、画面のサイズが変更できます。

iPadでのスプリットビュー(Split View)のやり方

iPadでのスライドオーバー(Slide Over)のやり方

上記のスプリットビューは画面を2分割しますが、スライドオーバーはメインの画面の上にサブ画面を小さく乗せるイメージです。やり方はスプリットビューとほぼ同じですが、ドロップする場所がちょっと違います。

まずメインで表示させたいアプリを表示させておき(この場合はGoodNotes 4)、スプリットビューのように画面下部のDockからブラウザのアイコンをググッとドラッグして、表示しているアプリの上にドロップします。左でも右でも構いませんが、サブ画面の表示は右側になります。

iPadでのSlide Over(スライドオーバー)のやり方

下図のような感じで、小さな画面が右側にちょこんと表示されました。サブ画面上部にあるちょっと濃いグレーの小さなバーを画面端にドラッグすると、スプリットビューになります。(スプリットビュー→スライドオーバーも可能)

iPadでのSlide Over(スライドオーバー)のやり方

画像をサイトからGoodNotes 4へドラッグ & ドロップする

2つの画面を表示させた状態で、サイトの画像をGoodNotes 4のノートへドラッグ & ドロップするだけで画像がコピーできます。サンプルではスプリットビューを使用していますが、スライドオーバーでも可能です。色々試してみたのですが、背景画像として使われている画像は、このようにドラッグ & ドロップはできないようです。

ブラウザからGoodNotes 4に画像をコピーする

こんなに可愛らしいイラストもノートに追加できちゃいます。(素材サイト様ありがとうございます…!)

ブラウザからGoodNotes 4に画像をコピーする

写真アプリから画像をコピーしてGoodNotes 4に貼り付ける

iPadのデフォルトの写真アプリからも同じように画像をコピーできます。上記のようにアプリを2つ表示させて、GoodNotes 4へドラッグ & ドロップします。

写真アプリからGoodNotes 4に画像をコピーする

GoodNotes 4での画像のトリミング(切り取り)方法

画像の一部分だけ切り取る方法を説明します。いわゆるトリミングですね。画像上で長押しするとメニューが出てくるので、その中の「編集」をタップします。

GoodNotes 4で読み込んだ画像をトリミングする(切り取る)方法

GoodNotes 4で読み込んだ画像をトリミングする(切り取る)方法

青いバウンディングボックスが表示されている状態で、画像を1回タップすると出てくるメニュー「切り取る」をタップすると、画像の切り取り画面に移動します。

画像の切り取り方法は「長方形」と「フリーハンド」の2種類で、画面下部のメニューから選べます。「長方形」を選ぶとお馴染みの四角いバウンディングボックスが出現し、ドラッグして形を指定します。

GoodNotes 4で読み込んだ画像をトリミングする(切り取る)方法

コーヒーだけを切り取ってみました!トリミング後もサイズ変更が可能です。

GoodNotes 4で読み込んだ画像をトリミングする(切り取る)方法

「フリーハンド」を選ぶと、自由な形で画像を切り抜くことができます。

GoodNotes 4で読み込んだ画像をトリミングする(切り取る)方法

コーヒーを丸く切り取ってみました。フリーハンドならではの柔らかいラインで切り取るのも雰囲気があっていいですね。

GoodNotes 4で読み込んだ画像をトリミングする(切り取る)方法

スケジュール手帳用のテンプレートに画像を追加した例です。工夫次第で色々なノートが作れそうです。

GoodNotes 4で画像をコピーする方法

ノートアプリでの画像活用方法

ノートアプリで画像を楽しく使う方法をご紹介します!

GoodNotes 4(手書きノートアプリ)でスクラップブックを作る

気になるデザインを画像で保存し、カテゴリー別に1冊のノートにまとめれば、自分だけのオリジナルデザインノートのできあがりです!私は職業柄デザインの画像が多いですが、どんな画像でもOK。仕事でアイディアに詰まった時にもとても役に立ちます。

デザインスクラップブックの作成方法は以下の記事で詳しく説明しています。記事中ではGoodNotes 4というアプリを使っていますが、Noteshelf 2など他のノートアプリでも応用できます。

GoodNotes 4(手書きノートアプリ)でスケジュール管理をする

iPadのノートアプリでも使える!ノートやスケジュール・カレンダーの無料PDFテンプレートまとめで紹介したスケジュール・手帳用テンプレートを使って、アナログ手帳のように手書きでスケジュール管理をする方法です。日々の写真やアイコンなど、画像が活かせる場面がたくさんあります。デジタルとアナログのいいとこ取りで、アイディア次第で便利に使えますよ〜。

GoodNotes 4の使い方や特徴、他のノートアプリとの比較

GoodNotes 4は手書きでノートやメモが残せて、大量のPDFファイルもスムーズに読み込んでくれるので、仕事でもプライベートでもかなり頻繁に使っています。GoodNotes 4の特徴や活用方法について色々と書いているので、是非ご覧くださいませ〜。